ピクシブ百科事典

ピッコロ大魔王

ぴっころだいまおう

ピッコロ大魔王とは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』の登場人物。
目次[非表示]

概要

主人公・孫悟空の宿敵として登場した、世界征服を目論む魔族の長。
後にその出自は「ナメック星人」という地球から遠く離れた異星人で、尚且つ地球の神が分離させた悪の心の化身であることが明かされる。
名前の由来は木管楽器「ピッコロ・フルート」から。

なお、作中には該当キャラが二人登場しており、少年時代の悟空が出会った初代大魔王と、初代が作中生み出した息子である2代目が居る。「大魔王」の冠名が使われるのはほとんどの場合初代のほうで、2代目は単に「ピッコロ」と呼ばれることが多い。もしくは「マジュニア」「神コロ様」とも。

初代と2代目は親子であると共に初代の分身でもあるような特異な存在にあり、実際「ピッコロ大魔王」が死ねば共に死ぬはずの神が以降も生きているなど、その関係性が強調されている。

以降、初代ピッコロ大魔王について解説する。

人物像

pinkoro
ピッコロ大魔王


CV:青野武(元祖)→島田敏(2015年~、ドラゴンボールヒーローズほか)
(分身である地球の神と兼役)

戦闘力260(若返り時)。
爆力魔破の威力は小型核ミサイルに匹敵する。

本作ではじめて登場した「純粋な悪者」。
ギャグ調であったDBを一転してシリアスな世界観に変貌させた張本人。
その昔、武天老師こと亀仙人の師である武泰斗の放った封印術「魔封波」により、彼の命と引き換えに封印されたが、ピラフ一味によって封印を解かれ復活を果たす。自身の部下である魔族を次々と生み出し、ドラゴンボールを探させると同時に、魔封波を恐れて過去に天下一武道会に出場した実力者たちを始末させている。
この魔封波に対する警戒心は相当なもので、圧倒的な力の差を見せつけた悟空との初戦時でも、かめはめ波を繰り出そうとした際、魔封波かと思い一瞬怯えたほどである。

部下は基本的に彼の口から吐き出される卵から生まれ、羽の生えた半魚人風の戦士タンバリン、参謀格でバラモス似のピアノドラゴンタイプの戦士シンバル、巨体で素早い動きの戦士ドラムなどがいる。

本編では、部下にクリリンを殺害させる、かつて悟空が天下一武道会で闘ったナムギランも殺害させる、ドラゴンボールで自らを若返らせた(※)直後に神龍を殺す、クジ引きで当たった都市を消滅させるなど、作中でそれまで誰もやらなかったような悪行の数々を繰り返す。師匠である亀仙人および餃子もピッコロ大魔王との戦いで命を落とした。
親友と師匠と、物語のキーである神龍を殺すという意味においては、フリーザに次ぐ悟空の因縁めいた相手と言える。
悟空との決戦でもその残虐性を見せつけ、彼の手足を一本ずつ砕いて生殺しにするなど優勢に立つが、最後は腹に大穴を空けられて満身創痍となる。
しかし絶命する寸前、その怨念を託した息子(の卵)を吐き出し、自身の仇討ちとその野心を託した。

その所業など一貫してシリアスな悪役にも思えるが、封印されていたのが電子ジャーであったり、卵を生む際の呪文が「ポコペンポコペンダーレガツツイタ…」という珍妙なものだったりと、鳥山作品らしいシュールレアリズム溢れるギャグ要素も含まれていたりする。

また、悪役としては珍しく非常に部下思いでもある。一人も部下を処刑していないどころか自分の部下の死を感じたときには苦渋の表情を浮かべたり、他人のピラフ一味ですら追い出す程度で済ませるなど比較的味方に対しては優しい。

※この時にピッコロ大魔王が叶えた願いは、数十年後更なる悪にしてその唯一の良心とも言うべき存在を誕生させる事となった。

外部作品でのピッコロ大魔王

ドラゴンボールエボリューション

演:ジェームズ・マースターズ(日本語版吹替:大塚芳忠

ハリウッドにて制作された実写版におけるピッコロ大魔王
かつて2000年前に地球を破滅寸前まで追いやった魔族で、現在まで幽閉されていたが復活し、次の日食が起こる日までにドラゴンボールを集めて地球を征服しようと企む。なお復活した経緯は不明。

部下にはマイという東洋人風の女戦士がいる(原作のピラフ一味の紅一点)。また、自身の体液から産み出したモンスターを率いる。

その正体ははるか昔に地球にやってきた異星人ナメック星人で、悟空とその養父である孫悟飯(じっちゃん)は大魔王の正体が「ナメック星人」であることを知っている。逆にピッコロも悟空の出生の秘密を知っている。

外見は毛髪のない緑色の肌であることは共通しているが原作のような触角はなく、服装もパワードスーツのようなサイバーな装備となっている。なお、ゲーム版には強化形態の「ネオピッコロ」が登場している。

ドラゴンボールヒーローズ

HG8-SEC2
元のパワーはたった1000と最低クラスだが、「大魔王のフルパワー」によってパワーが15000もアップする 速攻アタッカーの代名詞。ただし、バーサーカータイプで初期気力が少なく、ラウンド終了時にパワーが半減してしまうため、持って2ラウンドまでといったところだろうか?
とはいえガードと体力は高めなのでいざという時は盾にできるかも。
ちなみに渾身の一撃を持っているので狙った相手に超強力な気力ダメージを与えることもできる。
最近はパワーの弱体化に伴い出番も少なくなっている。

HGD4-19
敵に与えるダメージ常時3倍、バーストにより固定ダメージ+3000、必殺技に必要なエナジーはたったの4という極端なメリットがあるが、
肝心なパワーがたったの2800であるうえにアタッカーにしたラウンド終了時、受けるダメージが永続で2倍になるという極端なデメリットもある扱いが難しいかもしれないアタッカー。
不屈の戦いユニットでパワーを底上げするかターブルを連れてくると超ミラを超えるアタッカーになるので持っているなら是非試してみよう。
ギネとの相性もよく、元気のエールで組ませると常時与えるダメージ6倍というカオスな倍率を叩きだすことができる。シークレットのベジットブルー並の倍率である上に発動条件も楽。

関連イラスト

ごくう たい ぴっころだいまおう
ピッコロファミリー



別表記

ピッコロ 初代ピッコロ大魔王

関連タグ

ドラゴンボール DB ピッコロ大魔王編
魔族 魔王(大魔王) ナメック星人 魔封波
ピッコロ マジュニア 地球の神 ピラフ一味
ドラゴンボールヒーローズ DRAGONBALLEVOLUTION

pixivに投稿された作品 pixivで「ピッコロ大魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340825

コメント