ピクシブ百科事典

フルフル

ふるふる

フルフルとはモンスターハンターシリーズに登場するモンスターである
目次[非表示]

ソロモン72柱のフルフル→ フールフール


概要

フルフル


飛竜種に分類される大型モンスター。

生態

体組織に色素がないため白く、目も耳もないヒルのような頭部を持つ(正確には、目らしき部分はわずかに確認できる)。
湿った場所を好み暗所に生息するため目が退化し、その分、嗅覚が鋭敏に発達したとされている。

尻尾をアース代わりにして体中から電気を発するが、接地無しで電撃を放つ攻撃も行うことができる。

脚の指や翼爪はカエルの指先のような形状になっており、洞窟などの天井に貼りついて移動することもできる。雌雄同体で、単独で受精卵を作って生殖する。
その繁殖方法が残酷で、卵を自身の電撃で痺れさせた獲物の体内に直接植え付ける。そして産まれた幼体「フルフルベビー」は獲物の体内を内側から食い荒らして成長していく。
以後は木陰などに隠れて生活するが、外敵に襲われそうになった際はその外敵に吸い付いて養分を吸収する。
特に雪山山頂にあるクシャルダオラの抜け殻からは、高確率でフルフルベビーが現れる。
「クシャルダオラに卵を産み付け、即逃走した」なんて囁かれていた事もあるが、そんな事をしたら麻痺が解けたクシャルダオラに追いかけられ、殺害されるのは明かである。
成体の首は柔軟で少しの間なら長く伸ばすことができるが、老化が進んで筋力が衰えると形を維持できなくなり、垂れ下がって捕食ができなくなり死に至る。
ちなみに弱点部位も首である。

素材名に「アルビノ」とあるが、フルフルは色素欠乏症ではなく進化の過程で皮膚が薄くなったため、当てはまっていない。
なお、近くで見るとわかるがしっかりと白い薄い皮膚の下を走る血管の中を流れる赤い血液の流れまで無駄に丁寧に作り込まれている。

なおその体色や目のない頭部、大きな口などがEVA量産機に似ているとよく言われる。

因みにフルフルベビーは食べられるが、成長の過程で体内構造が変化する為か、成体は食べる事が出来ない。
『アルビノの霜降り』や『アルビノの中落ち』等といった素材の説明にも、「おいしそうだが、食べちゃいけない、食べられない」なんて事が書いてある事から、昔誰かがフルフルの肉を食べて食中毒になった例があるのかもしれない。
また、同じ放電能力を持つラギアクルスは尻尾は食べられる事が判明している。

ゲーム内でのフルフル

視覚が無いので閃光玉が効かず、ボスモンスターでは唯一、プレイヤーを発見したサインである目玉マークが表示されず、専用のBGMも流れない。(戦闘中に別のモンスターが乱入しても戦闘BGMが流れないことから、「無音」こそがフルフルの専用BGMなのかもしれない)
嗅覚が発達しているので物凄い悪臭を発するこやし玉が有効。
電気を発生させるという特性故か、シビレ罠にはかかるものの他のモンスターと比較して動きを止められる時間がかなり短い。
ブヨブヨとした外見の割にはなかなかの硬さを誇る肉質のため、生半可な武器では弾き返されて相手にならない。
どうしても突破できる武器が確保できないなら爆弾や貫通弾など肉質に関係なくダメージを奪える武器を別に用意しよう。

MHP2(G)では序盤の緊急クエスト(次のランクに上がるために必ずクリアする必要がある)の狩猟対象になっており、動きこそ他と比べ若干鈍重ではあるが、見た目に反して意外と硬い肉質と怒り状態での凶悪な攻撃力や攻撃速度で多くの初心者ハンター達を苦しめた序盤の壁の一つと言われている。

特に前方に向かって3Wayの電撃を発射する攻撃は喰らえば耐性がなければ体力の大半を奪われ、さらに麻痺してしまえば追撃を回避できないため間違いなく死亡確定の恐ろしい遠距離攻撃である。
こちらの何らかの動作が運悪くそれと重なってしまった場合や回避が間に合わないタイミングだった場合は合掌としか言いようがない。
(回復薬飲んだ後にイチイチガッツポーズしている暇があったら走れ!!)

コラボ


MH4で亜種共々久しぶりの復帰。
今作では壁や天井で咆哮や放電攻撃をしたり、ギギネブラ亜種のように天井から電気ブレスを放って来たりするようになった。
特に天井から真下に向けて放つ電気ブレスに直撃するとそのまま拘束攻撃に移行し、丸呑みにされてしまう。
戦闘BGMも無音で継続。
ただし今作では目玉マークが表示されるので、フルフル相手でも緊急回避ができるようになった。

最新作MHXにも引き続き登場する。

ぽかぽかアイルー村では、たらこ唇になっており、キモ可愛さに磨きがかかっている?

カルチャァァァショォォック!!!



亜種

赤き稲妻・フルフル


詳細はリンク先を参照。

フルフル装備

フルフルフォース
ざっくりフルフル装備


夏コミ新刊よろずイラスト本
モンハ


上は男性用防具、下は女性用防具。
防具類は意外と綺麗にまとまったデザイン(ゲーム内の説明はちょっとアレだが)だが、武器類は不気味なデザインと説明の物が多い。


MH4では発掘装備でこれまでとは異なったデザインの防具(上の画像)が手に入るようだ。

**ふるふるにゃん**


MH4にて登場したオトモ用の装備はまさかのナース服である。

二次創作でのフルフル

知っての通り、フルフルは滑らかなボディに血管が浮き出ている不気味な風貌をしており、「アルビノエキス」という白い体液を持っている。
また、幼体のフルフルベビーは獲物に吸い付く生態を持っている。
そして彼の電撃を一度浴びてしまっては体が痺れて動けなくなるのは必然である。
さらに、口から垂れ流す唾液は強酸性で、触れたものを溶かしてしまうという。
なので…


お察し下さい

生態動画

非常にえぐい演出があるので視聴には十分に注意するべし。


余談

  • 実はMHP2G以前のフルフルの放電攻撃は雷属性ではなく無属性だった。しかし、さすがにこれはおかしいと思われたのか、MH4ではきっちり雷属性攻撃になっているようだ。
  • MH4Gでは、ネルスキュラ亜種がフルフルの皮を外套状にして身に纏っている(ちなみに、原種ゲリョスの皮を身に纏う)。


関連タグ

モンスターハンター フルフルベビー ギィギ ギギネブラ

保登心愛…彼女の断末魔とフルフルの咆哮がそっくり

pixivに投稿された作品 pixivで「フルフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5113397

コメント