ピクシブ百科事典

メリクリウス

めりくりうす

OZ-13MSX2 メリクリウス(Mercurius)は、テレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

機体データ

型式番号 OZ-13MSX2
頭頂高 16.3m
重量 7.3t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 クラッシュシールド
ビームガン
プラネイトディフェンサー×10
パイロット ヒイロ・ユイ

OZ-13MSX2 メリクリウス(Mercurius)は、テレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。
ガンダムシリーズ作品全般に登場する人型ロボット兵器「MSモビルスーツ)」の1つ。

作中の敵側勢力であるOZ(オズ)の試作型MS。
ヴァイエイトと共に攻撃と防御の2要素をそれぞれ片方の機体に集約した双子機として製造された。
コンセプト上はトールギスの発展系に当たるが、実際の設計はトーラスをベースとしている。
また、この2機は後のMD開発のテストベースとしても利用され、その装備は初の本格的MDであるビルゴへと継承された。

有人型と、「MD(モビルドール)」と呼ばれる無人型の2タイプが存在する。

機体説明

OZに身柄を拘束された5人のガンダム開発者が共同開発した試作MS。

名称はローマ神話の神「メルクリウス(マーキュリー)」に由来する。頭部に2本のアンテナを持つ赤い機体は、「最強の盾」を目指した防御型の機体として開発された。

機体のモチーフは雷神矛盾。後述のプラネイトディフェンサーは雷神の太鼓を意識したデザインで作られている。「同じく『最強の矛』を持つヴァイエイトと戦った場合どちらが勝つのか」というレディ・アンの問いに開発者の一人ドクターJは「パイロットの技量が高い方が勝つ」と解答している。しかし劇中ではOZの捕虜になっていたヒイロ・ユイが搭乗していたくらいで、ヴァイエイトと敵対する描写は特になかった。

背部に搭載された遠隔操作で電磁フィールドを形成しビーム攻撃を無効化するプラネイトディフェンサーを駆使しヴァイエイトを守護する。また、防御型の機体として作られた割には意外と攻撃的な機体で武装も多い。特に接近戦に秀でた武装を持っており、ヴァイエイトよりもパワーを重視したチューンが施されている。

プラネイトディフェンサーがどの程度のビームまで防ぎきれるかについては明らかにされておらず、描写次第でまちまちである。ツインバスターライフル級のビームを受け止める描写もあれば、(ウイングガンダムの)バスターライフルでも突破される事がある。ただ一つ言い切れるのはツインバスターライフル級のビームを何度も受け切るのはさすがに限界があるようだ。まあ軍ですら解明できない意図的な欠陥を仕込むのが朝飯前なあの科学者達の発明品なのでこの武器にも何らかの欠陥を仕込んでいても何らおかしくないのがこのシリーズの怖いところだが…派生武装のアクティブクロークはしっかり機能しているし。
また、ビーム兵器に対しては鉄壁の防御を誇るものの強い質量攻撃にはもろいという欠点もある。ビーム刃が大半の面積を占めるビームサーベル程度なら余裕で防げるが、長い得物は質量のある部分でユニット(特に側面)に強い衝撃が加えられると隙が生まれてしまう。実際終盤で再登場した時はガンダムデスサイズヘルのツインビームサイズの柄部分でプラネイトディフェンサーを弾き飛ばされた隙を突かれ、本体を一刀両断されている。

なお、『ガンダムW』世界においてはガンダニュウム合金を用いた機体を「ガンダム」と呼称している為、本機とヴァイエイトも「ガンダム」のカテゴリーに入る機体である。実際搭乗したガンダムパイロットの一人であるヒイロも「操縦性能はガンダムと同等」だと評価している。この時点でウイングガンダムいらないんじゃ…と言ってはいけない。しかしそれでも「ガンダム」と呼ばれないのは、やはりあの顔をしていない為だろうか。

劇中の活躍

ガンダム開発者達がOZの兵士達にメリクリウス(とヴァイエイト)の機体説明をしている最中、OZに潜伏したヒイロがヴァイエイトを起動しビームキャノンを使って開発者もろとも殺そうとするも、とっさに開発者達がプラネイトディフェンサーを発動させて不発に終わらせる。この時トロワもOZに潜伏していたためヒイロはOZに捕虜として捕らえられた。

捕虜となったヒイロはパイロット性能の高さからOZのメリクリウスのテストパイロットに指名され、トロワ狩るヴァイエイトと共にOZに接近するゼクス・マーキス及びトールギスの捕獲を命令される。この時、ヒイロとトロワはゼクスと戦いつつ、護衛についていたモビルドール(トーラス)全機を壊滅させるという荒業を成し遂げている。OZ(というよりロームフェラ財団)涙目である。

カトル・ラバーバ・ウィナーウイングガンダムゼロに乗り込みコロニーを破壊したという情報が流れた時はウイングゼロ鹵獲に再び出撃させられる。しかし、カトルの様子がおかしいことをすでに察していたヒイロはカトルを機体もろとも殺そうとしていた。そんな中ゼロシステムに取り込まれ復讐に駆られたカトルと交戦中ヒイロをかばってトロワのヴァイエイトが爆散。カトルが正気を取り戻した後も残ったヒイロはメリクリウスで戦い続けたがヒイロが力尽きたため機体ごとOZに捕獲された。
OZ基地でウイングゼロのテストパイロットにされ、ゼロシステムに取り付かれ暴走するヒイロを説得しようとカトルがメリクリウスに乗り交戦の末機体は中破する。その後、ウイングゼロを破壊するために機体は自爆させられた。

その後物語終盤でモビルドールとしてヴァイエイトとともに再登場。ヒイロのデータを組み込んでおり、ピースミリオンに機密データを持っていこうとしたヒルデ・シュバイカーを殺そうとするも助太刀に来たデュオ・マックスウェルガンダムデスサイズヘルにヴァイエイト共々破壊された。


後継機

後継機として『メリクリウス・シュイヴァン』がG-UNITに登場。
ヴァイエイト・シュイヴァンと対を成すOZプライズの防御用試作型MS。プラネイトディフェンサーを20基に増加され、更に防御能力が向上している。ヴァルター・ファーキルのハイドラガンダムの親衛隊機として配備されたが、後にグランシャリオから砲撃され撃破される。

機体データ

型式番号 OZ-13MSX2B-S
頭頂高 18.2m
重量 8.1t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 A.S.クラッシュシールド[スコーピオモデル]
ビームガン
プラネイトディフェンサー×20
搭乗者 ルーナ・アルモニア


関連タグ

新機動戦記ガンダムW 雷神 矛盾  ヴァイエイト
ガンダムデスサイズヘル(アクティブクロークにプラネイトディフェンサーの技術を応用)
アルトロンガンダム(ツインビームトライデントにクラッシュシールドの技術を応用)

メリクリ

メリークリウス!!

メリークリウス

pixivに投稿された作品 pixivで「メリクリウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100611

コメント