ピクシブ百科事典

リーマス・ルーピン

りーまするーぴん

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

演:デヴィッド・シューリス/吹き替え:郷田ほづみ

概要

フルネーム、リーマス・ジョン・ルーピン(Remus John Lupin)
主人公ハリーの3年生時の「闇の魔術に対する防衛術」の教師で、ハリーの父ジェームズの友人。
誕生日は3月10日
杖はイトスギと一角獣のたてがみ、26センチ、よくしなる

顔は病人のようにやつれ、鳶色の髪には30代半ばながら白髪が混じっている。
継ぎ接ぎだらけのローブを纏っているが、登場するたびに以前よりもみすぼらしくなっている。
人狼で、変身する際に自分を咬んだり引っ掻いていたため、身体のあちこちに傷がある。
なお人狼の多くは死喰い人に組したが、ルーピンは数少ない不死鳥の騎士団側である。

性格は比較的温厚だが、人狼になった幼い頃より苦労してきたため、しっかり者。
チョコレートが好物らしく常に携帯しており、他人にも「落ち着くよ」と勧めている。
人狼である自身を、他人を不幸にするだけの生きる価値がない存在だと思い込んでおり、自虐的な発言が多く見られる。
また長年、自虐観から来る自己破壊衝動に悩まされている。

「リーマス ハリポタ」で検索したほうがHIT数は多い。

経歴

生い立ち

魔法使いの父親ライアル・ルーピンと、マグルの母親ホープ・ホーウェルの間に混血の魔法使いとして生まれる。

幼い頃、父親のライアルが闇の勢力に抵抗、またその際に人狼を侮辱した事への見せしめとして、人狼のグレイバックに噛まれ人狼にされてしまい、以降は魔法使いの社会からも迫害される立場となった。
一人っ子で兄弟がいなかったこともあり、両親からの愛情は一身に受けたものの、他の子どもと遊ぶことは許されず、孤独な幼少期を過ごす。当時はまだ人狼の理性を保つ脱狼薬が無かったため、ホグワーツ魔法魔術学校への入学も絶望的だった。
しかしダンブルドアが彼に同情し、「然るべき処置をすれば入学できない理由は無い」と入学を許可された。

学生時代

ホグワーツ魔法魔術学校在学中はグリフィンドール寮所属。

入学後ジェームズ、シリウスと出会い、彼らはルーピンの優しい人柄とユーモアに惹かれ親友となった。
またルーピンはピーターとジェームズ、シリウスの仲を取り持ち、結果4人は悪戯仕掛け人を名乗るほど、親しくなる。

2年次に人狼であることがジェームズとシリウスに見抜かれてからは、皆アニメーガスとなり満月の夜も共に過ごす様になる。幼少期の経験から見捨てられると思っていたルーピンは、3人の対応に驚きながらも深く感謝した。

ルーピンは比較的悪戯好きとは言え、しばしば4人組の「良心」として機能していた。
しかし、ジェームズとシリウスのスネイプに対するひどい仕打ちに賛成せずとも、ルーピンは彼らを愛し、自分を受け入れてくれることに感謝していたため、断固とした態度は取れなかった。
5年次に、悪戯好きで手の付けられないジェームズ、シリウスの抑え役となる事を期待され監督生にされたが、上記の理由でかあまり歯止めにはなっていなかった様子。
だがシリウスが「リーマスのお陰で我々は自身を恥じる機会が得られた」という旨の発言をしている事から、多少効果はあったようだ。

卒業後

「不死鳥の騎士団」の創立メンバーとして死喰い人と闘うべく奔走する。
ドローレス・アンブリッジによって提唱された反人狼法が原因で就職が難しく、定職を持てないまま貧困に喘いでいた。

シリウスが「秘密の守り人」をピーターに変更するよう薦めた事を知らされなかったため、ヴォルデモートによるポッター夫妻殺害や、ピーターとマグル12人の殺害も、シリウスの裏切りによるものだと思い、以降シリウスや学生時代に関する話題を避けるようになっていった。

教師時代

相変わらず貧困の中、ダンブルドアの恩情より、ハリーが3年生の時の「闇の魔術に対する防衛術」の教師に着任。
非常に有能で、多くの生徒から「今までで最高の"闇の魔術に対する防衛術"の先生」と評された。
実習を踏まえた授業は非常に面白く、生徒達に大人気だった。

また、基本的に温厚で声を荒げたりしないが、彼の穏やかな説教は非常に威力があり、こっそり学校の外を出歩いていたハリーが「君のご両親が命を賭けて遺してくれた賜物に、あまりにもお粗末じゃないか」と叱られた後は、ハリーとロンはもう何も言えなくなってしまった。

ハリーから「忍びの地図」を没収した際、ピーターがまだ生きている事を知る。そして叫びの屋敷にてシリウスと再会し、彼の無実を知り、友情を取り戻した。しかしピーターは取り逃してしまう。

最後はシリウスを捕まえ損ねたスネイプが腹癒せに、ルーピンは狼人間であると「うっかり」口を滑らせたため、1年の在任期間でホグワーツを去ることとなった。

その後

ヴォルデモート復活を知って第二期「不死鳥の騎士団」に参加し、ハリー達と再会する。

同じ団員のニンファドーラ・トンクスから想いを寄せられ、自身が人狼であるために結婚を躊躇していたが、同じくグレイバックによって半人狼とされたビル・ウィーズリーに対し、フラー・デラクールが変わらぬ愛情を注ぎ結婚を決めたことから、自身もトンクスとの結婚を決意し、子供も1人設けた。
トンクスの妊娠が発覚した際は、自身の人狼体質の遺伝や子供への自身の存在の悪影響を恐れ、死に場所を見つけようとハリーの「死の秘宝」探しの旅に同行を申し出るが、ハリーからあまりに無責任だと叱責を受け、喧嘩別れするも後に和解し、ハリーに子供の後見人となるように頼んだ。

1998年5月2日、ホグワーツ防衛隊の一員としてヴォルデモート率いる死喰い人と戦い、アントニン・ドロホフに敗れ殺害された(作中で死の描写はなく、トンクスと共に遺体が登場するのみ)。38歳没。

その後、ヴォルデモートとの最後の闘いに臨むハリーの前に、蘇りの石の力により姿を現した。

映画でのルーピン

ルーピン役のデヴィッド・シューリスは『アズカバンの囚人』にて役作りする際、ルーピンをゲイだと思い、そのつもりで演技していた、ということを『死の秘宝Part2』公開の際に明かしている。
また『アズカバンの囚人』の監督であるアルフォンソ・キュアロンから"gay junkie"として演技するように指導を受けていたと言う。
後に原作でルーピンがトンクスと結婚すると知り、軌道修正したとの事。

関連イラスト

リーマス
狼少年


リーマス
狼男さんと黒いわんわんお



関連タグ

ハリポタ ルーピン リーマス 親世代 悪戯仕掛け人

カップリングタグ

ルートン シリル

pixivに投稿された作品 pixivで「リーマス・ルーピン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 757487

コメント