ピクシブ百科事典

信号機

しんごうき

信号を出すための機械。一般には交通用の信号機を表す。
目次[非表示]

概要(交通機器)

交通信号機が描かれた絵。
道路のものも線路のものも含まれている。

色合いについて

元々は停止を表すと進行を表すの2色が用いられていたが、後に警戒を促すための中間の色を置いて現在の三色となった。二色式は現在も歩行者用などに用いられている。
このグリーン・イエロー・レッドの組み合わせは世界共通である。
ちなみに「緑」は「青虫」や「青葉」等と言った言い回しがあるように、日本では緑に点灯した信号を指して「青信号」と呼称する。(なお以降は混乱を避けるため「青」で表記)

車両用信号機については、多くの国では青から赤に変わる前に、警告として黄色に切り替わる、赤→青→黄→赤→青・・・のパターンを用いているが、一部の国ではそれに加えて、赤から青に変わる際に黄色が点灯する、赤→赤黄→青→黄→赤→赤黄→青・・・というパターンも存在する。
歩行者用の信号機については、青信号が数秒間点滅した後、赤に変わる。横断歩道の長さによって青が点滅する時間が異なる。近年ではあとどれくらいで信号が切り替わるか秒数を表示したり、ゲージで表すものも普及してきている。

国により採用基準が異なり縦や横、筒形等、国や自治体によって採用基準が異なる傾向がある。

色の順番

普段何気なく見ている信号機だが、色の順番が決まっている。
せっかく良い絵を描くのなら、順番を間違えないようにしたい。

横型

左から青・黄・赤の順番。
日本で主に採用されており、海外だと台湾韓国シンガポール等で採用されている。

信号機


(写真は信号電材の一体型灯器。)

縦型

上から赤・黄・青の順番。歩行者用信号は上から赤・青の順番。
北海道や東北地方などの雪国では、積雪対策として使用される事が多い。
又、見通しの悪い交差点では補助的につけられている事もある。
欧米中国ロシアなど海外の信号機の多くは縦型が採用されている。

WATERISE
signals



主な信号機のメーカー


他社と異なり青白い青レンズが特徴でアルミ灯器の多くは短庇を除いて庇が深い。
静岡県長崎県石川県等に設置されている傾向がある。
極薄型のLED灯器を製造しているメーカーである。


信号機メーカーとしては一番多く、主に北関東山陰等で設置されている傾向が強い。
灯箱が少ないが、灯器にアルミを含めて凹みがあるのが特徴。


灯器に特徴のあるメーカーで大阪府神奈川県新潟県愛知県等の大都市に設置される傾向が多い。
歩行者用灯器と樹脂灯器は、三協高分子日本信号を参考にしている場合が多い。
最初にステンレス鋼灯器を採用したメーカー。


福岡県発祥の信号機メーカーでアルミ灯器から参入した。
擬きは福島県西日本各地で多数設置されている。
主に東京都福島県等の西日対策に積極的な自治体や西日本各地に設置されている傾向が強い。
薄型は一体型で、値段の安さと堅牢さから各都道府県警に人気がある。
シンガポール向けの樹脂LED灯器は国内では愛知県のみに設置されている。


樹脂灯器の元になった灯器で、三協自体は愛知県のみだったが、薄型灯器から全国的に参入してき始めてきた。
直角庇が特徴のメーカーで、アルミや分割型盗聴以降は、歩行者用灯器を含めて分割する構造が特徴。


LED灯器から参入したメーカーで特徴はプリンカップの形状が特徴である。
東京都大阪府等の大都市で設置されている傾向が強い。
歩行者用灯器に時間内臓を入れたメーカーの一つである。

その他の用法

もうひとつは、)・三色をとりあわせた絵。
詳しくは信号トリオを参照。

関連タグ

信号 シグナル 青信号 黄色信号 赤信号 腕木式信号機 色灯式信号機(鉄道) 入換信号機 歩行者信号 押しボタン 信号待ち
風景 標識 横断歩道 電柱 踏切
信号トリオ 信号機トリオ 信号機カラー 赤青 赤青黄 smooooch・∀・
RGBトリオ CMYK
ガンダム…主役機にはほとんどこの三色と白がメインに使われている。

pixivに投稿された作品 pixivで「信号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2667206

コメント