ピクシブ百科事典

前方のヴェント

ぜんぽうのゔぇんと

『とある魔術の禁書目録』の登場人物。
目次[非表示]

CV:平松晶子

概要

ローマ正教神の右席」の一人(紅一点)である魔術師
二つ名は『前方のヴェント』『二十億の中の最終兵器』。
ピアスを留め、そこにの下まで伸びる細いと小さな十字架を取り付けた若い女。
年齢は不詳だが、少なくとも上条当麻よりは年上の模様。
十九世紀のフランス市民に見られた格好をしているが、色は全身真黄色である。

幼い頃に遊園地アトラクションの試運転にと二人で参加したが科学的に安全とされていた乗り物が誤作動を起こし、事故に遭ってしまった。
その治療に際して必要な輸血が一人分しかなく、弟の「お姉ちゃんを助けてください」という今わの際の希望からヴェントのみが助かることに。だが助かった彼女からすれば、最愛の弟を科学に見殺しにされたとしか思えない出来事でしかなく、このことから科学を嫌い憎むようになる。
そしてこのことがきっかけとなり、彼女は神の右席として戦うことになった。

スン↓マセーン↑(゚∀゚)!!!

アニメ版では木原一族が呆然するほどの顔芸を披露する。

戦闘能力

彼女は『神の火(大天使ウリエル)』の能力を持つ。
四属性で言うと『』…ではなく、『』の属性になる。

正攻法で人類が彼女に勝つ方法は何一つ存在しない
彼女の最も恐ろしい点は巨大なハンマーを軽々振り回す膂力でも、十字架と連動して放つ回避が困難な弾丸でもない。
その力は『天罰術式』と呼ばれ、彼女という存在に「敵意」を欠片でも抱いた瞬間即座に酸欠状態に陥り失神昏倒してしまうという能力である。
ヴェントの存在を知らずとも、どれほど距離が離れていようともただ「迷惑だ」などと思えばその時点でノックアウトしてしまうという反則にも程のある能力なのだ。この能力は彼女にいかに信頼を置いていようと少しでも敵意を抱いた瞬間に発動するため、味方であっても天罰術式からは逃れられない。
彼女はこれを利用して、大人数相手の制圧などを行ってきていた。
これに加え、常時発動術式の不可視結界により鉄壁の防御力を有し、対戦車兵器でも傷一つ付けられない。

この強大な天罰術式を破るには以下の方法しかない。
幻想殺しや、より強い神の力で強引に無効化する。
敵意を持たず、純粋に排除する悪の心だけで攻撃する。
人間をやめる。さすがに人間でなければ天罰は落ちないだろう。

これだけ見れば、さぞかし便利な力だと思われるかもしれない。だが逆に言えば、この術式は数多くの人間からの敵意や憎悪を常に浴び続けることに他ならないのである。
愛する弟のためだけに他人の好意を拒み、弟を死なせてしまったことで自分自身を責めるヴェント。彼女は世界中の人々から憎み恨まれ続けるという常人には決して真似できない人生を選んだのだ。


余談

ファンや二次創作上のストーリーでは全身が黄色い服なために「バナナ」、もしくは「前方のバナナ」と呼ばれることもある。
また、二次創作ではどういうわけか御坂美琴をより暴力的にしたようなツンデレキャラに描かれることが多い。

とある魔術の禁書目録たん4」では、名前に引っ掛けて弁当ネタをやろうとしたが頓挫したらしい。この関係で同作ではそのことのカミングアウトで名前が出ただけで出番なしとなってしまった。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 素ヴェント
上条当麻 神の右席 顔芸 木原数多

pixivに投稿された作品 pixivで「前方のヴェント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265261

コメント