ピクシブ百科事典

大文字隼

だいもんじしゅん

大文字隼とは、仮面ライダーフォーゼの登場人物の1人である。
目次[非表示]

「黙れ。トラッシュの名前など聞く気はない。」
「僕の友達を決めるのは・・・僕自身です!父さん!!」
「俺達だけの勲章、か・・・悪くない!!!」

演・冨森ジャスティン

概要

天ノ川学園高校の3年生。
アメフト部のキャプテンで、ヒエラルキーでは男子生徒の中でトップであるジョックス。
性格はキザいじめっ子で、腕っ節はあるが、やや臆病なところがある。世に言うヘタレである。
このような性格なので仲間になってからもネタ扱いされたり、もっとヘタレ化するかもしれない
しかし特撮誌では
「皆さんご存知のとおり最低最悪なクズ野郎の大文字クンですが、
 如月君と和解後は体を張ってロボに乗り込んで戦ったりしちゃいますよ!」という記述もあり、
演じる富森ジャスティンはインタビューで
「大文字の野郎はとにかく嫌な奴ですが、後々盛大に化けますんでご期待くださいな」
とも語っているため、一概に批判もできそうに無い。

と言うのは(ちょっと)昔の話
現在は仮面ライダー部パワーダイザー担当。
ダイザーでフォーゼと共に戦ったり、周囲へ及びそうな被害を抑えこんだりと、フォーゼの活躍に無くてはならない頼れる先輩である。
そして最近の平成ライダーではお馴染みのネタキャラ枠。
画像のように決めポーズを行うと効果音がなる事が多い。

主な行動

6話までの大文字隼は、

  • 放送初回から部員を引き連れ弦太朗を袋叩きにする。(本来スポーツマンとしてはあるまじき行為)
  • 蔑ろにされた怨みでゾディアーツとなった部員・三浦の人権を完全に無視し、挙げ句襲われた怨みから退部を言い渡す。(そもそも三浦をオリオン・ゾディアーツたらしめた元凶はこの男である)
  • ゾディアーツを目の前にして、女や下級生を差し置いて真っ先に逃げ出す。(助けられた礼も言わない無礼者)
  • 美羽が失脚の危機に陥ると、新たなクイーン候補筆頭として台頭しだした珠恵にあっさり乗り換えようとする。(その点を珠恵に指摘されると「キングの横にいるべきなのはクイーンだ」とはぐらかす)
  • それでいて美羽がクイーンの座に見事返り咲くと周りに合わせて拍手を送り、しれっと元の鞘に納まろうとする始末。(あまりにも無節操)

など、数々の行為から視聴者へのイメージは正直言ってよろしく無かった(それが逆にネタとして昇華している部分もあったが)。

結果、大惨事先輩という新しい二つ名を手に入れた。



だが、7・8話にて、エリート思想に凝り固まった父親の過度な期待に、迷走しながらも歯を食いしばって応えようとする孝行息子であったことが判明。
彼自身も父への思いは強く、賢吾と言い合いになった際に開き直ってそれを表に出してしまい、結果的に賢吾を黙らせてしまっている。

恵まれたガタイとロケットモジュールにしがみ付く闘魂がありながら、アメフト部ではチームの守護神ラインマンではなく司令塔クォーターバックにいたのも、イマイチ男らしくない行動ばかりだったのも、全て父親の言いなりで自分の芯が通っていなかったため。
アメフト部での試合方針も父親のアドバイス通りにしており、それが一部の部員の反発を買って否定されたが、彼にとっては父親を否定される事、今までの自分の努力を否定される事と同義であったため思わず暴力を振るってしまい、それが補習に参加させられる原因となった。
(1話での三浦への仕打ちも父親の言う通りにやっただけであり、本人は罪悪感を感じてはいた)

大文字「俺が楽しんでやっていたとでも思っているのか!」
視聴者「・・・・・・すみません、思ってました」
脚本「(計画通り…!)」


父親の期待に応えたいにも関わらず、父親の言う通りにすればするほど人が離れていく現実にずっと苦しんでいたことや、仮面ライダー部で楽しそうにしている美羽や弦太朗たちを内心羨ましがっていた事を、号泣しながら真実と共に吐露した所、これまた壮絶なもらい泣きと共に共感した弦太朗と一気に和解。


苦戦させられる如月を助けるためダイザーを駆り、スコーピオン・ゾディアーツが手も足も出ないほど追い詰めるパワーファイトとフォーゼとの連携を披露。
おまけにスコーピンを片手間で押さえつけつつ、エレキステイツにつきロケットモジュールの推進力を得られないフォーゼをハウンド・ゾディアーツ目掛けてぶん投げるという凄まじい補助を見せ視聴者の度肝を抜いた。
更にそのまま父への気負いの象徴であった像を粉微塵に粉砕し、仮面ライダー部に名を連ねた。(器物損壊罪の心配もあるにはあるが、ゾディアーツの存在が認知されつつある現状では、彼らの仕業と思われるのが自然だろう。JKなら目撃者の弱みも幾らでも握れるし)
クイーンである風城美羽と付き合ってはいたが、クイーンフェスの一件以来関係は切れ、あくまで仮面ライダー部の仲間同士として元の鞘に収まる様子もない模様。
一応やり直そうと提案はしたがやんわりと美羽に断られた。
隼も隼でダメ元で提案したらしく、断られた瞬間に潔く納得していた・・・かと思いきや?

こうして大文字は演じている冨森ジャスティンの言葉通りその本質を取り戻し、
頼れる肉体派善玉キャラである第二形態・冨森へと進化を遂げたのである。

現在では強くて行動力が有って空気も読めると言う、頼りになる先輩ポジションを確立している。
既に彼抜きでは勝てなかったり、多くの犠牲者が出ていただろう局面も存在した程。

なお、美羽とは違って仮面ライダー部に付きっ切りという訳ではないらしく、ラビットハッチで自前のトレーニング機器を使って鍛錬に励み、アメフト部にもしっかりと顔を出していた。

現在、pixivにあげられている彼を取り扱っているイラストは殆どががネタ絵という酷い扱いだった。
今までの行動が行動だったので仕方ないが、これからの扱い改善に期待しよう。



…と、言う輝かしい戦績も既に過去の話。最近は仮面ライダーメテオの登場により『仮面ライダー部の戦力』と言う立ち位置が陰りを見せ始め、パワーダイザーへの搭乗頻度もめっきり落ちてしまった。
おかげで現在はネタキャラ化の道をひた走りつつある・・・。
大文字先輩の明日はどっちだ!?

パワーダイザーに搭乗しない、いわゆる素の時の彼の戦闘力は、複数で襲いかかってきたダスタードやゴーミン(スーパーヒーロー大戦)を一人殴り倒せるくらいである。二人目以降からは大体劣勢になる。
それでも、美羽や襲われている生徒を助けるための行動なので、ゾディアーツ出現に逃げ出した1話目と比べると精神的にだいぶ成長しているとは言える。

卒業後はいつ取ったのか運転免許を保有しており、オープンカーでゾディアーツを追跡したりしていた。

因みに母親の事は『ママ』と呼んでいる。隼の母親は第41話で声のみだが出演しており、声はヴァルゴ・ゾディアーツ役の田中理恵が演じている。

そんなこんなで結局ほとんど活躍に恵まれないまま迎えた最終回。やはりというか、パワーダイザーでの活躍はなし。更に、健吾の手紙においては、他の面々がその活躍や、ライダー部で築いた関係を踏まえて、2、3文メッセージが綴られる中、大文字だけは「会長に相応しい男は貴方しかいない」の一文で済まされてしまう。過去の話とはいえ、父親のいうまま生きてきたという共通項があったのだから、そのへんも考えてもうちょっとあっても良かったように思うが……。まあ、本人は「美羽に相応しい」と言われて嬉しそうだったから、それでいいのだろう。

その後のエンディングパートでは、一大発起して美羽に指輪を送るが、通りすがった謎の男のつけていた指輪を見た美羽が「あっちの方が綺麗!」と目移り。最後まで報われることの少ない、幸薄いキャラクターであった。

備考


名前の由来は恐らく仮面ライダー2号である一文字隼人から(一+人→大)。
これに「問題児」もかけられているのだろうか?
パワーダイザーのメインパイロットになったのも、元ネタに因んでいるのかもしれない
(一文字こと2号は、力の2号の異名を轟かす超パワーファイターである)

関連タグ


仮面ライダーフォーゼ 天ノ川学園高校 仮面ライダー部
如月弦太朗 歌星賢吾 城島ユウキ 風城美羽 JK(ジェイク) 野座間友子
大惨事先輩 パワーダイザー

pixivに投稿された作品 pixivで「大文字隼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270741

コメント