ピクシブ百科事典

巻町操

まきまちみさお

「るろうに剣心」の登場人物。
目次[非表示]

cv:桜井智
演:土屋太鳳(実写映画)

概要

「蒼紫様」こと四乃森蒼紫するおてんば娘。元気で少々乱暴
御庭番衆先代御頭(蒼紫の師匠)の孫娘で、育ての親は

幕府瓦解後しばらくは蒼紫と4人の御庭番衆とともに旅をしていた。
その後蒼紫らが京都の御庭番衆の拠点である葵屋を出る折、幼少の操は一人翁らのもとへ預けられ、愛情を受けて育つ。
明治11年に蒼紫らを探している時、京都に向かう道中の剣心に出会う。
その際、剣心が蒼紫らと面識があることを知り、彼らへの手がかりと見て付きまとう。
その後、新月村での事件で志々雄一派のことを知り、以降は剣心の協力者として共に戦う。

御庭番衆と蒼紫が反目した際は自ら頭目として立ち京都御庭番衆を束ね指揮した。
人誅編では薫より依頼を受け巴の日記帳を京都から東京へ届ける役割を担う。

御庭番式苦無術と、般若譲りの御庭番式拳法を使いこなす実力者。蒼紫もまた彼女の強さを認めている。
必殺技貫殺飛苦無。これを応用して水中の標的を射る「川蝉の嘴」と呼ばれる技も使う。
かなりの俊足であり、その速さは剣心が走りで追尾をまけなかったほどである。

16歳だが、年齢より年下に見られることを気にしている。
斎藤曰くイタチ娘。そりゃ怒るわな・・・。

人間関係

四乃森蒼紫
最愛の人。彼が志々雄一派と手を組んだときは敵対する覚悟を固めたが、紆余曲折あって戻ってきてからは、以前のようにつきまとっている。蒼紫の方はほぼ無視しているが、内心では大事に思っている。

緋村剣心
京都に戻る際に偶然の連れとなり、新月村を訪れた後に葵屋に到着。
以降は彼のことを「緋村」と呼んでいる。

神谷薫
剣心を追って京都に来て以来すっかり仲良くなり、十本刀襲撃時には(本来タッグパートナーに選ばれていた)弥彦といったん別れた薫と組んで本条鎌足撃破に成功した。
その後も薫が東京に帰る際には涙を浮かべたり、六人の同志に殺されたと知って大泣きするなどかなり彼女のことを大事に思っている。

明神弥彦
若年層の行動派コンビということで、人誅編では二人で行動するシーンが多かった。
(作者が少年と年上の女性のコンビが好きというのもあるが)

関連イラスト

ぃよっし!
貫殺飛苦無


般若君だいすき!



関連タグ

るろうに剣心 御庭番衆 四乃森蒼紫 蒼操 くノ一
武藤カズキ

pixivに投稿された作品 pixivで「巻町操」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1902833

コメント