ピクシブ百科事典

打刀

うちがたな

日本の刀剣類の一種。
目次[非表示]

概要

室町時代以前主流だった太刀ではない方の日本刀の名称。単純にと称されることもあり、文献によっては打刀=として紹介しているものもある。
太刀と比べ徒歩戦での扱いやすさを重視して作られたもので、いわゆる『日本刀』は十中八九これと太刀のことを指す。特に近世に入って以降は太刀に代わって日本刀剣の代名詞となっている。太刀と同じく戦乱期には頑丈さと扱いやすさを重視したモノが、逆に安定期には切れ味や美しさが重視されたものが作られ、古い時代の物ほど研ぎ減らされ細く薄いものが多い。多くの日本刀が細く薄いのはこの古い時代の日本刀を模倣することが多いためである。

歩兵の武器

打刀は徒歩での使用を前提に発展してきた武器である。
打刀は刀身の反りがより先端の方へと移動しており、刀身の太さも先端部分までほぼ均一になっており斬撃の威力を増す形状になっている。
逆に太刀は騎馬武者の武器として発展してきた。
馬上で片手で扱いやすくするために刀の反りが手元にある。刀身の先端部分は細くなるように作られ重心が手元に来るような作りである。

太刀との違い

携行の際、帯に通した紐に吊るすのが太刀であり、帯に直接差し込むのが打刀である。
打刀様式では、刀身が地面と直角になる都合上、太刀のように戦場戦闘能力を重視した長い刀身の日本刀を携行することが不可能である。
しかし、太刀様式のように吊るすための紐を帯に通したり、鞘に結んだりする手間が無いという利点と、太刀ほど邪魔にならないという利点と、抜刀が一挙動で行えるという利点等から、天下泰平の江戸期に主流となった。
要約すると、腰に差したときに刃が上向いて、短くて便利な日本刀のことです。

幕末の打刀

永く泰平の世の続いた江戸時代の間に、打刀はより細くより短く実に弱々しく、見た目と携行の利便性ばかりを追求したものとなっていったが、動乱の幕末期には打刀でありながら太刀と見紛うばかりの長尺で、江戸期以前のような戦場戦闘能力の高い日本刀が数多く作られた。とりわけ反りが極端に浅く造られたものは、おもに土佐藩士や勤皇の志士が好んだことから「勤皇刀」と称された。
とはいえ、定寸~短い刀身の刀が廃れるわけもなく、晩年の坂本龍馬のように定寸より短いものや、片手操法に適した拵の刀を用いる武士もいた。

関連タグ

日本刀 太刀 長刀 武器

pixivに投稿された作品 pixivで「打刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274362

コメント