ピクシブ百科事典

薙刀

なぎなた

日本の武器。槍のような長い柄に、刀のような長い刃を持つ。突く・斬る・払うといった多彩な動きができる大型の武器。
目次[非表示]

薙刀(なぎなた)とは、平安時代から日本に登場した長柄武器。

概要

長柄武器の一種であるが、長い柄の先に反りのある刀身が付いておりある意味刀剣の亜種に近いかもしれない。
類似しているもので「長巻(ながまき)」があるが、同一かははっきりせず、太刀を起源とする刀剣類に入る。

わかりやすい例ではアニメ映画もののけ姫』の劇中で、サンが持っているのが槍、ゴンザがアシタカに曲げられたのが大太刀、タタラ場の人々が手にしていたのが薙刀である。地侍武者にも長巻を使う者がいる。

かつては「長刀」と呼ばれたが、「短刀」が生まれて一般的な日本刀の「打刀」と区別するために「薙刀」へ名が変わった。
主に突くと斬るを目的に使われ、刀身は平均約30cm~60cmの長さ。身幅が細く反りの少ない「静(しずか)型」と、身幅が広く反りの大きい「巴(ともえ)型」に分かれる。
柄(拵え)は平均約90cm~180cmで刀のがあり、柄の断面は槍と違って楕円状。
最大で全長約210cm超の「大薙刀」もあり、これと比べて通常のは「小薙刀」と呼び分けられる。

歴史

日本で発生した経緯は定かではないが、9世紀半ばからに代わって使われ始めた。長い柄の先に刀身が組まれているので離れた距離からの斬り付けを可能とし、主武器として弓が扱えない下級武士や雑兵等に広く使われた。平安末期の源平合戦には僧兵(武装僧侶)も好んで用いた。
鎌倉時代南北朝時代までは盛んで長く巨大化もしたが、南北朝時代後半になって長巻、さらにのちに戦国時代中期における戦場の主力武器となる「」が生まれ、戦国時代には火縄銃)が出現したことから下火になる。
江戸時代になると武芸となり、近代になっても女性のたしなむ武道となり、ひらがな表記の「なぎなた」となった。この歴史のため、戦う日本人女性キャラが使う主な武器と言えば薙刀、というイメージができた。
上記の通り、本来は特に女性用というわけでもなく、男性も普通に使用する武器である。むしろ「長柄で扱う刀剣」という構造上、「剛の者」が扱う力の武器である事は否定できない。

関連イラスト

私と最強の称号を賭けて闘え!


なぎなた



代表的使用者例

歴史
武蔵坊弁慶
巴御前
孫尚香三国志
作品
お市まつ柴田勝家戦国BASARA
小松姫殿といっしょ
陣内栄サマーウォーズ
寿々姫pop'n music
日本鬼子
神崎すみれサクラ大戦
武者ガンダム
ゲルググ機動戦士ガンダム
ディジェ機動戦士zガンダム
白鬼院凜々蝶妖狐×僕SS
秦こころ東方project
ソン・ハク暁のヨナ
岩融刀剣乱舞
名瀬泉境界の彼方
万里小路楓ハイスクール・フリート
奥田多喜子ふしぎ遊戯 玄武開伝

関連タグ

武器  日本刀   剣道 剣術 巨大武器
長巻 長刀 なぎなた 戦乙女 女剣士
ゼロライナーナギナタ:鷹と薙刀をモチーフにした軌道車両。刃を展開してプロペラ飛行出来る。もはや電車じゃないよね

pixivに投稿された作品 pixivで「薙刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 902127

コメント