ピクシブ百科事典

擬宝珠纏

ぎぼしまとい

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のヒロインの1人であり、両津勘吉のライバルでもある。
目次[非表示]

概要

CV: 土居裕子

警視庁新葛飾署交通課の巡査
両津勘吉が居候している千代田区神田にある老舗の寿司屋超神田寿司の長女で、両津とは再従兄妹にあたる。
署では磯鷲早矢ミニパトでコンビを組んで登場することが多い。

人物

4月30日生まれ。初登場の際は19歳だったが、作中で20歳を迎える。
身長173cm、体重50kg。B/W/H:85/59/84。血液型O型。再従妹であるためか、他の女性キャラに比べて眉毛が太め(=両津家は眉毛が太い人が多い)となっている。
家族構成は、祖母の夏春都(げぱると。旧姓:両津)、父夜婁紫喰(よろしく)、母桔梗(ききょう)。
妹に檸檬蜜柑。京都で料理修行中の兄憂鬱がいる。

姉御肌でチャキチャキの江戸っ子、腕っぷしも強い。両津が他の婦警とモメている時などは、彼を沈黙させるほど気合が入っている。
メンコベーゴマなど両津が得意としている下町の遊びにおいても、彼を上回る能力を発揮する作中でも稀有な人物。そして纏も両津同様、大の祭り好きで両津と同じくネーム入りのマイ太鼓バチを持ち歩いている。
また兄の影響で野球が得意で、女性ながら150km/hに迫る剛速球を投げる事が出来る。
さらに抜群の歌唱力も持つが、民謡風の歌い方のためカラオケは好まない。
料理の腕も確かで、母親仕込みの和食は有り合わせの材料を使ってプロをうならせる技量の持ち主。しかし中華料理洋食に関しては発展途上。
ただ、酒に弱く、初めて酒を飲んだ際に悪酔いして両津にチョークスリーパーを掛けて失神させた事もある。
また、両津曰く「わしより喧嘩っ早い」らしく、実際に119-7では不良に絡まれて怒っている纏に対し両津が止めており、間接的に両津の謹慎の原因を作ってしまった経緯がある。


両津との関係

彼女がメインヒロインを勤めるエピソードは多く、しかも両津とは結婚寸前まで関係が進んだことがある。(いとこ婚ならぬ「はとこ婚」)

夏春都が彼の腕の確かを見て薦めている事も理由の一つであるが、纏が勘吉の長所に惚れた事が最大の要因となっている。(上記の不良から纏を庇った事、いつも無愛想な檸檬を喜ばせた事など
一方の両津も纏を意識しており、嫁よりお金に着目してしまう自分自身に疑問視していたり(+夫婦で寿司屋を営むと言った妄想も)、結婚寸前を機に今まで彼女を名字呼びしていたのを「纏」呼びに改めていたりと、お互い本気であった事が窺えられた。
両津が両津家の人間と知った夏春都の猛反対や、さらに両津の両親(纏のいとこおじ・おば)の近親婚紛いへの困惑があるも、纏はそれでも食い下がり結婚を決意、夏春都も黙々ながら承諾。
しかし、擬宝珠家の資産に目が眩んだ両津の守銭奴ぶりを目の当たりにしたため破談になっている。

その後も周囲の誤解から両親の子供を身籠ったという噂が広まった事もある。

纏のさっぱりした江戸っ子気質に加え、元々相性は良いようで、破談後も両津との関係は良い。
両津は超神田寿司に住み込みで働いているため、纏に生活パターンも把握され頭が上がらない。

実は両津のキャラクター上、彼を結婚させる事ができない為に、纏を擬似的な女房役に据えたのが超神田寿司編の目的であったという。
作中でも指摘されているように、両津・纏・檸檬の関係が、旦那と嫁と娘を思わせるのは、そういった意図がある。

また、両津を意識したと思われる設定として、纏は彼と一致、あるいは真逆の性質を持っている部分も存在している。上記のほか、

  • 「超神田寿司」は享保2年(1717年)5月創業で、両津の実家である「よろずや」と同じく江戸時代から続く老舗である。
  • 腕捲りした制服にサンダル履きの両津と対をなす様に、腕捲りした制服姿にスニーカー履きがトレードマーク。ただし纏は冬でも上着は着ていない。
  • 一回りは歳上の両津と纏が対等に話す事を不自然でなくすためか、纏は大原部長や屯田署長などに対してもタメ口で話す。両津は上司に対して敬語を使うため、纏が初登場の118巻で、その事をたしなめている。
  • やたら機械に強い両津に対し、纏はパソコンスマホ等のハイテク機器が苦手で、携帯電話を持つことも億劫がっていたため、両津が自分の携帯の1台を纏に持たせている。
  • 更に纏はアニメ等のサブカルチャーにも疎く、194-3では魔法少女作品も知らないとされている。この辺りは実家の環境の違いが表れていると言えが、勘兵衛&夏春都兄妹はどちらもコンピューター系に強い。
  • コレクション癖のある両津に対し、纏は私物をほとんど持たない。本も読んだらすぐ人に譲ってしまうため、部屋はいつも片付いている。
  • 日頃、自動車の運転をそれぞれの相棒(中川早矢)に任せているが、実は2人ともかなり運転がうまい。
  • お互いの祖母(秋冬と夏春都)から三味線を教わっている(119-7、137-5)。ただし、歌うのを得意とする歌はそれぞれ違う(演歌と民謡)
  • 少女漫画雑誌に連載を持つ両津に対し、纏は絵がド下手。勘吉をマリオさながらの団子鼻で書いたり、カップを口の部分を大きく書いたりと、4歳の檸檬より絵心がないとされている。
と言った様な描写が見られる。また、119-7で纏が「他人のような気がしない」と言っており、その時点で二人の中で浅はかぬ関係を示唆している伏線も存在していた。

その他家族

夏春都檸檬については該当記事を参照。
他家から嫁いだ夏春都や桔梗を除き、擬宝珠家の名は画数の多い漢字が使われる傾向にある。
擬宝珠4兄妹に両津家の血は混じってはいるのだが、両津家特有の特徴はあまり見られない。
(強いて言うなら、上記の纏の眉毛や檸檬の驚異的な味覚・嗅覚、憂鬱や檸檬が特定の対象への強い趣味性を持っているくらい。纏や檸檬は母の遺伝が強いとされている)

  • 擬宝珠憂鬱
長男で纏たちの兄。京都の「超雅」で働いていおり、ひそかに早矢に想いを寄せている。
纏の性格を決定づけた元凶。弟が欲しかった彼は彼女に野球・メンコ・ベーゴマを教え、また自分のお古のジーンズやスニーカーを与え続け、それによって纏は両津顔負けの性格や運動センスを身に付けた。
それ故、彼女が女らしくないのは自分のせいではないかと嘆いている。
名前の通り落ち込みやすく、酒を飲むと鬱になってしまうが簡単に開き直る。鉄オタでもあり、中学生時代には鉄道研究会に入ったり模型を集めたりしていた。
  • 擬宝珠夜婁紫喰
纏たちの父親で、両津銀次&元五郎兄弟の従兄弟。勘吉&金次郎のいとこおじ。
影が薄く、店主ではあるのだが夏春都に実権を握られている。比較的温和な性格。
妻・桔梗とは夏春都によって強制的に結婚させられた経緯を持つ。
  • 擬宝珠桔梗
纏たちの母親。
普段はおっとりとしているが、日本舞踊の師匠であり纏に厳しく教えていた。また、幼いころの憂鬱にスカート等女らしい物を纏にあげるよう言ったり、纏が大学より警察に歩もうとした際に反対したりするなど、しつけの部分では厳しい部分を持つ。
  • 擬宝珠蜜柑
三女であり、126-8で誕生した。6月23日生まれ。
名前は読者アンケートで選ばれ、檸檬のように柑橘系にあやかって名づけられた。
蜜柑が産まれてから、檸檬は姉としてのけじめを付けるようになっていった。
  • 擬宝珠貴一廊
纏たちの祖父で夏春都の夫。両津勘兵衛&みの吉兄弟の義理の兄弟。
太平洋戦争で工兵としても活動しており、その際の戦争で亡くなられている。若くして亡くなった為か、夏春都が彼について語るのは珍しいとのこと。
面倒見の良い性格らしく、従業員全員に振る舞う両津を見て夏春都が旦那を想起したシーンもある。
東京の交通博物館とは深い関わりを持ち、153-9で若かりし頃の貴一廊の写真を纏が見るシーンも存在している。(その時、両津&檸檬&蜜柑は別行動を取っていたため見ていない)

関連イラスト

マトイ
擬宝珠纏



関連タグ

こち亀 両津勘吉 磯鷲早矢 擬宝珠檸檬
警察官 婦警 またいとこ

pixivに投稿された作品 pixivで「擬宝珠纏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181436

コメント