ピクシブ百科事典

核爆弾

かくばくだん

核反応によるエネルギーを利用した爆弾。
目次[非表示]

原子核反応を起こしてそのエネルギーを殺傷と破壊に用いる爆弾。初期の核兵器爆撃機から投下する(大型の)爆弾という形でしか実現できない大きさであったため初期の核兵器は核爆弾を必然的にさす言葉であったが、冷戦期に入ると小型化が進められミサイルの弾頭や砲弾の炸薬として運用できるようになったため、1960年代あたりから核兵器のうち航空機から爆弾として投下するものを特に「核爆弾」というようになった。
また、核爆弾のうち核分裂を用いるものを核分裂爆弾、核融合を用いるものを核融合爆弾というが、一般には核分裂爆弾は原子爆弾、核融合爆弾は核反応に重水素と三重水素を用いるため水素爆弾と呼ばれる。

また、核反応の際に生ずる中性子線を効率良く放出するように工夫した中性子爆弾というものもある。これは、爆発による建築物の被害を抑えつつ生物のみを殺傷するように中性子を放出しやすいようにするべく核反応を行う容器の材質が異なっている。この爆弾の場合、中性子の放出の効率の良い水素爆弾がつかわれる。この爆弾については核実験の際に密閉された戦車艦船の防御力が予想外に高かったため(1946年にビキニ環礁で行われた実験については2回行った核爆発で標的として配置した70隻のうち計13隻しか沈没しなかった)装甲を貫いた兵員の殺傷をすべく開発された。ただし、中性子の性質上分厚いコンクリートや大量のに覆われた核シェルターに対しては効果が薄い。

創作物では

ファイナルファンタジーシリーズ

1作目に登場するデスマシーンが「かくこうげき」を使用する。相手全体に大ダメージを与えてくるうえに無属性というヤバいブツ。
核融合による魔法としてフレアも存在する。こちらは後のシリーズでも続投。

Sa・Gaシリーズ(スクウェア(現:スクウェアエニックス))

相手全体に大ダメージを与える武器として「かくばくだん」が存在している。デスマシーンがFF1に続いて登場するため、戦闘中は頻繁に見ることになる作品もある。ちなみにフレアも続投。
大ダメージを与える全体武器という扱いのため、戦闘中であれば何処でもぶっ放すことができる。冷静に考えるとただでさえ物騒なのにさらに輪をかけて「おい馬鹿やめろ!」と言わざるを得ないような状況でも奴等は・・・お察しください
そんなものがデパートで売っていたり、地元の町の隣の広場に埋まっていたりするシーンはシュール極まりない。

半熟英雄

3作目以降のエッグモンスター「スカイプリンセス」が核爆弾を落とす。ニュアンスとしては上記のFFやサガと同じようなものだと思えばいいだろう。
一方、4作目の最終ボスがなんと、地球で発射された核ミサイル。こちらは冗談抜きに、現実に即した「破滅を招く産物」に他ならず、爆発させずにミサイルを停止させなければ一瞬でゲームオーバーとなる。

ティルトウェイトWizardry

核融合反応によって爆発を起こす魔法(よって爆弾ではない)。
よりによって狭い地下迷宮で乱発するため、『放射能汚染で迷宮内にクリーチャーが蔓延する』とかそういうネタが頻発した。

メギド系(女神異聞録ペルソナ

他の作品では万能系だが、核熱でダメージを与える魔法となっている。

地球破壊爆弾ドラえもん

伝説的ひみつ道具。連載当初はそのものスバリの『原子爆弾』だった。
名称が修正されたあとも、それが核を用いたものであることを示す原子核の図が刻まれている。

Fallout3

日本版ではCEROの影響で削られた、核を爆破するイベントがある。チートによってイベントを発生させることはできる。できる…が、確実に後悔すること間違いなしの展開になるだろう…。

キャプテン・スカーレット

第3話「鐘は13鳴った」("BIG BEN STRIKES AGAIN")内で坑道掘削用核爆弾という物騒な装置が登場する。しかも民生用(!?)という物騒を通り越した狂気そのものなシロモノ。前後をパトカーに護衛された専用トレーラーで掘削現場まで運んでいく予定だったのだが・・・。

関連タグ

 核分裂 核融合 放射線
原子爆弾 水素爆弾 電磁パルス兵器

pixivに投稿された作品 pixivで「核爆弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20738

コメント