ピクシブ百科事典

原子爆弾

げんしばくだん

核爆発を応用した爆弾の一種。壮絶な威力と大量の放射線を撒き散らし、使用された土地に深い爪痕を残す。
目次[非表示]

概要

原子核分裂を短い時間に連続して起こす事により生ずる莫大なエネルギーを爆発に用いた爆弾核兵器の一種。

原理

核分裂を起こす物質を臨界量を超える量に圧縮し、中性子線を照射すると核分裂反応が起こり、
核分裂の際に中性子が数個放出されるため、反応がネズミ算式に起こり、莫大なエネルギーを放出する。この条件を作り出すために通常爆薬で超臨界状態が成立する状態に圧縮する。

使用する核物質

ウランを使用したもの

ウラン235を90%以上に濃縮して使う。
薄いと爆発的な反応は起こらないので高濃縮する必要がある。70%でもかろうじて爆発する程度。(原子力発電所の燃料用のウランはウラン235が5~7%)

プルトニウムを使用したもの

原子炉の副産物であるプルトニウム239を用いるがプルトニウム240も含まれており、これが
濃すぎると自発的に核分裂してしまうので、ウランとは逆にプルトニウム240を7%以下にするためプルトニウム生成用に専用の原子炉を建て、そこで生成したものを使う。
ちなみに他の目的(発電所など)の原子炉の副産物ではプルトニウム240が22~30%含まれている。

用途

兵器のみである。土木工事など平和利用も研究されたが、放射性降下物が生ずるため、放射能汚染の問題から実用化されなかった。

1950年代には、大気中核実験が盛んに行われ、地球規模で放射能汚染が発生した。

禁止へ…

1963年に調印された部分的核実験禁止条約(PTBT)によって、大気圏・宇宙空間・水中での 核実験は禁止されている。しかし、これ以降もPTBTで禁止されなかった地下核実験はたびたび行なわれた。なお、フランスと中華人民共和国はPTBTに加入せず、中華人民共和国は東トルキスタン(ウイグル)において大気中核実験を1980年まで行っていた。

1970年には、核拡散防止条約(NPT)によりアメリカ合衆国ソビエト連邦(現ロシア)、イギリスフランス中華人民共和国の5か国以外の核兵器の保有が禁止された(インドパキスタンイスラエルは未加盟。北朝鮮は脱退)。

1996年には地下核実験禁止を含む包括的核実験禁止条約(CTBT)が国連で採択されたが、未批准国などに よって核実験が強行されるなどしており、現在も条約は発効していない。

NO MORE HIROSHIMA/NAGASAKI

言うまでの無いことだが、我が国は現在、世界で唯一実戦で原子爆弾を投下された国家である。上記のようにアルファベットやカタカナで「ヒロシマ」「ナガサキ」と言うと原爆投下のことを指すようになった。

投下されたのはたったの2発だが、その2発だけで数十万人に及ぶ人命を奪い去った。
なお、広島に投下されたものは「リトルボーイ」長崎に投下されたものは「ファットマン」と呼ばれ、この二つは形状も構造も違いがある。なお、「ファットマン」は当初は北九州の小倉に投下される予定があったらしく、もし小倉に投下した場合は北九州はおろか、海を渡った山口県の下関まで被害が及んでいたとされる。長崎市は山に囲まれていた為被害の規模は拡がらなかったが、いずれにしても尊い命を奪い歴史ある街を破壊したのだけは事実である。

特に長崎市はキリシタン文化が色濃く残る建造物が多く、キリスト教圏でもあるアメリカが浦上天主堂を核で吹き飛ばしたのはまさに悪魔の所業といえるだろう。投下時は天主堂ではミサが行われている最中であったという・・・。

まず炸裂直後。強烈な爆風と熱線により文字通りの意味で「瞬殺」された。苦しむ暇も与えられず、跡形も無く消滅した犠牲者や、一瞬で炭にされたため、生前の状態のまま亡くなった犠牲者も存在したほどである。
炸裂直後を生き延びても、熱線と爆風により肉体の大部分がやけどや破片により苦しみながらまた多数の人々が亡くなっていった。さらに爆弾によってまき散らされた放射能によって原爆症がもたらされることでよってより多くの人命が失われた。また生き延びた人々も長期間原爆症によって苦しむこととなった。
こうした原子爆弾への恐怖は、のちの冷戦時代においても大きな影響力となり、単なる戦略的兵器は「世界を滅ぼせる悪魔という認識へと変わっていった。

それが国連常任理事国たる五大国以外に保有を許されなかった理由であり、前述した禁止への布石ともなるのだが、それ以前に起きた「キューバ危機」は、核戦争が現実になる寸前という悪夢でもあった。(事実、当時の大統領であったジョン・F・ケネディ核ミサイルの発射スイッチに触れている)
日本は国内に発達した原子力産業を持ち、かつ大型宇宙ロケットを開発・運用することが可能な潜在的核保有国であるが、それでもなお核兵器の開発や配備に全力を以って『NO』を突きつける権利を発することのできる国家であり、その事を改めて再認識していきたいものである。

時代の経過とともに記憶が風化しないように・・

原爆から生き延び、「生の記憶」を持っている人々も原爆症や加齢により減っているのもまた事実である(2015年には終戦の年に生まれた人であっても約70歳になる)。

我々も、記憶を風化させ単なる「過去の1イベント」で終わらせることのないよう、せめてこのようなことが起こった事実は記憶にとどめておきたいところである。
世界のどこかで「3度目」が起こることがないように・・・のはずだった。

まさかの3度目。ジェルボアーズ・ブルー

あまり知られてはいないが、1954年から始まったアルジェリア戦争を鎮めるために威圧を目的として、フランスはアルジェリア中部で1960年に核実験を行った。フランス政府の目論み通り実験後に紛争は激減する事となる。
しかし、当然ながら砂漠に住む多くの人々や軍人らが被曝し、詳細は不明だがアフリカ大陸の広範囲で放射能汚染が広まった。実験との建前はついているものの、実質的には人類史上3度目になる戦地での利用である。
1962年に紛争は終結し、フランスはこの事件を闇に葬り去ろうとしたが失敗。2000年代以降も核実験というよりも、戦争自体が相当悲惨だったために問題を長く引きずっており、現地住民やアルジェリアから引き揚げた当時の人々の間に未だに禍根を残し続けている。
なお、コードネームのジェルボアーズ・ブルー(Gerboise Bleue)はフランス語で青いトビネズミを意味する。

関連タグ

 原子力 核爆弾 クロスロード作戦

pixivに投稿された作品 pixivで「原子爆弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123854

コメント