ピクシブ百科事典

玉龍

ぎょくりゅう

中国の冒険小説「西遊記」の登場人物。

玉竜」とも表記する。

概要

四海龍王の一柱・西海龍王の第三太子。
竜宮で火事を引き起こし、宝物の珠を焼失してしまう。その為激怒した父が天帝に告訴。死罪を言い渡されたが、拘置として柱に逆さ吊りにされていた所を見た観世音菩薩によって助命された。
その後は鷹愁澗(ようしゅうかん)と言う谷川に隠れ住んでいたが、空腹に耐えかねてたまたま通りかかった孫悟空三蔵法師に襲い掛かり、三蔵の乗馬を食い殺してしまう。激怒した孫悟空と一騎打ちになるも敵わず、逃げ隠れて居たところに観世音菩薩が現れて仲裁。菩薩が法術を施すとたちまちの姿になり、以後、三蔵の乗馬となって取経の旅を支えた。
竜神のため、尿などの体液聖水であり、の元にもなる。

その後、劇中では目立った活躍は無いが、道中で立ち寄った宝象国(ほうぞうこく)で悟空不在・沙悟浄と三蔵法師が妖魔の手に落ちた際は自ら変化を解き、三蔵法師を救出する為に妖魔に挑んだ事もある(残念ながら敗退してしまったが)。その後、猪八戒に「悟空の大兄貴を連れて来てくれ。それしか師父(三蔵の事)を救う手立ては無いんだ」と説得するなど、3人の弟子達に劣らぬほど三蔵を慕っている事が判る描写がある。
因みに出自を知る悟空には、大切にされている。

取経の旅が成った後、釈迦如来より「八部天龍」(はちぶてんりゅう)の称号を授かり、元の龍の姿に戻る事が出来た。

関連項目

西遊記 神馬

pixivに投稿された作品 pixivで「玉龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44430

コメント