ピクシブ百科事典

甲虫王者ムシキング

こうちゅうおうじゃむしきんぐ

「甲虫王者ムシキング」とはセガによるトレーディングカードアーケードゲーム。またはそれをアニメ化やコミック化したもの。
目次[非表示]

概要

『甲虫王者ムシキング』とは、セガによるトレーディングカードアーケードゲーム。通称「ムシキング」。
2001年に開発を開始、2003年にアミューズメント施設に登場した。
内容は外来種(ヘラクレスオオカブトの様に外国からやって来た種類。昆虫以外ではアライグマブラックバスなども該当)と在来種(古くからそこに生息していた種類)のカブトムシクワガタムシが戦うというものだが、単純なように見えてシナリオは非常に奥深い。
バトルはどれもこれも現実の甲虫では絶対に出来そうにないような必殺技のオンパレードであり、後のアーケードゲームを大きく変化させた。
ジャンケンをモチーフにした単純なルール小学生男子を中心にバカウケし、ゲーム化、アニメ化、劇場映画化、漫画化とあらゆるメディアミックスに成功した、アーケードゲーム界の異端児。
実は仮面ライダーカブトは本作のブームの影響を受けて誕生したという説もある。

昆虫王者ムシキングは間違い。

そして、長い時を経て新甲虫王者ムシキングとして復活することが発表された。

他作品とのコラボ

漫画ハヤテのごとく!』では、作者のコネで珍しく伏字なしで登場し、ヒロイン三千院ナギがプレイしていた。

また、アニメ涼宮ハルヒの憂鬱』で古泉一樹長門有希巨大カマドウマと対決した際には、本作のパロディとしてカナブンが登場しカマドウマのをいやすシーンがわざわざテロップ付きで流された。

ブームの弊害

ムシキングのブームを受けて、海外のカブトムシやクワガタムシが多数輸入されて、デパートなどで販売されたが、ヘラクレスオオカブトを始めとして海外の昆虫は非常に気性が荒く力も強い為、一般家庭で飼うのが非常に難しい。
その為野山に棄てられたり、逃げ出した個体が野生化し外来種となって、日本の環境を脅かしている。
見つけたら保健所や市の環境課に通報するか、その場で踏み潰すなり毒殺するなり(昆虫標本のキットを買えば大抵それ用の毒薬がついてくる)して殺処分、などが望ましい。

(昆虫に限らないが)ペットは責任を持って飼いましょう。本来その地域にいない生き物は逃がしたりしてはいけません。
ムシたちとの約束だ!

その他、ムシカードの昆虫紹介には、名前の誤記明らかにギネス越えの虫も混じっていた為、昆虫図鑑としては疎かなモノであったといえる。(pixv百科事典に記事がある虫のいくつかに指摘アリ)

用語

  • ムシカード

ムシを呼び出すためのカード。

  • わざカード
ムシに技を覚えさせるためのカード。
テクニックの数値が定められており、ムシのテクニックが足りていないと十分な威力を発揮できない。

  • とくしゅわざ
わざカードの一種。
昆虫を呼び出し、相手の攻撃力を下げたり、あいこになった際に自分のダメージを無効化したりと様々な効果がある。

  • アダーコレクション
本作の宿敵「アダー」が操る赤目甲虫を呼び出せるムシカード。
通常のムシカードとは登場シーンが異なり、アダーが「出でよ!(ムシ名)!」と叫んだあと、木の洞から赤い目が光った後、木を破壊して現れる。

該当するムシは強さ100~140だが、2005セカンド以降は強さ160~200の一部のムシが加わることがある。
しかし、それは「もうすぐ排出を終了する」という知らせでもある。

関連タグ

ムシキング 森の民の伝説 ポポ チビキング パム アダー
カブトムシ クワガタムシ
 
プロレス
ムシキング・テリームシキング・ジョーカー
・・・プロレスリング・ノアとのタイアップ企画。テリーがベビーフェイス、ジョーカーがヒール。
「だいたいネブ博士(ムシキングのナビゲーターの一人、正体は今作ゲームデザイナー)と三沢光晴のせい」で決まったらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「甲虫王者ムシキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337350

コメント