ピクシブ百科事典

空知英秋

そらちひであき

「空知英秋」とは、日本の漫画家である。
目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプに連載中の「銀魂」ほか
複数の著作をもつゴリラ漫画家
2002年、読み切り「だんでらいおん」でデビュー(週刊少年ジャンプ掲載)。

ペンネームの「空知」は、出身地北海道空知地方から取られている。「英秋」は本名。
第2回銀魂人気投票ではなんと原作者でありながら16位に輝いた。


文法に一定の法則があるのが特徴で、「みる」「きく」「しる」などの一部の動詞はほとんどと言っていいほどひらがなで表記するクセがある。

自虐ネタ、メタ発言が多いことでも知られており、書き分け下手台詞が多すぎる、画風がデビュー当時からほとんど変わっていないことなどを頻繁に作中でもネタにしている。

銀魂の連載以前から歴史好きで、中でも坂本龍馬が好き。(銀ちゃんねる!より)
新撰組土方歳三が好きなこともあり、「銀魂」の初期設定段階では
キャラを崩すことに抵抗を感じていたようだ。→初期土方



また、作家×集英社文庫のコラボ企画にて、夏目漱石の著書「三四郎」のカバーイラストを担当。
企画内では珍しいシンプルな鉛筆画だが、なんとも艶麗である。
(2013年3月11日発行第12刷)

作品

連載

銀魂2004年2号〜既刊66巻
※2004年2号…2003年12月8日刊行


読み切り作品

だんでらいおん2002年42号銀魂1巻収録
しろくろ2003年17号同2巻収録
13(サーティーン)2008年3月号同24巻収録
ばんからさんが通る2010年46号同38巻収録
※「13」のみジャンプSQ.掲載

外部リンク

空知英秋-Wikipedia

関連タグ

漫画家 集英社 少年ジャンプ

他の記事言語

Hideaki Sorachi

pixivに投稿された作品 pixivで「空知英秋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290936

コメント