ピクシブ百科事典

郭嘉

かくか

中国の三国時代に曹操に仕えた謀臣の一人。

170~207
姓は「郭」 名は「嘉」 字は「奉孝」

略歴

始めは袁紹のもとへ行くがその人柄に失望し、荀彧の推挙で曹操の参謀になった。
鳥丸などへの北方討伐や呂布・袁紹との戦いに多く進言し、特に劉備が曹操へ下った際には劉備は人傑であり早く殺すべきだと説くなど先見の明を持っていた。
曹操曰く「我が大業を成就させるのは、この男をおいて他にない」、郭嘉曰く「この方こそ真の我が主君だ」と評価しあうなど、しばしば曹操にとって最高の参謀の一人だったと評価される。

性格が傍若無人で品行が悪かった為に、同僚(特に陳羣)からたびたび弾劾された。
しかしそのような事を一切気にせぬ性格が曹操に気に入られ、その有能さとあいまって重用される。
ちなみに、彼を弾劾していた同僚に対してもその公正さを評価、重用している辺りは流石曹操と言うべきか。
ちなみに、前述の袁紹を見限って出て行く際にも、その参謀に対して「お宅の殿さん、偉そうにしてるけど中身はカラッポだから、さっさと鞍替えした方がいいよ(意訳)」と抜け抜けと言い放っている。
そのような型破りなエピソードが多いことから、正統派の参謀である荀彧としばしば比較される。……後述の死に際も含めて。

38歳の若さで病を得て亡くなる。
葬式には「奉孝は幕僚でも一番若かった。天下泰平の暁には後事はあいつに任せようと思っていたのに……」と、その死を悼んだ。
さらにはその一年後の赤壁の戦いで敗れた曹操は「郭奉孝がいてくれたら、このような無様な負け戦はやらなかったであろうに」と天を仰ぎ泣いたとされている。

余談ながら、息子の郭奕に関しても「有能でも郭奕みたいな人間になっちゃいかん」と友人が息子に教育していたりするあたり、有能さとぶっ飛んだ性格は案外血筋だったのかもしれない。いわば変人の家系なのだろう。

版権作品における郭嘉

詰め合わせ


純粋軍師



色塗り
地天郭嘉【落書き】


「天才軍師郭嘉の軍に、敗北の文字は無い!」


kkk


郭嘉ヴァサーゴも参照。

エロ軍師。


郭嘉


稟(郭嘉)


真名は。リンク先参照

pixivに投稿された作品 pixivで「郭嘉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6831896

コメント