ピクシブ百科事典

さい

サイと読む。沖縄の古武術で使われる刃物・打撃武器。
目次[非表示]

髪飾りの釵(かんざし)はを、小説『刀語』に登場する微刀「釵」については日和号をそれぞれ参照。

概要

沖縄古武術で使われる武器棍棒の一種といえるが、先端に刺突用の刃がついていることもあり、棒術と共に沖縄古武術において重要視されている武器術である。
武術としてはマイナーだが、武器そのものとしては海外の創作作品(アメコミなど)に忍者の武器』としてよく登場するので割りと有名。
またヌンチャクと並び、日本では中国の武器と誤解されることが多い。実際近似形の武器が存在するので誤解に拍車がかかる。

原型はインドの武器とされる。

基本の構えは刃を肘側に、鍔と柄の交差点を握りこむ「逆手持ち」
このとき突き出した柄が拳打、刃が肘打ちを強化する働きをし、鍔が指を守り刃が腕を守る篭手の機能を持つ。
順手に持つことで形状の似た十手とほぼ同じ用法となるが、剣戟からの防御に最大の効果を持つ構えであり、あらゆる攻防優れた通常の構えはあくまでも「逆手」である。

ロボットアニメ無敵超人ザンボット3」ではザンボットグラップという固有名詞で登場した。

関連タグ

サイ 武器 刃物 無敵超人ザンボット3 ミュータントタートルズ 空手

関連イラスト

釵
ザンボット


無敵超人ザンボット3
てめぇのケツにお別れのキスをしな!

pixivに投稿された作品 pixivで「釵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11013

コメント