ピクシブ百科事典

ヌンチャク

ぬんちゃく

「棍棒」に属する打撃武器。 中国の「連節棍」が琉球王国(沖縄)で改良され、のちに琉球空手の武具として定着。 さらにブルース・リーが出演映画で多用したことで、カンフーの武器として広まることとなる。
目次[非表示]

ヌンチャクが描かれたイラストに付けられるタグ

概要

ヌンチャクとは打撃武器の一種である。ヌンチャカなどと誤記されることもある。
中国的なイメージがあるが、発祥は沖縄の琉球古武術の武器であるとされる。しかしながら、発祥地については未だ決着をみていない。
三節棍などの、いわゆる多節棍に属する武器である。

形状・用途

短い一対のを、短い節()でつないだシンプルなもの。
基本的には一本のみ、ないし二本一対で扱い、振り回して打撃を与えるように振るう。また、棍棒のように打ち、突きなどに用いる。
材質は、棒の部分は、紐はの尾毛を用いた伝統的なものから、昨今では合成樹脂や金属製のなどを用いたものまで様々である。

ブルース・リーによる伝播

有名になるきっかけとなったのは、ブルース・リーが映画『燃えよドラゴン』などで使用した効果が大きいとされる。
なお、ブルース・リーが用いたのはヌンチャクではなくフィリピン武術のタバク・トヨクであり、その操法もカリ棒(二本の短い棍棒を両手に持ち太鼓のように敵を叩く)の動きをアレンジしショーアップしたものであるため、伝統的なヌンチャクの動きとは異なる。

著名な使用者


関連タグ

武器 棍棒 三節棍(多節棍) トンファー 日本 沖縄 琉球 空手
ブルース・リー 燃えよドラゴン 中国武術

pixivに投稿された作品 pixivで「ヌンチャク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227317

コメント