ピクシブ百科事典

魔人ベジータ

えむのじ

魔人ベジータとは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物・ベジータが魔人化し、悪人に戻った状態に対する通称。
目次[非表示]

魔人ベジータとは、「魔人ブウ編」において、ベジータバビディに自分の魂を売り渡し魔人化、悪人に戻った状態に対する通称。

作中ではこの状態を表す名称がなかったため、アニメ関連書籍や一部ゲームでは「破壊王子」「破壊王子ベジータ」ドラゴンボールヒーローズなど)、ごく一部のゲームでは「魔人ベジータ」(Sparking!シリーズ、レイジングブラストシリーズ)、「凶戦士ベジータ」と名づけられている。
その一方で、一部の読者の間では、に魔人化の印「M」が刻まれてあるので「Mベジータ」と呼ばれている。
M字ハゲの額にM字マークというギャグと紙一重の姿は、読者にさんざんネタにされている。

当初は悪役として登場した、亡惑星の戦闘民族サイヤ人王子ベジータ
地球での暮らしに慣れ、家族を得て徐々に穏やかな気持ちになっていく自分を許せず、生まれついての戦士としてのプライドを取り戻すため、本来なら斃すべき相手バビディにわざと魂を売り渡し、魔人化した。

自身の秘めたるパワーを限界を超えて引き出されたことで、かつて下級戦士とみくびっていた孫悟空(カカロット)の強さに追いついたと思い込んだベジータは、雌雄を決せんがため、超サイヤ人2になって対決を申し込む。
しかし、この時の悟空は超サイヤ人3になれることを隠していた上、逆に憐憫の情をかけるなどがあり、結局決着はつかなかった。

この闘いの間に魔人ブウが復活。その責任からブウを斃すため単身戦うも敵わないと悟り、家族をはじめとする自分以外の者を守るため、ブウを巻き込んで自爆。しかしブウは再生し、ベジータの自己犠牲は徒労になった。
自爆前のベジータと息子トランクスらとのやりとりは、ベジータの心の変化が如実に現れた作中屈指の名シーンと言われている。

二度目の死亡であり、無辜の民を殺した悪人ということもあり、ドラゴンボールで復活することはなかったが、閻魔大王の計らいで一時的に現世に戻される。
この時にはバビディの洗脳が解け、元のベジータに戻っていた。

関連イラスト

破壊王子最期の時
気高き誇り


さようならだ、 トランクス



別表記など

ベジータ 破壊王子 破壊王子ベジータ Mベジータ
ベジータベビー

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ
ブルマ(ドラゴンボール) トランクス(ドラゴンボール)
孫悟空(カカロット) バビディ 魔人ブウ ダーブラ
魔人 M 闇堕ち クロウ・ホーガン

pixivに投稿された作品 pixivで「魔人ベジータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13610

コメント