ピクシブ百科事典

黒子テツヤ

くろこてつや

黒子テツヤとは、漫画『黒子のバスケ』の登場人物で、主人公である。
目次[非表示]

「僕は影だ」

プロフィール

所属私立誠凛高校1年生
身長168cm(中学入学時155cm)
体重57kg
BMI20.2
誕生日1月31日
星座水瓶座
血液型A型
背番号11番(帝光では15番)
ポジション不明
座右の銘一期一会
好きな食べ物バニラシェイク
嫌いな食べ物コーラ(炭酸系)
趣味読書(主に文学作品)、人間観察
特技簡単な手品
得意教科現代文、古文(大まかに言えば国語)
委員会図書委員
好きなタイプやさしい人
家族構成父・母・祖母
CV小野賢章(アニメ)、小清水亜美(VOMIC)


概要

漫画『黒子のバスケ』の主人公
全中3連覇を成し遂げた 強豪・帝光中学校男子バスケットボール部出身。ポジションとプレイスタイルから『幻の6人目(シックスマン)』と呼ばれ、「キセキの世代」と呼ばれる5人の天才からも一目置かれていた。

すぐ目の前にいても自分から声を発さない限り気付かれない、いつの間にか傍にいてビビられる、注意していても一瞬気を反らすだけで見失うなど、異常なまでに影が薄いことが特徴。
常に無表情かつローテンション。誰に対しても丁寧語で話し、礼儀正しく物静かな少年。しかし一方で、熱い闘志と強いこだわりの持ち主でもあり、「諦めることを知らなさ過ぎる」と作中で評されるほどの大変な負けず嫌い。
また、目立たないだけで実は行動的であり、気付かれない内に誰よりも速く積極的な行動に出る事もある。非力なくせに、不良に絡まれている中学生の間に割って入るなど、後先考えずに行動することも。
丁寧な物言いながらも言いたい事はストレートに発言する性格で、真面目で素直な一方、容赦が無いとも言える。ローテンションで淡々とした様子に騙されてはいけない。「冗談は苦手です」と公言する通り、彼の言う事はいつでも本気なのだ。たとえどんなに冗談のように聞こえても。
それでも基本的には冷静な性格であるため、直情的な火神のストッパーとして働くことが多い。
かつては強豪帝光バスケ部の一軍に属していただけあり、選手層の薄い誠凛では、木吉と共に、全国経験者という貴重な存在。

髪と目の色は水色で彩色されている。キセキの世代の中で唯一、名前と髪・瞳の色が一致していないキャラクターだが、これは「影が薄い」という設定を優先させたためだろうと思われる(作者曰く「ノリ」)。
バスケ選手としては小柄で細身な体格をしており、外国人から小学生に間違えられたことがある。本人もそれを少し気にしているらしい。
学力は可もなく不可もなく平均的なレベルだが、唯一国語だけは成績優秀。
バニラシェイクが好きで、マジバーガー(作中に登場するファストフード店)に行ってよく飲んでいる。ていうかそれしか頼まない。食も細いようだ。
試合を含め部活中には、手首の保護ととある験担ぎのため、両手首に黒いリストバンドを付ける。ちなみにこのリストバンドは洗っている。
部員それぞれ個性に溢れるはずのロッカーも整然としており地味
寝起きの際の寝癖が恐ろしく酷い。
女性に優しく、さり気無いフェミニストぶりがツボに入ったのか、桃井からは盲目的に惚れられている。
意外にもクレーンゲームが得意らしい。
ちなみに、影が薄いのと外見は母親似、性格は父親似。

バスケを始めたのは、幼い頃にテレビでバスケの試合を見て興味を持ったのがきっかけ。
帝光中バスケ部在籍中は、長く三軍から上がることができない上にコーチからも「上達の見込みが無い」と言われ、挫折しかけたこともあった。
しかし自主練中に出会った青峰大輝の励ましを受け 続行を決めたあと、一軍メンバーの赤司征十郎に才能を見出され、一軍へとのし上がることになる。
レギュラーになった当初は「勝つことがすべて」という帝光の理念を受け入れていたが、三年の全中時の「ある出来事」をきっかけに部の方針やチームの在り方に疑問を感じ、バスケ部を退部。その後、高校入学までバスケットボールから離れていた。
現在は誠凛高校バスケ部に所属。相棒である火神大我とともにチーム全体が結束した上での勝利を目指している。

プレイヤーとして

身体能力はありえないほど低い。スタミナも無く、練習中にもよくのびている。更に、リコの分析によると、現時点で既に限界値近くまで鍛えてしまっているので、今後の大幅な向上も期待できない。バスケの技術も「ドリブル、シュートは素人に毛が生えたようなもん(火神談)」で、フリーにも関わらずレイアップシュートを外すほど。1on1なら相手が普通レベルの選手であれば、まず間違いなく負けるであろうレベルで、要するにめちゃめちゃ弱い
だが、自らの存在感の薄さと、持ち前の観察眼を利用して「視線誘導(ミスディレクション)」という手法(後述)を使い、パスの中継役となり、華麗なスティールとパスワークでチームを得点に導く。 彼の技術はほとんどがそういった連携及びサポートに特化したスタイルであるため、中学時代もチームメイトからは「自分達とは異質な強さ」と認識されていた。
赤司が興味を持ったのも、黒子は運動能力は低いが運動神経は悪くなく、頭も悪くなくスポーツIQはむしろ高い、キャリアも練習量も十分経験者と呼べるのに、それに見合う実力が伴っていないという、スポーツ選手としての異質さに気付いたからである。
ただ……加速するパスや回転長距離パスを現実で使う場合相当な筋力および武術の心得が無いとまず不可能な上に、実際に受けた選手も例外なく「痛い!」と言う程なので、正直選ぶスポーツを間違えているような気がしてならない。

視線誘導(ミスディレクション)

黒子のプレイスタイルの根幹を成す技術。元々は手品師などが用いる視覚テクニックの総称。持ち前の「影が薄い」という体質を利用し、さらに並外れた観察眼によって他者の視線や意識を誘導することで、自分の存在感を極限まで薄める。この手法を応用することで相手に視認されずにコートを動くことができ、有効なスティールやパスを生み出すことが可能となる。黒子の趣味・人間観察も、この技術の開発がもとになったと思われる。
但し、相手も徐々にその存在感に慣れていってしまうため、一試合40分間連続フルの活用は不可能という欠点がある。また、黒子だけに意識を集中させない能力を持つ高尾や、黒子の存在感に慣れている相手などにも効き辛い。そのため、同じ相手との二回目以降の対戦では効力が激減する。

回転長距離パス(サイクロンパス)

遠心力をつけることで一気に加速させ、コートのエンドラインからエンドラインまでをぶった切るほどのパスを出す。攻守が入れ替わる瞬間に素早く敵陣へ切り込めるカウンター技。

加速するパス(イグナイトパス)

黒子の得手であるパス中継において、単にタップしてパスの方向を変えるだけでなく、掌底で押し込んでその速度を急激に上げさせる。単にパスルートを読むだけでは防げなくなると言う効果を持つ、一種の力技。
強力ゆえに受ける側の負担も大きく、当初は「キセキの世代」と火神のみが取れるパスであったが、時を経て成長した誠凛メンバーは、受け取れる回数に制限があるものの全員キャッチ可能になった。
(本誌掲載時は拳でボールを殴り飛ばしていたが、バスケルールに違反する恐れがあるため、単行本にて掌底に直された)

二次創作では、黒子の仕置き技として掌底を相手にブチ込むことを「イグナイト」と呼ばれることが多い。もちろん、原作で人に攻撃したことなどは無い。

加速するパス・廻(イグナイトパス・かい)

強化版の「加速するパス」。大きく踏み込んだときの勢いを使い、ボールを激しく螺旋回転(軸が進行方向に平行)させることで威力を上げている。ボールに触れたプレイヤーの腕を弾き飛ばすほどの威力を持つものの、威力が強すぎるのために通常の「加速するパス」を取れるようになった誠凛メンバーも廻は取れない。また、黒子の体への負荷が大きく、連続では使用できない。

消えるドライブ(バニシングドライブ)

IH決勝リーグ桐皇戦で青峰に惨敗し、自分のスタイルが通用しないことを思い知らされた黒子が、WCに向けて新しく考案したドライブ。
存在感のある味方選手(作中では火神がこの役を担う)が相手の視界にいる時に、その視線をその選手(火神)に一瞬だけ誘導して、その隙をついて斜めにダックインして相手を抜き去るというもの。相手からすると、黒子が消えていつの間にか後ろに抜かれたように感じる。
黒子はそれまでほとんどボールを持つことは無く、一瞬でボールから離れるパスのみを専門としていたが、これにより「ボールを保持したまま」ミスディレクションを行えるようになった。「キセキの世代」である緑間や、鷹の目を持つ高尾でさえも突破したが、青峰には黒子一人に意識を集中することで突破を阻止されている。

ミスディレクション・オーバーフロー

ミスディレクションが切れた時に初めて使えるようになる黒子の切り札。見えない状態から「見えるようになった」ことを逆に利用して自分に視線を引きつけ、上記の「消えるドライブ」の火神役をすることで他の仲間に「消えるドライブ」と同じ効果を与えてサポートをする技。他にも、シュートしようとする相手の視線を誘導し、シュートの精度を低下させることもできる。
ただし、ミスディレクションの効果が切れなければ発動できないため、試合終盤にしか使用できない。また、ミスディレクションのタネを自分から明かすような状態になるため、この技を使った相手には二度と通常のミスディレクションが通じなくなってしまう。

幻影のシュート(ファントムシュート)

『黒子自身が得点を取れない』という弱点を克服するために体得したシュート。景虎のマンツーマンの指導においては開花しなかったものの、WC本戦一回戦の後、青峰との特訓で『シュートの際にもパス同様掌を使ってしまう悪癖』を逆手に取った変則フォームを完成。そこから黒子自身の錬磨によって必殺のシュートへと昇華した。
左掌でボールを支え、右掌で上に押し出すようにして放つ変則フォームで、放ったボールが敵の視界から「消えた」後、ゴールリングに入る。原理としては、低い位置からシュートをすることによってDFの視線を下げさせ、そこからボールを急上昇させることによってDFの視界から一瞬ボールを外させる。更には、通常のシュートタイミングより早く、DFの視線を火神へも誘導することによって、DFにはあたかもボールが消えたように見える。
ただし、DFがブロックしようとジャンプせずにバックステップして後ろに下がった場合は効果がない。また、黒子のシュートセンス自体は並以下であるため、命中率は五割から六割程度である。

外部出演

Jスターズビクトリーバーサスにサポート専用として出演。
ミスディレクションで相手のターゲットを一瞬ボールのほうに移すかく乱役である。
Jアドベンチャーでもその存在感の薄さは健在で、飛影や忍者であるナルトの目も欺くほど。星矢からは「小宇宙(コスモ)を感じ取れない」とまで言われている。
ベジータには、試合前の掛け合いでもその存在感の薄さを指摘されている。
また、バレーの日向からはシューズでやるスポーツを間違えられてちょっとムッとしている姿が見られる。

関連イラスト

春が来た
黒子っち!


描かせていただきました
【黒バス】黒子っちはぴば!


黒子っち
water tear



別名・表記揺れ

黒子 黒子っち テツ テツくん 黒ちん テツヤ

関連タグ

黒子のバスケ 誠凛 帝光 
キセキの世代 七色キセキ 八色キセキ 
主人公 幻の6人目  

火神大我
黄瀬涼太 緑間真太郎 青峰大輝 桃井さつき 紫原敦 赤司征十郎

相田リコ 日向順平 木吉鉄平 伊月俊 小金井慎二 水戸部凛之助 土田聡史 
降旗光樹 河原浩一 福田寛
テツヤ2号

荻原シゲヒロ

個別タグ

黒子っちマジ男前 黒子っち超イケメン 黒子マジ天使 黒子っちマジ飼い主 
存在感のある黒子 黒子終了のお知らせ 黒子逃げて超逃げて 性的な黒子 
歪みない黒子 麗しき黒子潤麗しい黒子) 
黒子嫌われ 黒子愛され 黒子最強
桃井ホイホイ キセキホイホイ 黄瀬ホイホイ 青峰ホイホイ

状態変化
真っ黒子様真っ黒子) 病み黒子 ショタ黒 / ショタ黒を広め隊 黒子テツナ オタ黒子

キャラソン
バニラップ タイムマシーンがなくたってキミが光であるために

セリフタグ
なんか不満そうですね?

黒子in○○シリーズ
黒子in海常 黒子in秀徳 黒子in桐皇 黒子in陽泉 黒子in洛山 黒子in霧崎

記念日タグ
黒子生誕祭2013 黒子生誕祭2014

グループ・コンビタグ

キセキの世代 キセキの世代+火神大我 天才相棒組 誠凛一年
黒バス信号組 光と影トリオ ブラックベリー組 キセキ天使組 誠凛TKトリオ 妖精トリオ
光と影コンビ テツヤ1号2号 図書委員コンビ
帝光光と影コンビ Tip_offコンビ キセキドSコンビ 影コンビ 書物カルテット 黒バス文学組
 

NLカップリングタグ

黒桃/桃黒帝光のキキララ) 黒リコ 黒モブ
  

腐向けカップリングタグ

黒子受け
火黒 黄黒 緑黒 青黒 紫黒 赤黒 灰黒 虹黒 荻黒 
日黒 月黒 木黒 降黒 2黒  
若黒 今黒 桜黒 笠黒 森黒 高黒 氷黒 福黒 花黒 古黒 原黒 宮黒 実黒 黛黒 モブ黒 
キセキ黒 誠凛黒 無冠黒 相棒黒 黒子総受け 

状態変化
黄黒♀ 

黒子攻め
黒火 黒黄 黒緑 黒青 黒紫 黒赤 黒灰    
黒降 黒木 黒月 黒高 黒花  
黒キセキ 黒子総攻め

リバ
火黒火/黒火黒 黄黒黄/黒黄黒 赤黒赤

同一CP
黒黒 黒黒♀

サンドタグ
光サンド 1on1サンド 紅葉サンド 黄桃サンド
暗記マーカーサンド キャベツサンド 主将サンド
好敵手サンド 鳥の目サンド 鷹龍サンド 魔王サンド 腹黒サンド 無表情サンド
海常サンド 陽泉サンド 秀徳サンド
黒バス幼馴染サンド 呑みサンド 黒子サンド

黒バスオセロサンド

コラボタグ


黒子のバスケ グループ・カップリングタグ一覧 黒バス【腐】

パロディ

pixivに投稿された作品 pixivで「黒子テツヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95971503

コメント