ピクシブ百科事典

トゥーンモンスターの編集履歴

2015-11-11 17:21:30 バージョン

トゥーンモンスター

とぅーんもんすたー

「遊戯王 オフィシャルカードゲーム」に登場する、「トゥーン」の能力を持ったモンスターカードのこと。

トゥーンについてはトゥーンの記事を参照。

概要

遊戯王OCGにおいて第2期で登場したトゥーン独自の能力を持つモンスターの総称。
元のモンスターにトゥーンの名前を付けるのが一般的だが、漢字表記の青眼の白龍古代の機械巨人はカタカナ表記に変わっている。また、青眼の白龍に関しては名前の一部がトゥーンと入れ替わっている。
永続魔法「トゥーン・ワールド」がある事でトゥーンモンスターを特殊召喚したり、直接攻撃の為に必要であったりとトゥーンモンスターを使うにはトゥーン・ワールドが戦術の中心となる。一応だがトゥーン・ワールドとして扱うフィールド魔法「トゥーン・キングダム」が登場しており、モンスターの維持もしやすくなっている。
なお、トゥーン・アリゲーターはトゥーンの名を持つだけの通常モンスターである為、トゥーンの能力は無い。

共通効果

共通して効果を持つ、が登場時期やモンスター毎に微妙な違いがあるので代表的な効果を記載する。

初期型のトゥーン

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在する場合に特殊召喚できる。
(1):このカードは特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):このカードの攻撃宣言の際に、自分は500LPを払わなければならない。
(3):相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。
存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。
記載したテキストはトゥーン・マーメイドのもの。

ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴントゥーン・デーモン、トゥーン・ドラゴン・エッガー、トゥーン・マーメイドが該当しており、共通して特殊召喚モンスターである。
トゥーン・ワールドが無ければ特殊召喚できない上に下級レベルのトゥーン・マーメイド以外はアドバンス召喚のルールに倣ってレベルごとにリリースする必要がある。
自壊条件はトゥーン・ワールドが破壊された時なので、モンスターゾーンで自壊後に蘇生しても問題なく運用できる。直接攻撃能力もトゥーン・ワールドとは関係なく発動するというのも特徴である。
トゥーン・ブラック・マジシャン・ガールはこの初期のトゥーンの方式に近いが、攻撃に関したデメリットを持たない。また、このモンスターにはオリジナルのモンスターと同じ効果が追加されている。

後期型のトゥーン

(1):このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。
(2):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。
(3):(モンスター毎に固有の効果を持つ)
(4):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

トゥーン・ゴブリン突撃部隊、トゥーン・ヂェミナイ・エルフ、トゥーン・キャノン・ソルジャー、トゥーン・仮面魔道士が該当しており、通常召喚が可能なモンスターである。
通常召喚が可能になった代わり、直接攻撃にはトゥーン・ワールドが必須になった。ただし、直接攻撃に拘らなければトゥーン・ワールドを必要とせずに召喚できるため、フィールドへ展開しやすくなっている。
トゥーン・アンティーク・ギアゴーレム、トゥーン・サイバー・ドラゴン、トゥーン・バスター・ブレイダーはこの後期のトゥーンの方式に近いが、トゥーン・ワールドが破壊された時の自壊デメリットを持たない。

関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG トゥーン ペガサス・J・クロフォード