ピクシブ百科事典

トゥーン

とぅーん

トゥーンとは、以下のいくつかの意味に分けられる。
目次[非表示]

遊戯王では

遊戯王原作にてペガサス・J・クロフォードが使用するカード群。
ペガサスが自分の為に作……チートカード「トゥーン・ワールド」によりモンスターをトゥーン化する事で彼らは漫画(トゥーン)の世界(ワールド)の住人「トゥーンモンスター」となり、同じ世界の住人以外の攻撃を受け付けなくなる。
恐ろしい効果だが実はワールド本体を狙われると脆く、ペガサスもそれ自体は理解していたらしくその防衛を兼ねたカードを投入していたが、遊戯戦ではそれが逆に仇となってしまった。
劇場版でもトゥーンは登場し、発動時にライフコストがかかったり上記の様なチート性能ではなくなったものの依然トゥーンはバトルで負けない仕様であり、しかも今度はトゥーン達自身が直接攻撃能力を得て海馬瀬人を追い詰めたが……

アニメGXでもペガサスが登場し、今度はOCGを考慮したのか「トゥーン・キングダム」なるトゥーンへの攻撃を防ぐ効果を持ったカードを引っ提げ再登場した。

トゥーンが生まれた背景には、ペガサスが子供の頃から好きだった「カートゥーン」の世界の住人への愛、憧れがあったからとの事。
攻撃をたくみにかわしケラケラ甲高い笑い声をあげるトゥーンの様はまさしく「漫画」である。
ぶっちゃけると絵の勉強をして会社を興し海馬コーポレーションの科学技術を手に入れ二次元の嫁や友人を実体化させてしまった、すごいオタクであると言えなくもない。

ちなみに原作出身である事とその独特なデザインが受けたのか、それなりにこのカード群のファンはいるらしい。

遊戯王OCGでは

第2期から登場したテーマであるが、トゥーン・ワールドトゥーンモンスターのライフコストの為に構築が困難なデッキであった。
今ではトゥーンなら何でも手札に加えるサーチカード「トゥーンのもくじ」や、後続で登場した「下級トゥーン」群である「トゥーン・ヂェミナイ・エルフ」を始めとするそこそこの性能を持ち、更にそれらと相性の良いカードもそこそこ登場したためこれらを軸にするならある程度強いデッキが組めるようにはなった。一応。

時を経て2015年、OCG15周年記念の一環としてトゥーンの未OCGカードの多くがOCG化。
上記の「トゥーン・キングダム」も連動破壊のデメリット以外はパワーアップして登場し、ようやくトゥーンデッキが実戦的に組めるようになったのである。
また、パックで「トゥーン・サイバー・ドラゴン」等の新トゥーンも登場している。
原作およびGXなどでトゥーン化されていないモンスターも幾つかトゥーンの特徴を得たうえでOCG化されているが、一応暗黙の了解があるのか、GX終了前に登場したモンスターが起用されている。

トゥーンレンダリング

3次元コンピュータグラフィックスの一種で、2次元の手描きアニメーション、あるいは漫画やイラスト風の作画(いわゆるアニメ絵)でレンダリングさせる技術である。
ゼルダの伝説風のタクト」の所謂「猫目リンク」なるデザインを見たことのある方も多いのではないだろうか?

タウラ島


ちなみに遊戯王の項目でも触れた事だが、漫画イラスト風の作画や漫画そのものの名称に用いられる「カートゥーン」を略して「トゥーン」と呼ぶ事もある。

その他

スイスの観光都市、トゥーン湖の最西端に位置する湖畔の街の名称。

関連タグ

遊戯王 ペガサス
ゼルダの伝説 風のタクト

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 595664

コメント