ピクシブ百科事典

三つ首竜の編集履歴

2020-12-30 11:53:23 バージョン

三つ首竜

みつくびりゅう

「スペクトルマン」に登場するキャラクター

概要

300年ほど前に絶滅したとされていた。三つの首を持つ怪獣。
石油が好物なので海底油田やコンビナートを狙う。

ゴリが落雷によるショックで、第三期層に眠っていたものを蘇らせた。
尾の先端にある吸盤は、石油を吸い取るほか、スペクトルマンを吸いつけ投げ飛ばす事もできる。
背中には小さな翼を持つが、飛行する事は無かった(単に飛ばなかったのか、最初から飛行能力は無いのかは不明)。
三つ首の真ん中の首は何も吐かないが、左からは毒ガスを、右からは無数の岩石を吐く。
首を全て切断されても死なずに活動し続けていたが、尻尾に急所が存在し、そこを攻撃される事でようやく死亡した。

第32話「よみがえる三つ首竜!!」
第33話「SOS!!海底油田」に登場する。

一部資料では「ミツワニドン」という名称も見られる。

また、同じピープロが製作した「電人ザボーガー」51話に、スペクトルマン本編内の活躍シーンが流用され、「恐竜」として登場した。

関連タグ

スペクトルマン
多頭竜