ピクシブ百科事典

リライアント・ロビンの編集履歴

2013-09-06 19:33:59 バージョン

リライアント・ロビン

いまいちまがらないくるま

リライアント・ロビンとは、英国リライアント社が製造・販売していた三輪自動車である。

概要

労働者向けの安価なクルマ」として企画された自動車
要するに日本でいうスバル360や、フランスで言うシトロエン2CVのような立ち位置のクルマである。
・・・が、そこは紳士の国。一癖あるクルマに仕上がっている。
なんとタイヤが3つしか無い、三輪自動車なのだ。
もちろん三輪となったのはちゃんとした理由がある(後述)。

なぜ三輪なのか?

ロビンが三輪となった理由、それはバイクだ」と言い張るためである。
概要の項目で書いたとおり、ロビンは飽くまで大衆車として企画された商品である。
大衆車ということは単に車両の価格が安いだけでなく、出来ることなら買った後の税金も安いほうが望ましい。
一方、ロビンが企画された当時のイギリスの法律では、「車輪が4つ以上付いていないものはバイクと見做す」となっていた。もちろん、税金はバイクのそれのほうが安い。
そこに目をつけて、三輪自動車とすることで「車輪が3つしか無いから『屋根付き三輪バイク』だ、よって税金も(割安な)バイクのそれを適用してね」(あと免許も)と言い張ったのである。
・・・この目論見が見事当たり、「バイク扱いで税金が安い」「バイク免許で乗れる」という点が受けて大ヒットした。
ちなみに車両そのものの価格はMINIよりも若干高かったが、それでも「税金と免許の両方で有利」となり、一時期は「ヨーロッパ最大のプラスチック製品」と呼ばれるまでになった(ロビンの車体はFRP製である)。

いまいち曲がらないクルマ

しかし「バイクだ」と言い張るために三輪にしたが故の代償もあった。
とにかく安定しない。
三輪自動車は四輪の自動車と比べ、安定性の面で不利である。
もちろん、急旋回やブレーキをかけながらハンドルを切るなんてもってのほか。横転フラグ以外の何者でもありません。
それだけではなく路面のうねりにも弱い。
要するに些細な事ですぐに横転するクルマとなってしまったのだ。
その安定性の悪さは、Mr.ビーンでネタとされるほど(一応念の為に書いておくならば、同作品におけるロビンは飽くまで「横転しやすいようにセッティングされている」のであり、実際はあそこまで安定性は悪くないとか)。

そんなロビンだが英国では未だに熱狂的なファンが少なからず存在しており、何度も再生産されたことがあるとか。

関連イラスト

ロビン
アルファさんとロビン



関連タグ

自動車
バイク
イギリス
英国面
Mr.ビーン
TopGear

スバル360 シトロエン2CV:リライアント・ロビンと似たような立ち位置やコンセプトの車。