ピクシブ百科事典

狂信者の編集履歴

2013-10-19 23:24:38 バージョン

狂信者

きょうしんしゃ

宗教って度が過ぎると手に負えない

概要

世の中には多くの宗教があり、それを信じる人々も千差万別であるが、中には宗教にのめり込みすぎてどエライ行動を取るものも居る。

大雑把な狂信者のイメージと言えば

  • 教義は絶対である
  • 教義の為ならば何をしても許される
  • 異教徒は存在してはならない
  • 神のために死ぬ事は幸せである

といった過激な物がイメージされると思う。唯一神を頂点に置いてる宗教程傾向は強い。

宗教は政治に結びつきやすい為に、時には民衆への大規模な粛清や、他宗教との宗教戦争に発展し大量の血が流れる事もある。
宗教意識が低い日本においても、オウム真理教を始めとする新興宗教団体がテロ行為等を行った歴史もある。

フィクションにおける狂信者

様々な作品で「教会」という物が登場するが、大抵は組織は腐敗しきった上に上層部が狂信者というパターンが多く、胡散臭くて忌避されがちな傾向になる。特に魔法が登場するカトリック系にやたら多い。

典型的な狂信者が登場する作品
HELLSING
TYPE-MOON作品
ゼロの使い魔
とある魔術の禁書目録
等、