ピクシブ百科事典

アイリス(ロックマン)

あいりす

ゲーム「ロックマン」シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ロックマンシリーズに登場するキャラクター。ヒロイン枠。
初出はロックマンX4

ロックマンXシリーズのアイリス

入道雲


ロックマンX4ゼロルートでヒロインキャラクターとして登場する。ロックマンX5ではゼロの回想シーンで出演。
X3とX4の間の時系列の番外編ロックマンX2 ソウルイレイザー(ゲームボーイカラーソフト)にも登場する。
シリーズ以外では、プロジェクトクロスゾーンに登場。
担当声優水谷優子
漫画版などを含めない公式作品では初の女性キャラクターである。

人物像

レプリフォース陸軍士官・カーネルの妹。

巨大イレギュラーイレギオンに拉致されるが、opステージでゼロに助けられ、彼に好意を抱く。しかし、同じく助けに来たカーネルとゼロが鉢合わせてしまい、レプリフォースはイレギュラーの疑いを掛けられ反乱を起こしてしまう。
助け出された後はイレギュラーハンター本部に保護され、ハンターベースのオペレーターを務めてゼロのサポートをするようになる。

平和を望んでいるが故にゼロとカーネルの衝突に悩み、懸命に戦わないように諭していたが、軍人としての誇りを何よりも優先するカーネルは聞き入れず、二人の激突が止められるはずも無く、結局ゼロがカーネルを倒す結末となってしまう。

アイリスとカーネル

アイリスがカーネルと兄妹という事になっているのは、二人のCPUが元は一つのCPUであったから。

かつてレプリフォースの開発部は、「平和を願う心」と「無双の戦闘力」を両立させた「伝説のロボット」を再現させたレプリロイドを生み出そうとしたが、完成したCPUを搭載したレプリロイドは「戦闘」と「平和」という2つのプログラミングに生じた「矛盾」により暴走する形で終わった。
CPUのプログラムは二分化され、カーネルが闘争心を基礎とし、アイリスは優しさを基礎にしたレプリロイドとして誕生したのである。

アイリスの最期

カーネルがゼロに倒されると、全てに絶望したアイリスはハンターベースから姿を消し、レプリフォースに合流。ファイナルウェポン内でゼロを待ち構える。
カーネルのチップを取り込み戦闘マシーンと化し、兄であるカーネルの仇を討とうとゼロに襲い掛かるが、激戦の末ゼロの攻撃によって倒される。
最期はゼロに自身の思いと謝罪を伝え、ゼロに看取られる形で死を迎える。

同時に、ゼロ(と、プレイヤー)の心に癒えることのない深い傷を刻み込んだ。ゼロにイレギュラーとは何なのかという疑問を背負わせ、ゼロは自分の戦いに悩み苦しむようになる。

ボスとしてのアイリス

覚悟


ライドアーマーを頭部まで覆ったような巨大アーマーを装着してゼロに襲い掛かる。
アーマーに攻撃してもダメージが通らず、オプションをばら撒く。
ある程度攻撃するとクリスタルを射出し、このクリスタルに攻撃してようやくダメージが与えられるが、今度はクリスタルをゼロの真下に設置、アーマーとクリスタル両方からのビームで攻撃してくる。

戦闘開始直前の台詞

「行きます・・・!」
「兄さん、私を守って・・・!」
「ごめんなさい、ゼロ・・・!」

決定的な違い

アイリスは、自らの元となった「伝説のロボット」と同じく平和を愛している心優しい性格ではあった。彼女が望む「平和な世界」とは、カーネルが思い描いていたのと同じく、「レプリロイドだけの世界」であった。
「『伝説のロボット』は人間とロボットが共存出来る世界を信じていた」のに対し、アイリスの場合は「レプリロイドが人間と共存出来るとは信じていなかった」のが伺われ、「平和を望む」という共通点はあったが、目指す理想に関しては違いがあった。

結局の所、「レプリロイドだけの世界は幻だ」と評していたゼロとは、互いに気付いていなかった価値観の違いがあり、これがアイリスの暴走や死を招いてしまったとも言えなくも無い。

漫画版

岩本佳浩による漫画版「ロックマンX4」では独自の展開が多く、アイリスの立場や状況もかなり変わっている。
人物像も多少変化しており、ゲームとは違い「レプリロイドだけの世界」に対する拘りはなく、ただ皆で笑い合える平和な世界を愛する心を持ちながらも、確かな信念と行動力で何度もゼロを助ける献身的な女性として描かれている。

漫画版の展開

アイリス


イレギオンに襲われた所をゼロに助けられるところはゲームと同じだが、その間ずっと気を失っていたためゼロと会話するシーンはない。

レプリフォースの反乱後、ゼロは戦友であるカーネルとの決着をつけるべくイレギュラーハンターを離脱し、イレギュラー認定される。
カーネルの居場所を力ずくでも聞き出すべくレプリフォースと接触を図るも、待ち構えていた自衛団の一斉射撃を受け、レプリフォース共々海の底に沈んだ。

瀕死のゼロを助け出したのは、アイリスの所属する部隊であった。
アイリスの部隊はレプリフォースに所属していながら、敵味方の関係なく救助活動を続けていた。
それはカーネルの指示ではなく、アイリス自身の意思によるものであり「目の前で苦しんでいる人に敵も味方も無い」とアイリスは語る。
兄の誇りとゼロの信念の両方を否定できないアイリスは、改めてゼロに闘う理由を問いかける。

その後、ゼロとカーネルの直接対決をアイリスは身を挺して阻止した。
アイリスを送り届け、再び修理を受けたゼロは借りを返すためにアイリスに協力する。
しかしサイバースペースにダイブしたゼロを助ける為に、アイリスの体はバグに犯されてしまう。

ゼロはアイリスを救うために命懸けでワクチンデータを奪取するが、そこに妹を救うために軍規を曲げてワクチンデータを持ってきたカーネルとかち合ってしまう。
戦いの最中、カーネルの右腕が切断されると同時にアイリスの右腕が錆付き、二人が一心同体であることが明かされる。
ゼロは悩みながらもカーネルを撃破。アイリスはその瞬間を見届ける破目になってしまう。

アイリスの中で何かが失われ、足りない何かを求めて兄の残骸に寄り添うアイリス。
次の瞬間、二人は光に包まれ、暴走した力によって形成された巨大アーマーにアイリスは取り込まれてしまう。
無差別に仲間を襲う巨大アーマーにゼロは一人で立ち向かう。

生まれて初めて他人のために、アイリス一人の為だけに闘うことを決意したゼロは、猛攻を掻い潜って巨大アーマーからアイリスを引きずり出して救出した。
助け出されたアイリスは、兄を失い仲間を傷つけた自分が、ゼロと二人で居られるこの瞬間を喜んでいることを恥じながら、ゼロに強く抱きしめるように願う。
ゼロはその願いに答え、アイリスはそのままゼロの手の中で息絶えた。

プロジェクトクロスゾーン

時系列としては死亡後であり、第29話「負けない、愛」で、.hackスケィスの力によって、データ上の存在としてThe Worldのマク・アヌに現れる。
ゼロに再びレプリロイドだけの世界を創造する事を呼び掛け、自身の登場と合わせてゼロは動揺し、動けなくなってしまう。この時、一定ターン数以内に動けなくなったゼロを救援するか、VAVAを倒せなかった場合、ゲームオーバーになってしまう。

動けるようになった後、ゼロは「自分の望みはアイリスや自分たちのような思いをする者がいない世界を作ること、そしてそれはレプリロイドだけの世界ではない」として、アイリスの言葉を拒否。
それを見届けたアウラに、「ここにいてはいけない」と諭される。最期はゼロに「わかってた……。私はここにいては……ゼロに会ってはいけなかったこと。でも、うれしかった。ゼロ……あなたは、あなたのままでいて。決して負けない、あなたのままで。大丈夫。ゼロは、運命に逆らえる強さを……持っているんだから。さよなら、ゼロ……。伝えられて……よかった。」と励ましの言葉を遺して消滅した。

ロックマンエグゼのアイリス

ロックマンエグゼ6に登場する。担当声優は仙台エリ

人物像
蝶型の髪飾りが特徴的な無口な少女。どこからともなく不意に現れる。
カーネルから抜き出されたデータを核に組み上げられたネットナビであり、兵器制御用。電脳獣をもコントロールするほどのスペックがワイリーの野望の鍵となった。
熱斗のクラスの魚達を見て、ナビを「魚」、人間社会を「陸」、インターネットを「海」とし、自分を含めたナビがコピーボットを使いインターネットから出て人間社会で活動するのは間違っていると考えていた(鰭が足に進化したオオサンショウウオの祖先も存在し、イクチオステガも肋骨の力で重力に耐え地球最初の陸生動物となったのだが)。
カーネルと融合して元のカーネルに戻り圧倒的な力を発揮する事が出来るのだが、融合すると同時に自爆する様ワイリーに仕組まれていた。最期は自分の意志でカーネルと融合し、自爆することで電脳獣を消し去った。
熱斗に対し好意を抱いていたが、最後まで口に出すことは無かった。
その後、ネットワークのリカバリーシステムとして彼女の名を冠したプログラムが製作されている。

さよなら,アイリス



アニメ版のアイリス(ロックマンエグゼ)
アメロッパの軍事工場で炎山が出会った少女。こちらの現実世界の住人ではなく、ビヨンダードの光正がカーネルの感情データを人間化したナビ。移動型コピーロイドで行き来する。仮面をまとったナビの姿は仮の姿である。
ナビなので食事を必要としない。熱斗達のクラスに1日だけ転校してきた。

関連イラスト

アイリスアイリス
Wアイリス


無題
EXEアイリス



関連タグ

ロックマンX ロックマンエグゼ プロジェクトクロスゾーン ゼロアイ

pixivに投稿された作品 pixivで「アイリス(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306049

コメント