ピクシブ百科事典

アッー!

あっー

後述するように、通常の日本語文法および音読では「アーッ!」が正しいのだが、この語に限っては「アッー」と表記する。
目次[非表示]

概要

主に掲示板などでゲイボーイズラブなど男性の同性愛を取り扱うまたは連想させる書き込みや画像の貼り付けがあったときに使われる。類義語に山川純一の「ウホッ!」がある。
「アッー!」という単語も含め、ホモやゲイを取り扱うネタが不快に受け止められる、逆にゲイの閲覧者にタグの存在が不快に受け止められることも多いので、使用にあたっては配慮が必要だ。

由来

2002年にプロ野球および大学野球で起きた、あるスキャンダルが元ネタ。

伝統ある東京六大学リーグで活躍する立教大学のエース投手・多田野数人は、プロ野球チームの横浜ベイスターズからのドラフト1位指名も予想される将来を嘱望されていた大学生だったが、2002年の夏ごろからネット掲示板や週刊誌で「ゲイビデオに多田野そっくりの男が野球部の後輩たちと出演している」との噂が流れ、立教大学野球部の監督が事実を認めた(その後、多田野選手は「金銭目的の出演」であり、「彼自身はゲイではない」と弁明した※) 。
そのゲイビデオは、作品内容の過激さや独特なセリフやパッケージ紹介文、さらに多田野数人選手が出演していた事実が発覚したことも相まって、ネット上の一部で流行し始めた。

問題の語はネット掲示板で多田野数人選手の絶妙な喘ぎ声を文字に起こす過程で生まれた。「アッ」と発声した後息を溜める所作を表現したものと思われるが、「ッ」の後に「ー」が続くという発声の不可能性からネットミームとしてウケ、やがて同性愛関係で「ア」のつく発声を表記する際に多用されるようになった。

なお監督が発した言葉を週刊誌がタイプミスした(「アーッ!」もしくは「アッ!」を「アッー!」と間違えた)ことが起源であるとする説が10年近く信じられていたが、2012年末になって再確認された該当記事(『週刊現代』2002年10月28日号 pp.210-213)には「アッ」「アーッ!」としか書かれていなかったことが発覚。やっぱりホモは嘘つきじゃないか(激怒)

※…とはいえ2年後の2004年、プロ野球界を揺るがした裏金提供問題の発覚により、有望な大学・社会人選手アマチュア時代からの「栄養費」なる名目で有望なドラフト候補生たちは誰もプロ球団からの裏金を受け取ってリッチな学生生活が送れていたことが濃厚なので、ドラフト1位候補の多田野が「カネに困って」という言い訳はゲフンゲフン

発音

文法上発音することは不可能だが、声に出して朗読する際は「アーッ!」で代用することが多く、この単語を面白がる人達は多田野選手のみ発音ができる、とすることがある。

英語ではその使われ方から"aargh!"[ɑːr]という発音が一番近いと思われる。

関連事項

レスリングシリーズ

名シーン


アメリカのゲイビデオから端を発す「レスリングシリーズ」においても兄貴ことビリー・へリントン木吉カズヤ戦にてナウい息子に攻撃を受けた際にこのセリフを発している。この動画の6:35あたりで確認可能。

フタエノキワミ、アッー!

キワミ


明治時代を舞台とする漫画・アニメ「るろうに剣心」の登場人物、相楽左之助が戦闘シーンにおいて、「二重の極み!てやぁああ!!!」と叫ぶシーンがある。それが英語吹き替え版において「フタエノキワミ、アッー!」と聞こえる。作品はゲイなどと関連無しだが、叫ぶ所が「アッー!」そのもので、空耳ジャンルに含まれる。

pixiv上での使用法

TDN誕生日オメシャス!



元ネタに準拠な絵にももちろん付けられるが、

鉄骨テクニック



ホモ繋がりでくそみそテクニックを題材にしている絵に付けられる事の方が多い。
(セットで覚えている人も多いが、くそみそテクニックには「アッー」というセリフは無い。他の山純作品に「あおおーっ!!」というセリフがある程度)

また、ホモに限らずただ単に後ろに何かを入れている、もしくは入れられそうなシチュエーションであれば、例えそれが女性同士であろうと使われる場合があるようだ。

絶望と虚無の果てに



上記とは無関係に、ただ「大変な失敗をやらかした」シーンに対するリアクションとしても用いられたりするらしい。

関連タグ

DB TDN TNOK 真夏の夜の淫夢 アッーニメ
表記揺れ:アッー! アッー アッー アッー! アッー!!

pixivに投稿された作品 pixivで「アッー!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3938016

コメント