ピクシブ百科事典

アライグマ(けものフレンズ)

あらいぐま

『けものフレンズ』に登場するフレンズの一人なのだ。
目次[非表示]

概要

ネコ目アライグマ科アライグマ属アライグマフレンズ
一人称(および愛称)は「アライさん」。
各メディアによって設定は若干異なるものの、
・語尾に「~のだ/~なのだ」と付けて喋る
フェネックと連れ添って行動する(→ばすてきコンビ
点は共通している。

なお、その自称から間違っても某野球選手と混同してはならない。

アプリ版

CV:大空直美

ステータス画面の本人の発言において、アライグマの川で物を洗うような仕草は実は「川を探っている」ことが説明され、自身の手の感覚を頼りにお宝を探し当てようとする冒険家(野心家?)精神溢れるキャラクターとなっている。

ストーリー第2章からフェネックと共に登場。
サーバルそっくりのセルリアンセーバル」の存在を知った主人公一行は、彼女の分析結果を管理センターに送り、その後センターから“フレンズ型のセルリアン”の捕獲依頼がパーク内に発信される。

アライさんはその発信された依頼を察知し「とうとうアライさんの時代がやって来るのだっ!」と欣喜雀躍し、自らそのセルリアンを捕獲せしめんと名乗りを上げる。目撃者からターゲットの情報を集め、「大きな耳」「ネコ科」など徐々にその全貌に近付くが、その最中に肝心の「セルリアン」と言う情報が抜け落ちてしまい、結果的に本物のサーバルを追いかけ回すことになる(フェネックは気付いていたが、勘違いする彼女が可愛いから黙って見守っていた)。

以降、主人公一行のゆく先々でたびたび登場して立ちはだかるが、何かと間抜けな失敗をして対戦することもなく退場するという流れが定着化し、作中のコメディリリーフを担うことになる。カラカルからは「流しの芸人」呼ばわりされてしまった。

しかし、その度量の大きさは他のフレンズを感心させるものがあり、物語中盤で誤解が解けた際には、サーバルたちを襲うセルリアンの軍団を引き受け彼女たちを逃がしている。
終盤では、森林公園の巨大セルリアンの討伐を請負い、その中で、態度に出さずとも不安を感じるフェネックの内情を理解するとともに「どんな大変なことになったって、アライさんが絶対に全部まるごとなんとかしてやるのだ」と力強く説き伏せる。その言葉にはフェネックも感じ入り「かなわないなー」と呟いている。

ギャグ世界の住人とメタ発言される通り、セルリアンの攻撃で空高く吹っ飛ばされたり、(フェネックに言いくるめられて)彼女を背負いながら泳いだせいで溺れたりなど、割とシャレにならない退場の仕方をしているにも関わらず、次のシーンにはほぼ無傷で生還するなど心身ともに逞しい存在。巨大セルリアンとの戦いではこうした体質が顕著に活かされ、単身による捨て身のタックルでセルリアンをアスレチックから追い出した。

また、酔っ払うと笑い上戸ならぬ「洗い上戸」になるらしく、酔っ払う効能の温泉に入った際には最終的にフェネックの制止も聞かず彼女の「そんなところ」まで洗い始めてしまった。

アニメ版

CV:小野早稀

第1話のCパートからやはりフェネックとともに登場し、以降も各話にて彼女たちのパートが挿入されている。

性格はアプリ版とほぼ同じで、経緯は不明だがかばんの被っている帽子を捜索しており、自身の嗅覚とフレンズからの目撃情報を頼りに、かばんこと「帽子泥棒」たちの通った道を辿るように行方を追っている。マイペースなフェネックとは対称的に「これ以上逃げられたら、パークの危機なのだー!」とかなり焦っており、そのせいか(若しくは元々の気質か)とてもせっかちで他人の話をよく聞かない節があり、勘違いから余計な遠回りをしてしまうこともしばしば。また行く先々で、かばんが出会ったフレンズから彼女たちの話を聞かされるが、どうやら自身の追う帽子泥棒(仮)とかばんが同一人物であるとは気付いていないらしく、頻繁に名前を耳にし、尚且つ各所でフレンズの手助けをしている(時には自身も危機を救われている)「かばんさん」を尊敬するようになる。

こうした抜けた面が目立つ一方で、かばん一行のようなバスなどの移動手段を用いずに長い道のりと艱難辛苦を経て(最終的に)彼女たちに追いつくというその根性は凄まじく、コノハ博士からも辛辣な言葉を用いられつつ率直に評価されている。その評価もあって、後日とある一件を任されることになる

また、その帽子があるとラッキービーストと会話が出来ることや、そのときに聞かされた「フレンズにとって大事なもの(≒お宝と解釈?)」の存在についてなど、本作におけるいくつかの謎について知っている節があり、各話でその経緯が徐々に明かされる。更には、かばんの帽子に付いた「青い羽根」によく似た「赤い羽根」を所有していることも明らかになった。

因みに彼女とフェネック、そしてサーバルの三名は「どうぶつビスケッツ」というユニット名で本作のOPテーマ『ようこそジャパリパークへ』を歌っている。

コミック版


関連イラスト

アライさんに、お任せなのだー!
あら^~いさん



関連タグ

けものフレンズ フレンズ(けものフレンズ)
アライグマ なのだ
25番というフレンズ

コンビ・カップリングタグ

ばすてきコンビフェネアラアラフェネ
……フェネックと。
どうぶつビスケッツ
……フェネック、サーバルと。

表記ゆれ

アライさん アライさん(けものフレンズ)

アニメ版でのネタバレ























かばんたちが長らく「ろっじ」に滞在していたこともあってか、第11話にてようやく二人に追いつき、サンドスターのある火山の山頂に辿り着いたかばんを背後から襲撃して帽子を強奪する(同時に、所持していた羽根飾りを帽子に付け直した)。

かばんのことを泥棒と信じて疑わないアライさんと、かばんが泥棒ではないと主張するサーバルは口論を始めるが、その様子を傍観していたフェネックは、かばんと帽子泥棒(仮)が同一人物であることを察する。そして、これまで彼女に助けられたフレンズの話とアライさんの日頃早とちりする癖を鑑みて、「かばんさんがそんなこと(泥棒)をするわけがない」と結論付けてアライさんを諭した。アライさんも反論の余地なく、渋々ながらもかばんに帽子を返却すると共に突然の非礼を謝罪し、両者は和解した。

その後すぐにラッキービーストの記録が再生され、結果的に当初の目的だった「お宝(四神)」の位置を知ることが出来、同時にかばんに対する誤解も払拭される。以降は麓に現れた巨大セルリアンの肥大化を止めるべく4人で協力して四神を立て直し、火口から発生するサンドスター・ローのフィルターを復活させる。その後は下山してセルリアンハンターたちと合流し、セルリアンを倒すための一大作戦に参加する。様々なプランを考案するかばんに感心し、「流石はかばんさん!」と度々賞賛している。

事件解決後に明かされた事実によれば、実はかばんがフレンズ化した現場に立ち会っていたことが発覚(本人は気付かなかったが)。パークガイドの帽子を発見したアライさんは、その羽根飾りにより再生されるラッキービーストの話(記録)を聴いていたが、その最中に起こった火山の噴火で帽子が飛ばされ、拾おうとした矢先にサンドスターの欠片が帽子に命中。帽子に付着していた髪の毛からかばんが誕生したが、アライさんは驚いた拍子に崖から転落してしまった。
結果、アライさんは帽子とともに姿を消したかばんを「パークの貴重な宝を狙う帽子泥棒」と思い込んでしまったのだった。

なお、元々の帽子の持ち主は、ラッキービーストの声の主でもあるミライである可能性が濃厚である(最後の記録の中で、彼女の帽子が風にさらわれてしまう場面がある)。

pixivに投稿された作品 pixivで「アライグマ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7576666

コメント