ピクシブ百科事典

インドラ

いんどら

インドラ(Indra)はインド神話に登場する神。
目次[非表示]

概要

仏教においては釈迦提桓因陀羅(Sakra-devanam-Indra)と音訳され、帝釈天と訳されて信仰される。

インドラは初期のヒンドゥー教において最も重要視された神で、「リグ・ヴェーダ」では彼に捧げられた讃歌が全体の四分の一をしめる。
その神性は英雄神、軍神、降雨や嵐を司る雷神で、初期ヴェーダでは雷神としての性格が顕著である。
インドラは茶褐色の頭髪と髭を持ち、暴風の化身マルト神群を従えて二頭立ての戦車に乗って空を駆ける。メール山の頂上、インドラ天に住み、彼は神酒ソーマを痛飲し、ヴァジュラ(金剛杵、雷霆)を投じて悪魔を退治し人々を守る。
彼が退治した悪魔は数多くアヒ、ヴァラ、ヴリトラ、ダーナヴァ、トリシラス、ナムチ、パーカなどの名が挙げられる。特にヴリトラとの戦いは、アーリヤ人と異民族の戦闘、混沌を打ち破る天地開闢神話、そして旱魃・冬の化身たるヴリトラが雷雨・太陽を象徴するインドラによって倒されることで乾いた大地に水をもたらす繰り返される自然現象など、様々な意味を持つという。
またインドラの勇敢で道徳にこだわらない性格と物質的な恩恵をもたらす姿は、アスラの長たる司法と道徳の厳格な神ヴァルナと対比される。
インドラは所有・関連物の言及も多く、妃はインドラーニー(シャチー)、都はアマラーヴァティー、乗騎の象はアイラーヴァタ、馬はウッチャイヒシュラヴァ、弓はシャクラダヌス、剣はパランジャと呼ばれる。
上記のようにインドラは敵を撃破し、信仰者に慈悲を与える寛大な神として描かれる一方で、他神の持ち物を壊し暴飲暴食を行う粗暴な性格ともされる。そして後代になるにつれその地位は下落し、悪魔や聖仙(リシ)に怯え打ち倒される弱々しい存在にされ、人妻に夜這をかけようとして追い返される話や聖仙に呪われて睾丸を取られ千の女性器(後に千の目になる)を全身に作られるという情けない話まである。
後代の神話においても名目上は神々の有力者ではあるのだが、『ラーマーヤナ』では羅刹ラーヴァナの子供メーガナーダに倒され、『バーガヴァタ・プラーナ』では少年時代のクリシュナに神通力比べで敗北する。
ストーリーの盛り上げ役、他の神の引き立て役といったところである。

インドラの起源は古く、インド・イラン語族の神話にまで遡るとされる。ゾロアスター教では早い段階でダエーワ(悪魔)に列されるが、BC14中頃のミタニ・ヒッタイト条約文の中に“Indar,Indara”の名で記されることから広い範囲に名が知られた神だと言われる。

仏教では十二天の随一として東方守護の役目を担い、須弥山(メール山)のトウ利天にある喜見城に住むという。
また、仏教の悪の化身であるご立派様ことマーラの戦車を引く怪物はアイラーヴァタと同じ存在であるギリメカラであり、後代の下落した部分がマーラという怪物として表現された可能性がある。
また、観音菩薩の変化身のひとつである「千手観音(千手千眼観世音菩薩)」には、その成り立ちにインドの強力な神の要素が数体か扱われており、その神の中にインドラが含まれているという。

NARUTOのインドラ

大筒木インドラ

神羅万象のインドラ

竜飛将インドラ

デジタルデビルサーガのインドラ

主要キャラクターの一人、ロアルドが変身する悪魔
茶褐色を基調とした屈強な体躯に左手両足に二枚ずつの円盤、そして右手に巨大なヴァジュラを備える攻撃的な姿で、他のキャラクターが牙を剥き出しにしているのに対して口をカバーが覆っているなど際立って異彩を放つデザインである。
戦闘では、通常は左手の円盤を回転させつつの殴打、クリティカル攻撃や物理スキルの際に右手のヴァジュラを用いて刺突・斬撃を繰り出す。
ヴァジュラの前後に備わる槍状の刃はある程度伸縮し、何度も伸縮させて連続で穂先を相手に撃ち込む、身を捻る動作と連動させて伸長時の勢いを相手に叩きこむという戦闘スタイルも取る。さらにヴァジュラを掲げて魔法を使用し、水平に構えて防御も行う。
また針系物理スキル使用時に、左手を顔の前に挙げて拝むという変わったモーションも用いる
なおインドラの身体の各所には藍色の菱形模様が無数に刻まれているが、千の目を表しているのか呪いで生じたアレを表しているのかは謎のままである。

神話の雷神としての性格を反映して電撃属性の魔法に長け、パラメータの成長傾向は力・体のパラメータの上昇率が高い(ヒートと一緒)

Ash-ra



関連タグ

インド神話 DDSAT 雷神 アルジュナ(マントラの力で授けた息子)
アンダル(ゾロアスター教におけるインドラ)

pixivに投稿された作品 pixivで「インドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389070

コメント