ピクシブ百科事典

ガルカーサ

まりゅうのけいしょうしゃ

『焔帝』とは、炎の皇帝という意味だそうだ。
目次[非表示]

プロフィール

年齢17歳→20歳
身長174cm→176cmぐらい
一人称
クラスDragon Knight→Dragoon→Bronga Knight
使用カードジェノサイド

CVは三浦祥朗(ユグドラ・ユニオン、ユグドラ・ユニゾン)、鳥海浩輔(ブレイズ・ユニオン)

※クラス以外の左側は『ブレイズ・ユニオン』での設定

概要

焔帝


新生ブロンキア帝国の若き皇帝にして、「焔帝」の異名を持つ武人。
倒すべき強大な敵。ユグドラにとって父オルディーンの仇。
ブロンキア帝国の皇帝は代々魔竜ブロンガの血を受け継ぐものが務めていた。しかしその血は年月と共に薄くなってゆき、先代皇帝の時代までは忌み子として扱われていた。
そのため、何百年に一人の魔竜の血を濃く受け継ぐ者として生まれたガルカーサは幼い頃から虐待を受けてきたのである。

『ユグドラ・ユニオン』の三年前に民を苦しめる先代皇帝と戦い、革命の中で大きな犠牲を払うも自身の魔竜の力を覚醒させたことにより此れを打ち破った。
その後も亡き幼馴染に誓った想いを叶えるべく、一つの国ではなく世界全体を変えるためにブロンガ一族の力による統一戦争を始め、他国からしてみれば脅威以外の何者でもないが、先帝の悪政、またガルカーサの圧倒的な武力もあってか国民からは慕われている。

直属の部下に「五頭竜将」と呼ばれる5人がおり、そのうちの一人「緋雪姫エミリオ」はガルカーサの異母妹にあたる。残り4人の部下、「魔剣士」ラッセル、「黒騎士」レオン、「預言者」ネシア、「軍神」バルドゥスに加え、ジルヴァの暗殺部隊、親衛隊の皇騎兵インペリアルナイツや「神出鬼没の戦乙女」の異名を持つ親衛隊隊長アイギナ。砲兵に宮廷魔術師ユーディなど多くの人材を抱えている。

尋常ではなく高いステータス、全ての武器に対して優勢となる鎌装備、敵ユニットどころか水辺まで走破して死神のように追いかけてくる姿はトラウマでしかない。

専用スキル「ジェノサイド」は自分の兵士達の命を犠牲に爆発的にステータスを上昇させると同時に相手のスキルを破壊するというものであり、一発で形勢逆転を許してしまう。
ただし唯一のハンデとして、一人(ヘッドのみ)で発動するとまれに自滅する事がある。
これはストーリー上に意味深なハンデでもあり、このジェノサイドの反動を理解しているか否かは戦況を大きく左右することになる。

たとえ腐った食料でも容赦なく口にする恐るべき精神力の持ち主だが、さすがに後悔せずにはいられない時もあるようだ。

後に発売された『ブレイズ・ユニオン』ではいかにして彼が誕生したかが描かれている。

容姿

とても長く真っ赤な髪に金色の瞳。
髪の長さといえば、後ろが踵位までで、サイドが腰位まで伸びている。長い
自分と同じ年齢、年上の男子キャラよりも少し大人びた顔立ち。

身体を包む暗紅色と金色の甲冑が少し大きめで、ガルカーサ自身と1マップだけ登場する影武者を並んで見れば、本物の鎧のサイズが合わない。
それでも鮮麗な勇姿。

戦場で赤いドラゴンに乗り、鎌を振りかざす。


これからは『ブレイズ・ユニオン』のネタバレが含まれているため、苦手な方々はご注意ください。






『ブレイズ・ユニオン』におけるガルカーサ

ブレイズガーロット


Aルート(正史ルート)の中盤において彼が主人公のガーロットそのもので、「ガーロット」は仮の名であると明かされている。「この世の理不尽を焼き尽くす!」と、この頃から熱い性格をしていた。

幼い頃のガルカーサが父親に虐待されていた実際の理由は、母親のベアトリーヌが息子の魔竜の力を封印しガルカーサの名前を「ガーロット」と変え、いつか完全な封印が出来るようにとロスト・アリエスへと旅立ったため。当時物心をついていないくらい幼かったガーロットは、元の名前や母親のことの記憶がなく、父親は妻を失ったのは息子のせいだと思い込み虐待を始めたらしい。

過去に受けた虐待や現在目の当たりにする世界の理不尽などの、ガーロットの心に積もったストレスは母親がかけた封印を少しずつ蝕んでいった。
そこに、ヴェルマンの裏切り・心の支えであった幼馴染シスキアの死という強いトラウマが加わったことで封印が一時的に解けてしまい、魔竜の力を呼び起こしてしまう。
頼れるもの全てを失ったガーロットはネシアの提案にすがり魔竜の力を道標とし、封印を完全に解きその力によってシスキアの望んだ世界を作ろうと決意する。
例えそのために母親に矛を向けることになろうとも、躊躇うことさえ怖がるガーロットは迷いを否定し突き進む。そして、皮肉とも言える母の遺言を受けながら新たな道を歩み始めるのであった。

真の名を得て魔竜の継承者となったガルカーサは、獅子奮迅の活躍で皇帝を討ち、革命を成し遂げる。
口調や考え方がやや冷徹になり、更なる力を得る為に「人間でなくなる覚悟」を求められてもいたが、
ジェノサイドの儀式で兵を生贄に使う事を拒んだり、謀反を起こした仲間を処罰なしで見逃したりと、人情は捨てきれていないようである。


「力なき者に罪はない!」と相変わらず熱く語っているも、大切な人を失った悲劇については自分の無力の責任とし、より必死に強くあろうと足掻いている。言わば、前にも存在した理想の歪みは消えずただ悪化している。

かくしてかつて平和を願った純粋な少年の想いはやがて劫火となり、煉獄の炎となって世界を焼き尽くすのだった。

容姿

20歳の時とは殆ど同じだが、こちらは髪が少し短く、後ろは膝位までで、サイドは肩位まで。
前髪も少しだけ短め。

前作でも既に描くのは無理ゲーレベルだった甲冑は、光崎氏によってさらに細かくデザインリフレッシュされている。もう勘弁してください。
主な違いとして、黒い模様が追加されたり肩あてのトゲがやや垂れたり数が減ったりしている。甲冑の下の衣装も白から黒に変化されている。

プレイヤー側の評判

生き残りの幼馴染であるジェノン曰く「元の彼とは別人みたい」だが、
ニコニコ動画にあるファンのコメントによると「実は本人は優しいが、ただ行動は敵側に理不尽な不幸をまき散らし続ける」。
そしてキャラとしての裏設定を知っていた初代の中の人からの評判は「物凄く…人間的に実はちょっといい人なんじゃないかな」(公式サイトの声優コメントから)。
「今も相変わらず天使だ」から「どうしてああなった」まで、プレイヤーの解読や意見は様々な模様。

ちなみに

『ユグドラ・ユニオン』の終盤で本人曰く「世界をブロンガ一族の手に取り戻す」ことが野望だそうだが、
『ユグドラ・ユニゾン』では大陸世界統一を完了してから最初からの理想であった「理不尽のない世界」を無事に築く。
『ユグドラ・ユニオン』でそう言ったのは、元の理想が時間の流れや受けた酷いトラウマによって歪んでしまったか、
それとも三年前のシスキアの件に続き、王国との戦争で次々と仲間を失っていった絶望に砕かれた心が魔竜の血に支配されたか、
という二つの説が存在する。

備考

  • 戦いの結末

結果的にガルカーサは革命時代から戦ってきた仲間達を全て失い、自身も志半ばで倒れることになるのだが、義賊団を率いて革命時代から抱き続けてきた平和への想いは、やがて単なる王国のお嬢様でしかなかったはずのユグドラによって受け継がれ、絶対的な聖剣の力による武力によって世界を支配してきた王国は聖剣を手放し、世界は新たな時代を迎えることになる。

  • 『ユグドラ・ユニゾン』においてはよく「天然」と言われている。
新生ブロンキア帝国のオーディオドラマでは、絶望に暴走するルシエナの前に立ってしまった(状況がまったく理解できていない)ガルカーサが、たった一言で彼女を優しく慰めパタリと一件落着になる話がある。ガルカーサ陛下マジ天使(魔竜だけれども)。
無謀な行動をするばかりというところで確かに別の意味で天然だが、なんらかの恐ろしい力を持つのが確かな事実である。

ちなみにこのドラマは『ブレイズ・ユニオン』が発売された前に出たので、これこそがファンの皆にとっては初めての、武人として振る舞っていない時のガルカーサの人柄を見る機会であった。

  • 天然ネタを続けて、『ユグドラ・ユニゾン』と『ブレイズ・ユニオン』には、TO EAT系なアイテム台詞・装備条件も少々可笑しい。
『ブレイズ・ユニオン』時代で腐ったドゼウでも平気に食べられるガルカーサだが、芽生えたプロテイモとスイートベリーを食べる時だけには後悔せずにはいられないようだ。

更に、ドラゴンステーキと牛乳系アイテムに関しては、
17歳のガルカーサにとってドラゴンステーキはOKな一方牛乳嫌いなせいで牛乳ミルクとチーズは装備すらできないが、
20歳のガルカーサにとってドラゴンステーキはNGだがむしろ牛乳系アイテムが好物になっている。
成長の証とも言えるだろうが、そのドラゴンステーキの件についてどういうことだろう…。

なお、『ユグドラ・ユニゾン』においてなぜか胃は丈夫ではなくなっているため、もう腐ったドゼウを装備できない。その原因はお察しください。
…陛下、もっとお体を大事にしましょうよ。

  • 赤いもの全般が大好き。例え(食事時の台詞によると)大嫌いな苺でも、士気回復でガルカーサにあげると嬉しくもありがたく受け取ってくれる。

  • 『ブレイズ』で読解力がなかったが、『ユニゾン』では字を読めるようになっている。

  • 『ユニゾン』で「聖書」というアイテムをあげてみると、信仰心があるという意外(?)な一面を見ることができる。

  • 初めて登場したゲームは伊藤真一氏の1996年に作ったものの、ガルカーサとそこで一緒に登場したネシアはD.H.E.年長組となっている。
ちなみにこれは伊藤氏がSTING会社に加入した二年前で、そのゲームは『ユグドラ・ユニオン』のβバージョン的なものであった。詳しくは『Dept. Heaven Episodes World Guidance』公式設定資料集本に。

閣下のお言葉

  • 純粋な力こそ法となるのだ!
  • 力なき者に罪はない!
  • あらがってみせろ!
  • 征戦の続きを始めるとしよう。
  • 紅蓮の狂炎よ、我の血潮となれ!
  • 例え1人になろうと俺は…!
  • 戦って戦って、戦い抜いてやる! そしてその先に、必ず新しい世界を作ってやる!!
  • 強き者が王となる…それが帝国の教えだ……。新たな王よ…見事であった…ぞ……。


最後まで生意気な小娘だ……
我々は永遠に相容れることは無い存在だ…
しかし、我々の意思を打ち砕いたその想いとやらを…
我々は……
忘れることは…無いだろう……


関連イラスト

戦場にて
ガルカーサ


決戦!ブロンキア城
ガルカーサ


FeralPhoenixさんへ
しりとり29→ガルカーサ


覇王対決
ガルさん



関連タグ

ユグドラ・ユニオン ブレイズ・ユニオン ユグドラ・ユニゾン

ネシア エミリオ
アイギナ ルシエナ レオン
バルドゥス ジルヴァ ユーディ
モニカ カナン

ガーロット シスキア ジェノン メデューテ
ミゼル バイフー スレイプ イータ

CPタグ
ガルネシ

他の記事言語

Gulcasa

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルカーサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43104

コメント