ピクシブ百科事典

サガット

さがっと

サガット(Sagat)とは、カプコンの2D対戦型格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズなどに登場するキャラクター。
目次[非表示]
タイガークラッシュスーパーキャンセルタイガーアッパーカット




プロフィール

ストZERO『スト1』スト2』以降
出身地  タイ --
誕生日  1955年7月2日 --
身長  226cm 235cm 226cm
体重   109kg  119kg 78kg
スリーサイズ B:140 / W:87 / H:95 不明 B:130 / W:86 / H:95
血液型  B型 --
好きな物 強い対戦相手 --
嫌いな物 昇龍拳、姑息なやつ   --
特技 20分以上の潜水  --
格闘スタイル ムエタイ   --
所属シャドルー四天王(『ストZERO3』まで)   --


概要

ストリートファイターシリーズの初代ボスキャラ
その蹴りに比肩する威力を持つ技は存在しないとまで言われた男。

かつてリュウに敗北を喫し、胸の傷は昇龍拳によって刻みまれた。
スト2のプロフィールでは身長226cmだが、体重78kgという不思議

これだけだとどこがおかしいのかわかりづらいため、実在の人物を参考にしてみよう。
巨体と言えばジャイアント馬場が居り、一見するとやせ形に見えるが
そんな彼も公式では身長209cmに対し体重135kgもある。
つまりそういうことである。

さすがにおかしいと思われたのか、ZEROシリーズ以降(時系列的にはスト2より前だが)は109kgに修正されている。

ストリートファイター1より前の頃

眼帯で塞がれている目は失明している。これは若い頃に喧嘩で視力が低下したところを火引弾の父、火引強との戦いで完全に失明したことが原因。

ストリートファイター1の頃

リュウとの闘いで、リュウの起死回生の昇龍拳によって敗北し、胸に一生消えることのない傷痕をつけられた。
この敗北により、帝王の座から脱落した事により、地位も名誉も失う。傷が癒えると共にリュウに対する復讐心を燃やすようになる。

リュウに敗北後

ベガに強い相手と戦えると勧誘され、戦いと力を求めてシャドルーベガの用心棒、護衛役となる。(よく考えたらベガを殺しに来る位の奴らなんてかなり強い奴らだろうから、ベガの護衛をしてたら強い奴とどんどん戦えるのは当たり前だろうな・・・。)強くなる事でリュウを越える事を切望していた時期である。(ついでにシャドルーのベガがリュウを狙っていたので、シャドルーにいればその内にリュウに会えるのもある程度予想がつくしね・・・。)
最初は復讐のためにリュウとの戦いを渇望していたが、それが進むにつれて自身の格闘家としての姿勢を改善していく事となる、実はすごくいい人。
『ストZERO2』ではリュウとの再戦を経て自分なりの答えを見出し、タイガーブロウを超える技の会得のため一時的にシャドルーから離れ修行を開始する。
『ストZERO3』では復讐心から得られる力に限界を感じていた所に、ベガがリュウの力を野望の為に利用しようとしている様を見てベガに反逆。操られるリュウに喝を入れ、正気を取り戻させ再戦を誓い合って別れている。
『ストⅡ』シリーズEDでは帝王の座奪還と共に格闘家としての誇りも取り戻したらしく、リュウとの再戦を予感し更なる向上を決意する。

・・・と、この様に、回を重ねる毎にリュウとの関係はどんどん良好な方向に向っており、やがて唯一無二のライバルとして認識し純粋に彼との戦いを楽しむように変わっていった。
最近に至っては『漢の友情』以外の何物でもないものまで芽生えているフシがある。

シャドルー脱退

ストリートファイターⅡシリーズ以降はシャドルーを脱退した。
ストⅣ』のエンディングでは、闘いの勝ち負けが些細な事であるように感じ、『拳で語ること』そのものこそが自身の求めているものではないかと悟った。

そして『スト鉄』では、ダルシムと共に南極で行方不明になった子供たちを助けるべく共闘する。(他のシャドルーメンバーおよびジュリはパンドラの箱を独占しようと目論んでいた。)

人間関係

リュウ…中平正彦版の漫画では初代ストリートファイターの時にサガットがリュウを瀕死の状態にした際に、殺意の波動に目覚めたリュウに昇龍拳を放たれて、サガットは胸に傷を受け倒される。
ベガ…サガットはベガに勧誘されてシャドルーに入る。
火引弾かつて戦った格闘家。火引強の息子。彼から復讐心を抱かれている。
チットの兄…中平正彦作の漫画版で虎の密猟者のせいで虎に重傷を負わされていた所をサガットが救った。
チット…中平漫画作の漫画版で虎の密猟者に人質に囚われていた所をサガットが救った。チットの兄にリュウに嫁にやっても良いという様な発言されてチット本人も悪態はつきながらも満更ではない様子である。

代表的な技

必殺技
タイガーショット
グランドタイガーショット
タイガーアッパーカット
タイガークラッシュ

スーパーコンボ
タイガージェノサイド
タイガーレイド

ウルトラコンボ
タイガーディストラクション
タイガーキャノン

余談

シャドルー脱退

サガットはストリートファイターⅡシリーズ以降はシャドルーから抜けている。よってシャドルー四天王の内の一席が今は空いているのだが・・・。
誰がその席に座るのだろうか・・・。

ネタバレ注意




























ストリートファイターV』では、シャドルー基地の最深部とした遠景にシャドルー四天王の巨大な石像が置かれており、シャドルーの傘下に入ったアジア有数の麻薬組織『グーハウ』の幹部がその座に就いているが、当時彼が新たに四天王に加わる前はサガットの石像も置かれていた(詳しくはベガとあの新幹部のストーリーモードを参照)。

中平正彦版の兄妹キャラ

中平正彦の漫画版で登場した兄と妹のキャラ。妹の名前はチット。虎狩りの密猟者に虎を誘き出す餌として買われてきた。兄が虎に襲われて倒れている所をサガット(初代ストリートファイターでリュウに昇龍拳で倒され傷付き自暴自棄になっていた)がいる寺院に運ばれて来た。その事を知ったサガットは密猟者を撃退し、密猟者に餌にされる予定だった兄妹の妹を救い出した。
そしてサガットは自暴自棄から再起の切っ掛けを見出だした。その後に救われた兄妹は農家をしている。
そしてリュウと勝負した後に雨の中で腰かけるサガットに傘をさすチットの兄とチットのシーンからサガットの身の回りの世話をしている事を伺わせる。
ちなみにサガットは中平正彦作の漫画では三作全て皆勤。また再起の切っ掛けとなった幼い兄妹が公式に逆輸入されている。

登場作品

『ストリートファイター』
ストリートファイターⅡシリーズ
ストリートファイターZEROシリーズ
ストリートファイターⅣシリーズ
『ストリートファイターEX』シリーズ(EX2plus以降)
『CAPCOM VS. SNK』シリーズ
『SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ』全シリーズ
『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』

担当声優

  • 大塚明夫(ドラマCD『復讐の戦士』)
  • 笹岡繁蔵(アニメ映画版)
  • 銀河万丈(TVアニメ版)
  • 三木眞一郎(『ストリートファイターZERO』シリーズ、『CAPCOM VS. SNK』シリーズ)
  • Sakai Albright(『ストリートファイターEX』シリーズ)
  • 水津浩志(『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』)
  • 遠藤大輔(『ストリートファイターⅣ』シリーズ)


関連イラスト

今年で53歳
真・女神転生2 特殊ボス戦 (嘘)


VS
帝王の休日




関連タグ

ストリートファイター カプコン
シャドルー四天王
リュウ アドン ベガ ダン ダルシム

ジョー(ストリートファイター)
激(ストリートファイター)
李(ストリートファイター)
マイク(ストリートファイター)

pixivに投稿された作品 pixivで「サガット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1740090

コメント