ピクシブ百科事典

トム・リドル

とむりどる

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. トム・マールヴォロ・リドル。本項にて解説。
  2. トム・リドル・シニア。1.の父親。


作中では2人の人物が登場するが、ここでは1について扱う。

概要

演:クリスチャン・コールソン(第2作)、ヒーロー・ファインズ・ティフィン(第6作・11歳)、フランク・ディレイン(第6作・16歳)
吹き替え:石田彰(第2作)、小林翼(第6作・11歳)、福山潤(第6作・16歳)

トム・マールヴォロ・リドル(Tom Marvolo Riddle)は『ハリー・ポッターシリーズ』の登場人物である。

ハリー・ポッターが2年次(1993年)の50年前(1943年)、ホグワーツ魔法魔術学校スリザリン寮に所属していた男子生徒で、年齢は1943年時点で16歳。

初登場となる第2巻では、『リドルの日記』に宿る「記憶」の中の存在としてハリーの前に現れ、彼に50年前のホグワーツで起きた『秘密の部屋』事件の記憶を見せる。
そこでハリーは、当時の事件であるマグル生まれの女子生徒が「スリザリンの怪物」に襲われて死亡したこと、当時3年生だったルビウス・ハグリッドがリドルに犯人として告発され、退学処分を受けたことを知るが……。

以下ネタバレ注意















































「この名前は、ホグワーツ在学中にすでに使っていた。もちろん親しい友人にしか明かしていなかったが。」

「汚らわしいマグルの父親の名前を、僕がいつまでも使うと思うか?母方の血筋にサラザール・スリザリンその人の血が流れているこの僕が?汚らしい、俗なマグルの名前を、僕が生まれる前に、母が魔女だというだけで捨てたやつの名前を、僕がそのまま使うと思うか?」

「ハリー、ノーだ。僕は、自分の名前を自分で付けた。ある日必ずや、魔法界のすべてが口にすることを恐れる名前を。その日が来ることを僕は知っていた。僕が、世界一偉大な魔法使いになるその日が!」

その正体は、『秘密の部屋』事件の真犯人「サラザール・スリザリンの継承者」であり、ヴォルデモート卿の若かりし頃の姿である。
ファーストネームは父トム・リドル・シニア、ミドルネームは母方の祖父マールヴォロ・ゴーントに由来する。
しかし、幼少期から「トム」という「平凡な名前」が好きではなかったことに加え、後に自身の出生を知るとマグルの父親と同じ「トム・リドル」という名前を嫌悪し、"Tom Marvolo Riddle"を並べ替えて"I am Lord Voldemort"「私はヴォルデモート卿だ」と名乗るようになる(本人によれば、この名前は学生時代から密かに使い始めていたようである)。

母方の血筋であるゴーント家は、ホグワーツ創設者の一人サラザール・スリザリンの末裔である(本人は知らなかったが、実はペベレル三兄弟の次男カドマス・ペベレルの末裔でもある)。
純血主義である彼にとっては、マグルとの混血である自分の血統は強烈なコンプレックスになっている。

外見は父親似の美男子で、作中での容姿評価に厳しいハリーも「その気になれば魅力的になれた」と大いに認めるほどの公式美形である。
しかし、この当時でも激昂した時は現在のヴォルデモートと同様に瞳が赤く変色していた。

ホグワーツ在学時は優れた頭脳と才能の持ち主として知られ、恩師の一人アルバス・ダンブルドアに「ホグワーツ始まって以来の秀才」と評されるほどだった。
5年次(1942年)には監督生に、7年次(1944年)には首席に選ばれており、非常に謙虚で成績優秀な模範生として、当時の校長アーマンド・ディペットを含めた教師陣からの信頼も絶大だった。
しかし、この頃からその邪悪な本性を覗かせていた。ハリーがクィディッチや恋愛に興じているような年頃に、自身の目的(後述)のためとはいえ未成年ながら計画的に殺人さえ犯していたのである。

生い立ち

1926年12月31日、サラザール・スリザリンの末裔であるメローピー・ゴーントとマグルのトム・リドル・シニアとの間に、混血の魔法使いとして生まれる。
トムはリトル・ハングルトンの大地主リドル家の御曹司で美男子であったが、傲慢で礼儀知らずなその性格から両親ともども周囲からは嫌われていた。
メローピーはトムに惚れ込み、父と兄がとある事件で投獄されている間に強力な愛の妙薬(いわゆる惚れ薬)を使うことで駆け落ちして結婚。
しかし、良心の呵責に耐えられなくなったメローピーが薬を盛るのを止めた途端、トムは即座に妻を棄てる。
困窮したメローピーは臨月でロンドンの孤児院に駆け込むと、生まれてきた赤ん坊に自分の夫と父親の名前から「トム・マールヴォロ・リドル」と名付け、「この子が父親に似ますように」と言い残し、まもなく死去した。

この時点で父や親族とは音信不通であり、生まれる前から父に棄てられ、母にも「見捨てられた」と感じていたリドルは、生まれ育った孤児院でも事務的な扶育のため十分な愛情を得られず、愛情を信じられないまま成長する。
しかし、この頃から自身に特別な「力」があることは自覚しており、その「力」を他人を支配するために行使していた。

学生時代

1938年夏、孤児院を訪れたアルバス・ダンブルドアから自身が魔法使いであることを知らされたリドルは、ホグワーツ魔法魔術学校に入学し、スリザリン寮に組み分けされる。
自身が魔法使いである理由について、この時点では父の才能を受け継いだものと考え、「死に屈した」母は普通の人間であると思っていた。

もともと人を惹きつける魅力があり、表面上は成績優秀な模範生を演じていたこともあって、その父親譲りの端正な容姿と不幸な境遇、決して驕らない謙虚な態度により、教授陣から絶対的な信頼と同情を集めた。
しかしその実、当時ホグワーツで起こった数々の怪事件を裏であやつっていた黒幕であり、未成年らしからぬ統率力で上級生をも支配下に置いていた。
自分に近しい学生に自らの「力」を示し、後に死喰い人となる者を取り巻きとして従え始めたのもこの頃である。
唯一ダンブルドアだけは、こうしたリドルの邪悪な本性を見抜き、常に監視していた。
リドルもダンブルドアを非常に警戒しており、他の教師達のようにダンブルドアを魅了しようとはしなかった。

『秘密の部屋』を探し当てたリドルは、5年次(1943年)に密かに『部屋』を開き、バジリスクを解放してレイブンクロー生のマートル・エリザベス・ウォーレンを殺害した。
そして1943年6月13日、全ての罪をハグリッドに罪を着せて退学に追い込み、自身は犯人を捕らえたとしてホグワーツ特別功労賞を授与された(当時のハグリッドは秘密裏にアクロマンチュラ(巨大蜘蛛)のアラゴグを飼育しており、スケープゴートとしてはまさにうってつけの相手だった)。

在学中、リドルは純血主義にのめり込むと同時に自らの出生を探し当て、父がマグル、母がサラザール・スリザリンの末裔であることを突き止める。そして1943年夏、母の実家で伯父モーフィン・ゴーントと対面し、「凡庸なマグル」の父が「魔法使いの中でも特別」だった母を棄てたことを知る。
リドルは母の復讐として、また自分に相応しくない血筋の抹殺として、父と父方の祖父母を殺害し、その罪をモーフィンに着せた。

この頃には既にホークラックス(分霊箱)の概要を知っており、親しい教師の一人であったホラス・スラグホーンに取り入って言葉巧みに「魂を二つ以上に分割した場合はどうなるのか」について聞き出している。
前述のマートルや実父殺害も、分霊箱作成の過程上の生贄として利用していた。

卒業と失踪

卒業後の進路が注目される中、リドルは「闇の魔術に対する防衛術」の教授に残ることを志願した。
当時の校長であったディペットはその理由を尋ねるが、リドルは頑なにそれを拒んだ。
ダンブルドアは「教師、恩師という立場から教え子に影響力を与えること」と「歴史あるホグワーツ校に秘された魔術の探求」が目的と考え、ディペットに対してリドルに職を与えないよう進言し、ディペットもそれに従った。

教授職を拒否されたため、ホグワーツ卒業後は「夜の闇(ノクターン)横丁」にあるボージン・アンド・バークスに就職する。
周囲からは「あんな優秀な生徒がただの店員とはもったいない」と残念がられたが、彼自身は「将来特別になる自分に相応しい、伝統と由緒ある魔法具の探索と入手」を目的としていた。そして自らの目的に相応しい魔法具を発見すると、その持ち主であったヘプジバ・スミスを殺害してそれらを強奪し、その後約10年間に渡って行方を眩ませるのだった……。

余談

マグルと純血の魔法使いの混血、高い能力、愛情に恵まれなかった幼少時代と、ハリーとは多くの共通項がある。しかしながら二人を決定的に分けたものは「愛情のない結婚」による出生であったと作者は語っている。

関連イラスト

1231
TR誕


暗闇の王者
リドル君



関連タグ

ハリポタ ヴォルデモート 爺世代

pixivに投稿された作品 pixivで「トム・リドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 981327

コメント