ピクシブ百科事典

ヒュッケバイン

ひゅっけばいん

ヒュッケバインとは、『スーパーロボット大戦シリーズ』に登場するパーソナルトルーパー及び、その系統に属する機体群の総称である。
目次[非表示]

概要

第4次スーパーロボット大戦」リアル系主人公機としてシリーズに初登場したバンプレストオリジナルメカ。
スーパーロボット大戦シリーズに登場するバンプレストオリジナル機体としては、対になるグルンガストとともに魔装機神シリーズに次ぐ参戦歴を誇る古参機体であり、幾つもの派生機体がシリーズの垣根を越えて登場している。
メカニックデザインはカトキハジメ

名前の由来は旧ドイツ軍の戦闘機フォッケウルフTa 183の愛称『フッケバイン』から。
なお、凶鳥(きょうちょう)とも訳されるが、フッケバインはドイツ語で直訳すると【醜い脚】という意味であり、原義的には、ヴィルヘルム・ブッシュ(1832-1908)が書いた児童文学「ハンス・フッケバイン (Hans Huckebein)」に登場する悪戯者のカラスの名に由来する。

本項では、ヒュッケバイン008とも呼ばれる初代ヒュッケバインについて主に解説する。

スペック

分類試作型パーソナルトルーパー
型式番号
  • PTX-08R(旧シリーズ)
  • RTX-008L/R(α、OGシリーズ)
全高19.8m
重量
  • 132.4t(旧シリーズ)
  • 60.4t(α、OGシリーズ)
動力ブラックホールエンジン
フレームHフレーム
基本OSTC-OS
開発
  • マオ・インダストリー社(OG・αシリーズ)
  • ニコラ・ヴィルヘルム研究所(スーパーロボット大戦V)


機体解説

ビルトシュバインをベースに、ゲシュペンストMk-Ⅱ量産計画のデータを盛り込んで開発されたパーソナルトルーパー。
3機が製作され、動力源はビルトシュバイン同様にプラズマ・ジェネレーターの採用を予定していたが、内2機に異星人由来のオーバーテクノロジー・EOTを使用したブラックホールエンジンを搭載する事となり、RTX-008L/Rの形式番号が与えられた。その際、残りのプラズマ・ジェネレーター搭載機はRTX-009(ヒュッケバイン009)として区別された。
008Rは月面の連邦軍テクネチウム基地における起動実験中にブラックホールエンジンの暴走事故を起こし、基地を巻き込んで消滅。これにより残った008Lは封印され、「バニシング・トルーパー」なる不名誉な異名で呼ばれるようになる。
その後、008Lはブラックホールエンジンの欠陥を克服した上で封印を解かれ、実戦に投入された。

武装

60mmバルカン砲
頭部に配されたバルカン砲。
ヒュッケバインの頭部には発射口と思われる部位が存在しない為、詳細は不明。

マイクロミサイル
投下範囲指定型のMAP兵器。OGシリーズ未登場。

4連ミサイルランチャー
中射程ミサイル。OGシリーズ未登場。

プラズマソード
刀身をプラズマによって形成する近接戦闘用の非実体剣。OGシリーズ未登場。

ロシュセイバー
近接戦闘用の非実体剣。刀身を重力波で形成する。OGシリーズでは換装武器。『無限のフロンティア』にも同名の武器が登場し、詳細が説明されている。

リープ・スラッシャー
空間跳躍ブーメラン。本体から空中へ射出されたパーツが空中でドッキングし、そのまま飛翔して標的を切り刻む。OGシリーズでは換装武器。

ブラックホール・キャノン
マイクロブラックホールを射出して標的を圧壊させる重力兵器。このブラックホールキャノン自体にもブラックホールエンジンが搭載されており、ヒュッケバイン側のブラックホールエンジンと連結させなければ使用できない。機体の全高ほどもある大型火器であるため、使用時は両サイドのグリップを掴んで保持する。

ヒュッケバイン問題

ヒュッケバインのデザインは機動戦士ガンダムシリーズの主役機ガンダムの特徴を多く含んでおり、第4次参戦時はカラーカスタムでトリコロールカラー(白を基調に胸が青、細部が赤)を選択できた。
「スーパーロボット大戦」というガンダムを含む多数のロボットアニメが参戦するゲームのオリジナルロボットという立ち位置でキャラクターが作成されたため、当時より故意犯的なデザインであり、あえて既存の作品に似せていると思わせる所もあったのだが、元がお祭りゲームの主人公機だから、ガンダムの版権元からは大目に見られているという空気がファンサイドでは形成されていたため、当時は特に問題にはならなかった。
その後ヒュッケバインは、他作品の登場しないゲームにスーパーロボット大戦OGに参戦し、後継機が次々に登場するなど、独自の人気を確立していく。

しかし、2006年のスーパーロボット大戦OGアニメ化発表の際に、某掲示板にアニメにヒュッケバインが登場しなくなるという書き込みが見られたことから問題が明るみになる。
実際にテレビアニメ版「ディバイン・ウォーズ」に原作のロボットのうちヒュッケバインだけ登場しないことが本当であると発覚。さらに2007年頃よりヒュッケバイン系のプラモの生産が突如停止、ゲームの次回作でも仲間にできないなどの冷遇が見られるようになる。
ヒュッケバインはゲーム中の設定で、多くの問題を抱えているため、軍によって記録を抹消された不吉な機体とされていたのだが、現実でも版権という厄介な問題を抱えており、2006年の公式広告やPVから一気に差し替えられるように消されたため「リアルバニシング・トルーパー」とも皮肉られた。
また、スーパーロボット大戦OGs発売前に公式ブログで、大きな声では言えないもののファンを安心させるための措置として、文中に「ひゆつけハ出ます」と読み取れる縦読みを混ぜるなど、この問題に関する伝説は多い。
その後、アニメ版の続編「ジ・インスペクター」では量産型ヒュッケバインMk-Ⅱの代わりに「量産型ビルトシュバイン」させている。また既存の機体もヒュッケバインにSRX風のマスクをつけて偽装した「エクスバイン」、Mk-Ⅲをガーリオンのパーツで偽装した「ガーバインMk-Ⅲトロンベ」と言った新規機体を登場させることで誤魔化すなどしており、設定上の凶鳥の系譜は脈々と受け継がれている。

第2次スーパーロボット大戦OGではヒュッケバイン系列機が全機オーバーホール中であった所を襲撃され、破壊された事によって、ゲームにおいてもその存在は抹消される事になった。
しかし、同作品では失われたヒュッケバインの魂を継ぐ後継機が作られるという展開がなされ、エクスバイン・アッシュ、そしてエグゼクスバインという形で凶鳥の系譜が継がれることになった。
続くスーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズでは前述のエクスバインが二体登場。
それぞれにAMボクサー・AMガンナーが用意されているほか、APT-LINKシステムによって念動力者でなくてもGソード・ダイバーが扱えるようになっているが、ノーマル状態のエクスバインには換装出来ない。
なお、デュラクシールや量産型Mk-Ⅱといった一部派生機については特に問題なく存在が継続されている。

なお、スーパーロボット大戦Vではニコラ・ヴィルヘルム研究所の開発したパーソナルトルーパーという設定でグルンガストと共に再登場。大きな話題となった。
また、初回購入特典で機体の早期使用が可能となるプロダクトコードが封入されている。

バリエーション

ヒュッケバインMk-Ⅱ

ヒュッケバインMk-Ⅲ

ヒュッケバインEX (009EX)

その他


関連項目

スーパーロボット大戦 メカ カトキハジメ
パーソナルトルーパー
デュラクシール

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒュッケバイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417564

コメント