ピクシブ百科事典

ヘルビースト

へるびーすと

ヘルビーストとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅥ』。元々は魔除けのために作られた石像だったのだが、邪悪な魂が宿って動き出した悪魔型のモンスター。初登場作品であるドラクエ6では、ムドーの城の一部の石像を調べると戦闘になる。ルカナンやラリホーマといった補助系の呪文を使ってきたり、冷たい息を吐いて攻撃してくる。

ドラクエ7では、通常エンカウントで出現するようになった。攻撃方法も変わり、「こおりのいき」と「まぶしい光」と「死のおどり」になった。

ドラクエ9では、死の踊りを使ってこなくなったが、代わりにヒャダルゴを唱えるようになった。ちなみに、本作のみ雪の一粒一粒が吹雪の中で集まってできた雪像の悪魔という設定になっている。

ヘルビースト系のモンスター

ストーンビースト
不気味な彫像のような姿をしたモンスターで、ストーリーの序盤ラスト辺りで登場する。その割には、この段階では脅威となるベギラマを使ってきたりアストロンで防御してきたりと、初見殺しとも言えるモンスターである。

じゃしんぞう
元々は邪神を崇拝するための石像だったが、それに意思を持ちはじめてモンスター化したもの。「やけつくいき」を吐いてマヒ状態にしようとしてくる。3DS版ドラクエ7では使用技が一新され、「ジャンプ攻撃」「こおりの息」「死のおどり」「まぶしい光」といった特技を使ってくる。

ホラービースト
人の心に潜む恐怖の化身で、怖がりの子を脅かすための作り話として現れたモンスターが具現化したらしい。初登場となるドラクエ6では、ボスとして登場したモンスター。メダパニダンスやまぶしい光を使ってくる。ドラクエ9でも登場。マヒャドの呪文を唱えてきたり、おぞましい鳴き声をあげて、高確率で行動不能にさせてくる。さらに、このモンスターの放つ痛恨の一撃は強力である。ちなみに、獣系である。

リビングスタチュー
邪悪な呪術師たちによって生を受けた彫像の悪魔。神殿や城の片隅で石像のフリして息をひそめ、侵入者が近づくと襲いかかってくる。氷の息やスカラを使ってくる。初登場となるドラクエ7では、マッスルダンスやジャンプ攻撃も使えた。カラーが紫色なのは悪趣味な城主に塗りたくられたかららしい。

ウィングデビル
大きな羽の生えた悪魔モンスター。その大きな翼が生命の源で、例え頭や身体がやられても翼さえ無事なら何度でも蘇るらしい。イオラや凍える吹雪を使ってくる。ドラクエ9では、マジックバリアも使うようになった。魔物サッカー界では左右のウィングを担当しており、上空からありえない角度で的確にゴールを決める。

ゼッペル
ドラクエ7に登場するボス。幼い頃に幼馴染の友人・ルーシアを助けられずに死なせてしまった自責の念から力を求めるあまり、あまりの危険さ故に封印されていた究極魔法「マナスティス」を復活させ自らに行使して、リビングスタチューみたいな姿(3DS版ではリビングスタチューと比べて多少色が濃いめになっている)になった過去のマーディラスの国王。1回目は絶対に勝てない負けイベントだが、ゼッペルの魔力が弱まった
2回目が本番となる。呪文系はイオナズンメラゾーマを使い、特殊系は痛恨の一撃を使う。1回目は凍える吹雪を使うが、2回目は弱体化した影響かこおりの息を使う。

石の番人
ドラクエ9に登場するボスモンスターで、ビタリ山の頂上にあるラボオの石の町を守ろうとする意志が、女神の果実の力で具現化したもの。ヘルビーストと比べて体が灰色で、目がオレンジ色である。完全2回行動で、テンションを上げたりスクルトやマジックバリアで守りを固めてきたり、テンションをためてきたり「じひびき」で全体攻撃を食らわせてくる。

赤翼鬼シシン
ドラクエ10(Ver.3.0)に登場するボス。竜将アンテロが呪符で召喚した異界の獣鬼の一体で、
ランガーオ村の闘技場で竜将アンテロと共に戦う。外見はヘルビーストを赤くしたもので、その血の色にも似た赤き翼で敵に無残な死を運ぶと言われているらしい。「瞬撃の赤光(単体に1.5倍の物理ダメージを与えつつ呪文耐性を1段階下げる)」や「呪弱のひかり(正面範囲の敵の呪文耐性を2段階下げる)」といった弱体化の特技(いずれもこのモンスターの固有技)を使い、頻繁に「メラガイアー」を唱えて攻めてくる。やたらとリーダー面するため周囲からは煙たがられていたが、仲間思いの情熱家であることは誰もが認めていたらしい。


関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ 悪魔 石像

ヘルビースト白い悪魔
ストーンビースト青い悪魔
じゃしんぞう緑の悪魔
ホラービーストピンクの悪魔
リビングスタチュー紫の悪魔
ウィングデビル黄色い悪魔

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルビースト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1767

コメント