ピクシブ百科事典

ペガサスフォーム

ぺがさすふぉーむ

ペガサスフォームとは、仮面ライダークウガの戦闘形態の1つである。
目次[非表示]

バヂス「ガグガバ・リソシン・ヂバサザ(さすがは緑の力だ)」

概要

感覚に特化したクウガの戦闘形態である。身体能力は他のフォームと比べて劣るが、視力聴力といった感覚が極限まで研ぎ澄まされ、情報収集に優れている。
しかし全身の神経が極限の緊張状態に陥るために、体力の消耗が激しく、変身時間は50秒と短い。時間を過ぎると強制的にグローイングフォームの姿となってしまう(ただし、50秒を経過する前であれば他のフォームに変身したりすることは可能)。更にその後2時間はクウガに変身できなくなる(『仮面ライダーディケイド』客演時やディケイドクウガ、更には『バトライド・ウォー』などのゲーム作品ではこの弱点が無くなっており、さらにペガサスボウガンもじゃんじゃん発砲しまくるなど、他の平成ライダーでいう射撃専用のフォームに近い扱いを受けていた)。
武器の特性上、クウガの戦闘形態で唯一遠距離戦に長けたフォームである。
ちなみに劇中では「のクウガ(4号)」としか呼ばれていない。
アイデンティティワードは「邪悪なるものあらば、その姿を彼方より知りて疾風の如く邪悪を射抜く戦士あり」

スペック・戦闘スタイル

パンチ力1t
キック力3t
ジャンプ力ひと跳び15m
走力100mを5.2秒


カタログスペックはマイティフォームドラゴンフォームのお互いの短所を合わしたかような感じで、激しく奇襲をしかける戦闘には向いていない。また感覚強化に伴い触覚(痛覚)も強化されるため、防御力も低くなってしまう。しかしその感覚を活かし、敵の遠くからの射撃にも俊敏に反応する事も出来るため、上記のデメリットを十分補える。武器はあくまでボウガンなので、銃のような連続射撃等は披露しない。

外見

複眼・アーマー・モーフィングクリスタルがになっている。右肩のアーマーは黒く、左肩のアーマーは緑で右に比べて大きく、左右非対称の形状なのが特徴。

ツール

ペガサスボウガン

などの「射抜く物」を変形させたボウガン。劇中では、警察官から拳銃を借りて変形させていた。

必殺技

ブラストペガサス

ペガサスボウガンのスロットルを引き、封印エネルギーを込めて放つ空気弾。
「ディケイド」ではクロックアップしたワームを倒した事もある。

劇中での活躍

初戦はを飛ぶグロンギであるメ・バヂス・バに対して変身したが、その研ぎ澄まされた感覚で様々な情報が流れ込んできた事で混乱し、変身解除してしまう。バヂス再戦時は能力を生かす事ができるようになり、バヂスが高度数千メートルより射出したで掴み、彼を驚愕させ、一条薫から受け取った拳銃を変形させたペガサスボウガンからのブラストペガサスでバヂスを撃破した。
その後も空を飛ぶ敵や姿を消す敵に対して変身する事が多い。

関連タグ

仮面ライダークウガ
クウガ ライジングペガサス
マイティフォーム ドラゴンフォーム タイタンフォーム

バッシャーフォーム:似ている例
ジンバーピーチアームズ・・・・同じく聴覚に特化したフォーム
ロビン魂・・・こちらも緑でボウガンを使うという点が共通

pixivに投稿された作品 pixivで「ペガサスフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41982

コメント