ピクシブ百科事典

マダム・シャーリー

まだむしゃーりー

マダム・シャーリーとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物。
目次[非表示]

概要

魚人島に住むアオザメ人魚で普通の人間の2倍程の大きさがある美女
マーメイドカフェという人魚達が働く店の女店主である。魚人島編の時点で29歳なので、後1年で足が二股に分かれる(と思われる)。

東の海で魚人帝国建国を企みルフィ達に倒された海賊、「ノコギリのアーロン」は腹違いのである。

プロフィール

本名シャーリー
異名マダム・シャーリー
所属マーメイドカフェ
能力未来予知(ただし悪魔の実の能力ではない)
誕生日9月9日
出身地偉大なる航路 魚人島 リュウグウ王国
CV朴璐美


特徴

水晶占いを得意としている。その占いの的中度はかなり高いもので、今まで何度も大事件の到来を言い当てている。そのため信用度も高く、占いでルフィが魚人島を破滅させる存在だと出たと言った途端、一味が島中のお尋ね者となってしまう程である。しかし、未来を見てしまう自分の能力が嫌になってしまったようで、最近は占いをしないようにしている。

性格

魚人街で生まれ育ったものの、兄であるアーロンと違い、人間には敵意を持っていない。面倒見も良く、仲間とはぐれて魚人島にやってきたルフィ、チョッパーサンジウソップにカフェの女子寮の一室(ケイミーの部屋)に泊まらせた。しかし下品な発言をしたルフィには激怒していた。
またホーディに対して臆さずに忠告する度胸も持っている。(だがその後ホーディの攻撃を受け、怪我をしてしまう)

来歴

作中でアーロンは早々にから捨てられており、「魚人街」と呼ばれるスラム街でジンベエらと暮らしていたのだが、ある日突然「アーロンの」を名乗る魚人が連れてきたのが幼いシャーリーだった。シャーリーはアーロンと共に魚人街で育つのだが、過激なレイシズムに傾倒していくホーディ・ジョーンズらとは仲が悪かった。
やがて彼女は自立し、魚人街を出て魚人島本島にてマーメイドカフェを経営することとなる。

活躍

登場したのは魚人島編で、ケイミーに連れられてマーメイドカフェにやって来た麦わらの一味ルフィらと面会した。ケイミーと一味が去った後、ルフィに不穏なものを感じたシャーリーは、封印していた未来予知の占いをルフィに対して行い、それにより『ルフィが将来的に魚人島を滅ぼす』という占いの結果を導き出した。これが原因で、一味はたちまちお尋ね者となってしまう。

それから間をおかずに勃発した新魚人海賊団のクーデターを止めるために前述の予言を口にして「お前では魚人島を滅ぼすことは出来ない」と論破するも、激昂したホーディの打水で胸を貫かれてしまう。
怪我を負いながらも、魚人島のために悪逆非道のホーディたちと戦う麦わらの一味を見て「彼らは我々を差別しモノ扱いする愚かな人間たちではない」と観衆に訴えた。

反乱終結後は自ら水晶玉を叩き割り、二度と占いをしないことを決意する。

なお、反乱終結後は魚人島は古い慣習を捨てて大きく変わることになったので、彼女の『ルフィが将来的に魚人島を滅ぼす』という予言は『ルフィが将来的に「古い慣習や差別に縛られた従来の」魚人島を滅ぼす』という意味で当たった事になる。

関連項目

ONEPIECE 人魚 アーロン メカクレ 煙管

pixivに投稿された作品 pixivで「マダム・シャーリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177804

コメント