ピクシブ百科事典

北総鉄道

ほくそうてつどう

千葉県の第三セクター鉄道。京成グループでもあり、成田スカイアクセスの一部でもある。
目次[非表示]

京成高砂(東京都葛飾区)〜印旛日本医大(千葉県印西市)間32.8kmを結ぶ路線を運営する会社。ただし、小室(千葉県船橋市)〜印旛日本医大間12.5kmは千葉ニュータウン鉄道(京成グループの一員。旧公団線区間の路線および車両を都市基盤整備公団から引き継いだ)が第三種鉄道事業者として路線を保有し、北総鉄道が第二種鉄道事業者として運行している。京成グループの一員だが、千葉県や沿線自治体および独立行政法人都市再生機構も出資しているため第三セクター鉄道でもある。1972年創立、1979年千葉ニュータウンに開業。元々は不動産事業も行っていたが、不動産事業撤退のため2004年7月1日に現在の社名に変更した。
北総線は運賃が高い事で知られており、高額な運賃が利用者の増加を阻害している事が解る。その為、東武野田線武蔵野線経由で総武線に行く客が多い。初乗りが195円(旧公団線区間は299円)なため、全区間乗ると802円にもなった(参考:京成高砂〜印旛日本医大と同距離の運賃は、長距離の安さに定評のある京王電鉄が340円、大手私鉄の中では全体的に高めと言われる親会社の京成電鉄でも483円)。これは建設費の高額化と千葉ニュータウンの発展の遅れが原因。つくばエクスプレスなどではこれを教訓として、運賃が高い代わりに駅設備などを充実させるなどの対策を行い、結果利用者獲得に成功した。
そのため、「財布失くしても定期は失くすな」が沿線住民の合言葉らしい。最近になって千葉県および沿線自治体が増資する事により運賃が値下げされることになり、京成成田空港線(成田スカイアクセス)開業時に初乗りが200円から190円に、最高運賃が820円から780円に下がったが、当初出資するはずだった白井市が議会の反対により出資を拒否したが、市長の専決処分で出資が決まった(この問題に際し、千葉県は白井市の出資分は肩代わりしないと言明していた)。なお、京成成田空港線の運賃は北総鉄道とは別立てである。この値下げによって一応は初乗り運賃高額路線のトップ争いから一歩引いたが、未だに「北総が日本一高い鉄道路線」と思っている人が意外と多い。なお、千葉県及び沿線自治体による運賃補助は2015年に打ち切り予定であり、その後の大幅な運賃値上げは確実である。
2010年7月17日に京成成田空港線(成田スカイアクセス)が開業。これにより、北総線全区間が京成の第二種事業区間となり、成田高速鉄道アクセスが建設した印旛日本医大〜土屋(JR成田線空港支線合流地点)間に成田湯川駅(京成管理駅)が新設された。なお、土屋〜空港第2ビル間は成田空港高速鉄道によって整備された。また、成田高速鉄道アクセスの手によって北総線既存区間の高速化改良工事も行われた(退避駅の新設……東松戸・新鎌ヶ谷・小室・印西牧の原、信号の改良など)(成田高速鉄道アクセス・成田空港高速鉄道共に第三種鉄道事業者で、京成が第二種鉄道事業者として運行)。これにより空港アクセス鉄道としての機能をさらに強化された(すでに羽田空港とは直通済み)と同時に、路線保有会社と運行会社の関係が複雑になる現象がおきた(特に千葉ニュータウン鉄道保有区間は京成と北総が第二種鉄道事業者として同時に運行することになった)。
スカイライナーは北総線(成田スカイアクセス)経由となり、京成高砂〜印旛日本医大間は130km/hで、印旛日本医大〜空港第2ビル間は国内在来線最高の160km/hで運行された。(余談であるがアクセス特急は120㎞/h)なお、これにより日暮里〜空港第2ビル間が36分で結ばれるようになった。スカイライナー以外の直通特急(アクセス特急)は北総線内では東松戸・新鎌ヶ谷・千葉ニュータウン中央・印旛日本医大に停車する(以上の停車駅は京成との共用駅となり、駅ナンバリングは京成ではなく北総のもの)。アクセス特急は、羽田空港・西馬込・三崎口と主に都営浅草線経由で運行される(上野発着ももちろんある)。ちなみに、7500形登場と同時に出来た「HO<’SO」ロゴは、製造元の日本車輌がデザインしたそうである(『とれいん』№385「世界へはばたく標準軌!京成電鉄」より)。最近は、テレビCMや番組に出る事が多く(特に矢切駅と印西牧の原駅)、京王電鉄に迫る勢いでメディア露出が多くなっている。

概要

駅一覧とその歴史は北総線の記事を参照。

自社車両

※現役車両は印旛日本医大まで運行。

  • 7000形(ゲンコツ電車) - 1979~2007
  • 7050形(京成3150形リース車) - 1995~2001
  • 7150形(元京急1000形) - 1991~1998
  • 7250形(京成3200形リース車) - 2003~2006
  • 7260形(京成3300形リース車) - 2006~2015
  • 800形(新京成800形リース車) - 1991~1992
  • 7300形(京成3700形同形車) - 1991~現役
  • 7500形(京成3000形同形車) - 2006~現役
  • 7300形7800番台(京成3700形リース車) - 2003~現役
  • 9000形(千葉ニュータウン鉄道保有) - 1984~2017
  • 9100形(C‐Flyer 千葉ニュータウン鉄道保有) - 1994~現役
  • 9200形(京成3000形同形車 千葉ニュータウン鉄道保有) - 2013〜現役
  • 9800形(京成3700形リース車 千葉ニュータウン鉄道保有) - 2017~現役
一時的に京成3400形がリースされた事があった - 2002年6〜8月

乗り入れ車両

  • 京成AE形 - スカイライナーとして成田空港まで運行)
  • 京成3050形(2代) - アクセス特急として成田空港まで運行。北総線内普通列車として運転される事もある
  • 京成3000形(2代)- 8両編成である3001編成・3026編成・3027編成・3028編成・3029編成・3030編成・3033編成・3035編成のみ。アクセス特急としても運行可能
  • 京成3700形 - 6両編成である3828編成と3838編成を除く。アクセス特急としても運行可能
  • 京成3400形 - 印旛日本医大まで
  • 京成3500形 - 更新車のみ印旛日本医大まで。未更新車はイベント列車として印西牧の原まで入線実績あり
  • 京急1000形(2代)ステンレス車 - 2010年落成の第10次車(1121編成)以降の編成はアクセス特急として成田空港まで運行。それ以外は印旛日本医大まで。また、4両編成である1800番台を2編成連結して乗り入れる場合もある(アクセス特急として運用実績もあり)。
  • 京急1000形(2代)アルミ車 - 印旛日本医大まで。まれにアクセス特急の代走を行う事あり
  • 京急600形 - アクセス特急として成田空港まで運行。印旛日本医大折り返し運用に就く場合もあり
  • 京急1500形 - 印旛日本医大まで
  • 東京都交通局5300形 - 印旛日本医大まで


過去の乗り入れ車両

  • 新京成200形
  • 新京成800形
  • 新京成8000形
  • 新京成8800形
    • ※以上各車は松戸〜北初富経由小室(後に千葉ニュータウン中央)まで乗り入れていた。200形は吊り掛け電車であった。


  • 京成3050形(初代)
  • 京成3100形
  • 京成3150形
  • 京成3200形
  • 京成3300形
  • 京急1000形(初代)
  • 東京都交通局5000形
  • 東京都交通局5200形
    • ※都営の2車種は、最高速度が遅い(高速域での速度の伸びが悪い)ため5300形導入以降も千葉ニュータウン中央止まりの運用がメインであった。なお5200形は印西牧の原への乗り入れ実績あり。

その他

1912年に浦安〜木下(きおろし、現在の千葉県印西市)間に免許申請をした鉄道も「北総鉄道」と名乗っていたが、1916年に免許失効した。また、東武野田線に相当する区間が東武鉄道に合併される前に一時期「北総鉄道」と名乗ったことがあった(1923年〜1929年)。したがって現在の北総鉄道は名称としては3代目、実際に営業運転した鉄道会社としては2代目に当たる。北総線の駅および車両にある路線図には、京成の路線図には無い東京メトロ半蔵門線の全駅路線図が書き込まれている。
駅をイベント会場として貸し出すシステムがある。毎年春に千葉ニュータウン中央駅周辺で沿線自治体および企業と共同で『ほくそう春祭り』というイベントを行うが、その際に京成上野始発千葉ニュータウン中央行きの臨時特急電車(2012年のみ八千代台始発)が運行された(2009年は千葉ニュータウン鉄道9100形、2010年は千葉ニュータウン鉄道9000形、2012年は千葉ニュータウン鉄道9100形で運行)。
過去に千葉ニュータウン鉄道保有車も含む自社車両のNゲージ鉄道模型(金属キット、7000形・9100形・9000形)を発売した事がある。

関連イラスト

みおにゃん駅
K'SEI


北総7000形(ゲンコツ電車)



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「北総鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34613

コメント