ピクシブ百科事典

5000形

ごせんがたまたはごせんけい

鉄道車両の形式の一つ。会社によっては系列の呼称でもある。
目次[非表示]

鉄道会社によっては「系」を使う会社や「形」を使う会社がありややこしい。また、会社によっては「形」を「けい」と呼ぶところもあり更にややこしい。

小田急電鉄 5000形(がた)

小田急電鉄には5000形を名乗る形式が2代にわたり登場しているが、動力方式も用途もまったく異なっている。

キハ5000形気動車

唯一無二のディーゼル特急


1955年に開始された御殿場線直通に向けて製造された特別準急用の気動車。5001と5002が存在した。小田急電鉄では初(及び歴代唯一)、大手私鉄では数少ない気動車であり、DMH17形エンジンを2台搭載し、勾配線区に対応していた。定員の少ないキハ5100形とともに運用されていたが、1968年に御殿場線電化に伴い乗り入れ車両が3000形SSE車に置き換わると、関東鉄道常総線に売却され、3扉の通勤形気動車となった。

5000形電車

小田急5200形


1969年に急行用として登場した車両で、2600形を基本に改良を加えた車両。この形式が登場する前年にキハ5000形が廃車され、番号が空いたために命名された。つまり小田急電鉄において「5000」を名乗る形式は2代目である。1972年には9000形が製造されたため投入は一時中断されたが、1976年から増備を再開、1982年までに180両が出揃った。4両編成と6両編成があり、とくに6両編成では一段下降窓を採用するなどの設計変更があった。このため、とくに後者を5200形と呼ぶことがあるが、正式にはどちらも5000形である。
小田急で初めてアイボリーに青帯の塗装を採用した車両でもある。また、最後の「小田急顔」の電車となった。
3000形や4000形(ともに2代目)の投入で廃車が進行し、6両編成は2011年1月30日に、4両編成は2012年3月16日に引退した。

東京都交通局 5000形(がた)

東京都交通局にも、5000形を名乗った車両は存在した。ともに電車であるが、ひとつは都電5000形、もうひとつは都営地下鉄浅草線の5000形である。

都電5000形

都電5000形


1930年より製造が開始された半鋼製の都電。重厚なスタイルが特徴の3扉車であったが、のちに中扉を埋めて2扉となった。

都営地下鉄5000形

1960年の浅草線開業に合わせて製造された地下鉄用通勤形電車京急京成との乗り入れ協定に合わせ、18m級3扉としたが、側扉は両開き式であった。1995年に現役引退。

都営地下鉄E5000形

東京都交通局において現在「5000形」を名乗る形式であり、日本の地下鉄においては唯一の電気機関車。あまり知られていないが、制御装置は京急新1000形3~5次車と同じシーメンスIGBT製であり、発車時にハイテンションな金切声を奏でる。
乗り入れ協定に基づいて5000番台の形式番号となっているが、電気機関車であるためか頭に「E」の文字がつけられている。片運転台の箱型機で、通常は2両が背中合わせに連結されているが、1両だけでも走行は可能であるため、JR風に言えば「ED」に相当する。本形式は4両製造され、2両一組で使用されている。

この機関車の製造目的は、整備や車体更新時に大江戸線車両を浅草線で牽引するためである。
大江戸線と浅草線の軌間はともに1435mmであるため、これだけ見ると直通ができそうであるが、大江戸線はリニアモーター方式を採用している。
つまり、「線路=モーターの一部」になっている大江戸線の車両は、浅草線の線路に入ることはできても自力で動くことができなくなってしまう。そこで、浅草線の線路上を走行させるための牽引車両が必要になったのだ。このためE5000形の車体は大江戸線の規格に合わせて小さく作られている。(回転式モーター搭載であるが、大江戸線内も自走可能である)
用途・連結する車両ともに限定されているが、急勾配での起動や連結・解放作業が多いことを考慮して主幹制御器はワンハンドルマスコンにせず、横軸型ツーハンドルマスコンを採用している。

なお、連結器高さは調整が可能であり、浅草線の車両(5300形)とも連結ができるため、浅草線でトラブルが起きた際の救援車としても使用が可能。通常は検査編成が木場車両検修場から汐留駅に回送し、ここで本機と連結して連絡線を通り浅草線経由で馬込車両検修場へ回送される。車庫がすべて地下にあり、大規模な検修ができる車両工場のない都営大江戸線であったが、軌間が同じである都営浅草線の馬込車両検修場が大江戸線の検修にも対応できるように改良され、汐留~新橋間に連絡線を設けた。

本機は2年ごとに行われる「都営フェスタ浅草線」(馬込車両検修場の一般公開)で間近で見ることができる。

西日本鉄道 5000形(けい)

西鉄天神大牟田線5000形


西日本鉄道西鉄)の通勤形電車。
1975年に西鉄大牟田線に登場した車両で、西鉄で最も数の多い車両(136両)である。編成単位では1988年まで、中間車は1991年まで増備された。4両編成と3両編成で組成されて最大7両編成(過去は8両編成)まで組成可能である。
外見上の特徴は、前面運転席側のみ曲面ガラスを用いた左右非対称前面である。
2014年に3両編成1本が事業用車に改造されたが、その車体色は末期色もとい、まっ黄色である
なお、西鉄の鉄道線車両では「形」を「けい」と呼ぶ。

広島電鉄 5000形

広島電鉄が1999年に導入した車両で、5車体3台車形式の路面電車。通称はグリーンムーバー。ドイツ・シーメンス社(導入当初はデュワグ社。ただし電装品はシーメンス製)の超低床電車「コンビーノ」をベースとして国内向けに仕様変更したもの。日本国内を走る唯一のコンビーノである。全長が軌道法の規定である30m以内に収まりきらなかったために特認扱いとなっている。
5001号車はロシアの航空会社の輸送機・アントノフAn-124に積み込まれて空輸され、「ドイツから空を飛んできた電車」として話題になった。

長崎電気軌道 5000形

紅白巫女×紅白電車


長崎電気軌道2011年に投入開始した車両で、3車体2台車形式の路面電車。同社としては2形式目となる超低床車である。

神戸市交通局 5000形

神戸市営地下鉄海岸線(Pixivの車窓から風)


神戸市営地下鉄海岸線用の通勤形電車。
2001年(平成13年)7月7日 海岸線開業とともに営業運転を開始している。主回路はVVVFインバーター制御で電動機は鉄輪式リニアモーターである。リニア地下鉄

名古屋市交通局 5000形

「銀電」


名古屋市営地下鉄東山線用の通勤形電車。
1980年(昭和55年)、東山線初の冷房車として登場した。製造当初は打子式ATSを搭載していたが、後にCS-ATCへ取り替えられている。後期に製造された車両には、車内案内表示装置もついていた。
老朽化の進行とホームドアに対応する機器の搭載スペースが無かったことからN1000形に置き換えられ、2015年(平成27年)8月に引退した。

引退後、一部の車両がアルゼンチンに譲渡されている。

札幌市交通局 5000形

札幌市営地下鉄南北線・前


札幌市営地下鉄南北線向け。ゴムタイヤで走行する札幌市営地下鉄は小型車両の輸送力に悩まされ、車両の大型化のため18m4ドア、ボギー車とした。開業当初の1000形2000形のほか、3000形も置き換え、南北線は5000形に統一。ホームドアが設置可能となった。

筑豊電気鉄道 5000形

Chikuho Electric Railway


筑豊電気鉄道初のカルダン駆動車・初のVVVF制御車両であり、初のバリアフリー対応低床車である。2015年運転開始。車体色は第一編成はピンク、第二編成(タイトル画像)はライトグリーンである。なお、国と福岡県、その沿線である北九州市・中間市・直方市からの支援により、2018年度までに4編成を導入する予定である。

流鉄 5000形

定期列車の全列車2両編成・ワンマン運転化のため、西武鉄道101系電車(新101系のグループ)を流鉄が譲受したもの。2両編成5本が在籍し、編成ごとに愛称を設定。

  • 5001編成「流馬」:塗色は空色&白帯
  • 5002編成「流星」:塗色はオレンジ&白帯
  • 5003編成「あかぎ」:塗色は赤&白帯
  • 5004編成「若葉」:塗色は黄緑&白帯
  • 5005編成「なの花」:塗色は黄色&黄緑の帯

伊予鉄道 5000形

伊予鉄道2100形に続く低床型路面電車車両。2017年運行開始。
定員は60人で、2100形の定員・47人よりも増加した。

関連タグ

5000系 鉄道 電車 鉄道車両の形式の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「5000形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47653

コメント