ピクシブ百科事典

京成電鉄

けいせいでんてつ

千葉県・東京都に路線を持つ大手私鉄
目次[非表示]

京成電鉄とは千葉県東京都に路線を持つ大手私鉄である。
成田空港へのアクセス路線として海外からも多くの人が利用している。

路線

2016年9月現在、総延長102.4km、全64駅を有している。

現有路線

京成本線

青砥〜高砂間の列車密度はかなり高い。

押上線

かつての本線の一部。地下鉄浅草線との直通運転の役目を担っている。優等列車は途中駅ノンストップ。

金町線

  • 京成高砂〜京成金町

4両編成の短い電車が走っている。都内では珍しく全線が単線。

千葉線

  • 京成津田沼〜千葉中央 総武本線と並走しているが、普通列車の運行のみ。

日中は京成津田沼折り返しと新京成電鉄線直通列車を運転。

東成田線

  • 京成成田(駒井野信号所)〜東成田

かつての成田空港駅へ向かう路線。終点東成田で芝山鉄道との相互直通運転を行う。

千原線

  • 千葉中央〜ちはら台

かつては千葉急行電鉄により運営されていた。全線単線で本数も少ない。

成田空港線

  • 京成高砂〜小室〜印旛日本医大〜土屋信号所〜成田空港

尚、京成高砂〜印旛日本医大間は営業中の北総鉄道千葉ニュータウン鉄道と重複する。
土屋信号所以遠はほぼ単線区間なのだが、ダイヤ増発に最大限の努力をしている。

廃止路線

白鬚線

向島〜白鬚、1936年廃止。
都心延伸を巡って試行錯誤していた当時の路線。
上野が開業したので廃止された。

谷津支線

船橋競馬場〜谷津遊園地、1934年廃止。
今は無き谷津遊園へ向かう路線だったらしい。

列車種別

有料列車

スカイライナー

いわずと知れた看板特急。JR成田エクスプレスより安い・速い。車両は2代目AE形

モーニングライナー・イブニングライナー

朝夕に運行される有料通勤種別。上野~京成成田・成田空港間を結ぶ。どこまで乗っても410円と激安。なお、新AE形が本線で営業運転をする数少ない列車でもある。

シティライナー(運行終了)

2010年2016年まで運行されていた。晩年は上野~京成成田間を運行していた。車両はAE100形

一般列車

アクセス特急

成田空港線開業に伴い新設。都営浅草線を経由して羽田空港と成田空港を結ぶ系統がメインだが、京成上野始発や西馬込始発などもある。北総線内では実質上の最速達列車にあたる。

京成高砂以東の停車駅は東松戸・新鎌ヶ谷・千葉ニュータウン中央・印旛日本医大・成田湯川・空港第2ビル(第2旅客ターミナル)・成田空港(第1旅客ターミナル)。

快速特急

トンネルの向こうそれと比べると遅い。それもそのはず、2006年12月9日以前は「特急」を名乗っていた列車であり、さらには1968年11月以前の急行と同格の種別である。朝・夜に運行。

停車駅は日暮里・青砥・京成高砂・八幡・船橋・京成津田沼・八千代台・勝田台・佐倉・成田・空港第2ビル(第2旅客ターミナル)・成田空港(第1旅客ターミナル)である。東成田・芝山千代田方面へは京成成田以東各駅に停車。

特急

佐倉までは快速特急と同じ停車駅である。佐倉以東は各駅に停車。
1968年に、当時の急行を佐倉から各駅停車とし、停車駅を一部見直すと共に佐倉から成田まで無停車のものと区別するために新設された種別である。2006年12月9日以前は佐倉〜成田間無停車、即ち現在の快速特急と同じであった。新設されてから40年近く後に、当時の急行と同じ運命を辿ることになるとは一体誰が予測しただろうか。

通勤特急

勝田台までは特急と同じ停車駅で、勝田台以東は各駅に停まる。
平日の朝・夜に運行されるが、上野行き終電はなぜか休日ダイヤでも運行される。

快速

2002年10月12日に本線系統急行の停車駅を削減した上で本線系統急行を廃止し、代わりに新設された種別。主に押上線、都営浅草線方面への運行。2006年12月10日のダイヤ改正からは、日中の特急が佐倉〜成田間各駅に停まるようになり、代わりに快速は佐倉発着に短縮された。

停車駅は日暮里・千住大橋・青砥・京成高砂・小岩・八幡・東中山・船橋・船橋競馬場・京成津田沼からの各駅である。押上線の京成押上・青砥以東は本線と同じ。

余談であるが1968年から1974年までにも、京成千葉方面直通の「快速」が走っていたことがある。この時の快速は当時の準急よりも格下で、京成上野・日暮里・町屋・堀切菖蒲園・青砥〜京成津田沼間の各駅・稲毛・黒砂(=KS56 みどり台)・国鉄前(=KS60 京成千葉)・京成千葉(=KS61 千葉中央)に停まっていた。両端がほぼ隔駅停車、中間部分は各駅停車であった。

急行(運行終了)

2002年10月12日ダイヤ改正で本線の急行は廃止、2010年には押上線の急行も廃止された。(地下鉄線内・京成線内普通、北総鉄道線内急行となる列車は運行されている)

余談だが、この急行の廃止で優等列車が完全に消滅した谷津駅では、快速の停車を要求する署名運動をしていた事が有る。また、船橋以西へ向かう利用者が乗換えをする船橋は、京成線内でも上位の利用者数で、この利用者の流れに対応し、ラッシュ時の急行の一部は東中山で折り返し運転をしていたらしい。

普通

各駅に停車。日中は本線はうすい行きと津田沼行きがメイン、北総線方面(成田空港線)は印旛日本医大行きがメインである。また、日中の千葉線は新京成電鉄と片乗り入れを行っているため、始・終点が新京成電鉄線内の列車が走っている。朝夕には本線からの千葉線・千原線直通列車もある。2010年まであった金町線直通列車は金町線一部高架化のために廃止となっている。

車両

現有形式

AE形以外の通勤形車両は乗り入れの関係上、千の位に3が割り当てられる。

AE形(2代目)

スカイライナー『AE』


京成自慢の新型スカイライナー用車両。私鉄最速の160km/hで走行する。
AE形

3050形(3000形7次車)

京成本線・押上線・成田空港線


成田空港線のアクセス特急用。見た目新3000形となんら変わらないが、外装が青くなっている。また、モケットに飛行機の絵があしらわれているのも大きな特徴である。アクセス特急用の車両だが、たまに本線を走っていることがある。
京成3000形

3000形(2代目)

京成3000系


2003年に運行を開始した電車で現在の主力。赤電を大量に追い出した赤電キラー。現在も増備が続けられている。
京成3000形

3700形

上野の京成3700


1991年に登場した車両。優等種別ならほぼ何でもこなせるオールマイティ。2編成は北総鉄道へリース(貸出)され7300形7800番台に。
京成3700形

3600形

[ドット絵]京成電鉄 3600形


1980年に登場した車両である。6両編成でデビューし、8両編成へ組み換えの時に先頭車が6両余った。その6両は1編成を構成し電装・VVVF化された。通称ターボ君。
8両編成のほうは京急に乗り入れをしない。

3500形

京成3500系(未更新)


1972年にデビュー。一部車両が都営浅草線京急に乗り入れるための工事をする際に運転台部分を新製したり側窓を更新する工事を施工したが金がかかりすぎたので途中の56両で中止した。
未更新車は順次廃車されていく。更新車のうち4両編成1本は芝山鉄道へリースされている。

3400形

京成3400形


後述の初代AE形の足回り転用車両である。車両デザインはステンレス製の3700形にあわせたが3400形は普通鋼製。車体こそ新しく見えても床下はボロボロ。
京成3400形

過去の車両

AE形(初代)

【HD京成09】激動と波乱の中で【AE形Ⅰ】


初代スカイライナー。1972年にデビュー。元々スカイライナーとして走るつもりだったが成田空港の開港が延期されたため、しばらくは京成上野~京成成田を結ぶ「開運号」として走っていた。さらに、開港直前に宗吾参道車両基地で過激派による焼打ちに遭い1編成丸々焼失・廃車となっている。(のちに代替生産されている)1983年から茶色中心の塗装から白・青・赤の新塗色に変更された。
AE100形の投入により1993年に全車引退した。引退してすぐは東成田駅旧スカイライナーホームに留置されていた。足回りと車籍は3400形に引き続いて使用中。
AE形

AE100形

Keisei AE-100 series


2代目スカイライナー。2010年の走行ルート・車両変更後はシティライナーの車両となり、2016年まで運行。
AE100形

赤電

3200形大集合


昔はいやっちゅうほど走っていた車両。初代3000形から3300形までの事を言う。

3300形

3300形?


その「赤電」最後の車両。
新3000形の増備により廃車が進み、最後まで残った4連2本も2015年2月28日で引退。北総鉄道へのリース車もあったほか、リバイバルカラーになった編成もいた。

1000形 ←京急旧1000形譲受車

1000形はこの京成パンダが預かった!


冷房車不足のため、外観そのままで暫定的に京浜急行電鉄から譲受した。京成所属になると前面に種別板をつけて、アンチクライマーを削る改造を行った。冷房車が増えるとすぐさま千葉急行電鉄に譲渡。そこで元祖・青い京急(笑)になった。元が浅草線直通向けなので青くても“赤電”。

青電

京成リバイバル青電 特急・金町行き


とりあえず車体の色が赤電と比べて青っぽいのでそう呼ばれていた。末期は浅草線には入れない車両という不名誉な記号へと成り下がった。最後まで吊り掛け駆動だった。750形や200形、100形などいろんな形式がある。

モニ(工事用車両)

京成電鉄モニ20形貨物電車


モニたんなどと呼ばれて親しまれた工事用車両。
チやトキなどいろんな仲間がいたが、ちょいと前にみんな廃車になった。

直通運転

1960年東京都交通局都営地下鉄浅草線に始まり、京浜急行北総鉄道とともに直通運転で羽田・成田間の一大ネットワークの成田側を担う。
乗り入れのために改軌(1372mm軌間から1435mm軌間へ)を行っている。
それ以外にも新京成電鉄(新京成車の片乗り入れ)、芝山鉄道と繋がっている。その関係で路線図も駅数193とかなりぎっしりである。

イメージキャラクター

京成パンダ

京成パンダ


京成カードのイメージキャラクターとして登場した。パンダ。のはず。
幾何学的な顔でとてつもなくブサイク。ゆるキャラの一種らしい。
ドアステッカーにも描かれている。
トンネルの向こうの会社の「けいきゅう♪ドレミたん」みたいなキャラはいないものか…。

スカイ君・ライナちゃん

パンダのせいで完全に忘れ去られたキャラクター。
AE100形をモデルにしたキャラクター。ネーミングセンスがダサい。

意外な側面

京成電鉄系列の企業の一つに「オリエンタルランド」というものがある。
このオリエンタルランド、何を隠そう東京ディズニーリゾートを運営している企業なのだ。
世界に名だたるテーマパークを運営している企業・・・では一応あるものの、アトラクションをめぐって何度か日本の役人と喧嘩をしたり、或いは「本家」のアトラクションやショーを魔改造もといブラッシュアップしてさらに質を向上させてしまったりと中々やることがフリーダムな面もある。まあそれ故今のTDRがあるとも言えるかもしれないが。

関連タグ

京成 K▼SEIGROUP スカイライナー 京成パンダ 東京ディズニーリゾート 舞浜リゾートライン オリエンタルランド 北総鉄道 芝山鉄道 新京成電鉄

pixivに投稿された作品 pixivで「京成電鉄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61212

コメント