ピクシブ百科事典

小星作

こぼしつくる

小星作とは「仮面ライダーエグゼイド」に登場する人物。
目次[非表示]

「やめてください!こいつは悪いやつじゃないんです!」

演:宇野祥平

概要

第17話より登場した幻夢コーポレーションの開発部に勤務する男性。

社長である檀黎斗の失踪後、会社の立て直しの為に開発中止になっていたゲーム「ジュージューバーガー」の開発を着手して無事に完成にこぎつけたが、その直後に「ジュージューバーガー」のデータに潜んでいたバグスターウイルスに感染、ゲーム病を発症しバガモンバグスターを生み出してしまった。しかし、自らがデザインしたキャラクターそのものという理由で愛着が沸き、むしろ実の息子同然に可愛がるようになった。
こういった経緯から、バグスターが傷つくとストレスが増幅して命の危機に晒されると言うレアなケースのゲーム病患者となった。

5年以上前からライダーガシャットの開発に携わっていた技術者としての一面も持ち、万が一に備えてバガモン誕生後に新しいライダーガシャットであるジュージューバーガーガシャットを独力で完成させてみせた。

その後に紆余曲折を得て、バガモンが特殊なバグスター(詳細は個別記事を参照されたし)だった事が幸いして、バガモンが倒されること無く彼のゲーム病が治りバガモンと共に大きく喜んだ……のだがその直後に失踪した檀黎斗が現れて彼が仮面ライダーゲンムであったという事実に直面、そしてそのゲンムに自分の目の前でバガモンを殺害されてしまった。

事件の後はCRの面々の説明を受けて黎斗の事情を把握した。そして、新社長の元で社運を賭けた新作ゲームの開発が決定した際にはプロジェクトの責任者に任命され、多大なプレッシャーを感じながらも自らを慕うスタッフの激励やバガモンの遺言によってこの大仕事に取り組むことを決意した。

しかしその矢先、自分以外のガシャット開発者への制裁及び仮面ライダー達を分断する囮役のバグスターの誕生を目的とした黎斗によってバグスターウイルスに感染させられ、再びゲーム病を発症する羽目に。
そのせいで、病状の悪化でゲーム開発に取り組めなくなった挙句に自分から生まれたモータスバグスター(レベル5)によってスタッフが襲撃されると言う悲劇に見舞われる事に・・・。
なお、ゲーム病自体は用済みとなったモータスがゲンムに排除された事で完治した。

その後、第21話で再登場。大我ニコからゾンビゲーマーレベルXを倒す為の「不死身のゾンビを始末できるゲーム」のガシャットを制作するように依頼され、困りつつもそれに応じた(なお、応じたのはニコから腹パンされた後である)。

そして早速開発に着手し、第22話にて注文通りの力を秘めた銀色の新ガシャットを開発してみせた。しかし、そのガシャット用のゲームと言うのが、坊主が修行を積んでゾンビを成仏させるゲーム「ボーズ・オブ・テラ」。大我やニコのみならず幻夢コーポレーションの仲間もひっくり返るこのセンスに、一旦は「お前に頼んだのが間違いだった」と大我に言われる等、散々な扱いを受けてしまった。
なお、このガシャットは紆余曲折を経て、第23話で無事にマキシマムマイティXガシャットとなった。ゲンムとの最終決戦にて大きな役割を果たし、間接的にではあるがバガモンの敵を取った。

なお、「仮面ライダークロニクル」発売後の彼の動向は不明。

余談

小星作を演じる宇野祥平氏は、特撮ではウルトラマンギンガの柿崎巡査役で出演しており、花家大我を演じる松本享恭氏と同じくウルトラシリーズから仮面ライダーに出演した俳優となる。

ちなみに第4話では、ウルトラマンギンガで主人公礼堂ヒカルを演じた根岸拓哉氏が、西脇嘉高役でゲスト出演している。

第22話で開発した「ボーズ・オブ・テラ」について、前作『仮面ライダーゴースト』に御成と言う僧侶系人気キャラクターが登場していた事もあって、twitter上にて結構話題になった。というかメインビジュアルが結構御成に似ている。
twitterにおける「ボーズ・オブ・テラ」の検索結果
御成を演じた柳喬之氏のツイート
美術担当の山口純一氏による↑のリプライ
⇒まさかプレバンあたりで本当に作るつもりじゃないだろうな……

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 幻夢コーポレーション ゲームクリエイター

ライダーガシャット

バガモンバグスター ジュージューバーガーガシャット

pixivに投稿された作品 pixivで「小星作」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8308

コメント