ピクシブ百科事典

山南敬助

やまなみけいすけ

山南敬助は幕末期に活躍した、新選組の総長である。
目次[非表示]

来歴

天保4年(1833年)頃生まれ、元治2年2月23日(1865年3月20日)没。
陸奥国仙台藩(現在の宮城県)出身で仙台藩を脱藩した、と伝わるが出自に関しては不明な点が多く、
そもそも「山南」姓は仙台藩には存在しなかったという。
江戸では小野派一刀流の免許皆伝となり、後に北辰一刀流の千葉周作門人となった。
他流試合で天然理心流の試衛館道場主近藤勇と手合せした際に敗北。その後、試衛館の門人となる。
また、苗字の読み方には、【やまなみ】と【さんなん】の2説がある。

関連項目

薄桜鬼の【山南敬助】

山南さんの日



声:飛田展男
薄桜鬼の山南敬助は、【さんなん】読みである。
いつもにこやかな笑みを見せながら、冷徹な面を見せる事がある。
ゲーム本編・アニメでは左腕を負傷。
それ以来、自虐的な発言が増えた。
新選組幹部としては、一番最初に羅刹になった。
非攻略キャラであったがリメイク版で攻略キャラに昇格した。

新選組!の【山南敬助】

堺雅人(2004)
新選組総長


2004年のNHK大河ドラマ新選組!」では堺雅人が演じた。
なお【やまなみ】の読みになっている。
常に温厚な性格であり、博識かつ剣の腕も確か。近藤勇の人柄に惚れ、試衛館の門人となる。
時局の読みに明るく、浪士組の発足が成った時に「あなたを一道場主で終わらせたくない」と近藤に入隊を薦めた。
土方歳三と共に新選組を発展させる上で様々な改革を始め、また陰謀・暗殺といった汚れ役を買って出た。
しかし新選組が巨大化するにつれ、徐々に組織の方針を巡り、土方と対立し合う。しかし心中では互いに
その才覚を認め合う仲なのは変わっていなかった。
時代が混乱する中で、内部抗争に明け暮れる様になった新選組に、自分の居場所は無いと悟り、以前から惹かれ、付き合っていた芸妓・明里と共に隊を無断で脱走する。
(隊を脱する事は、法度により切腹になる事が決められていた)
逃亡のさなか、追跡に来た沖田総司(見つからないなら見逃せと近藤から言われていたが)を見つけると
自ら姿を現し、明里に故郷へ戻るように説得した後、進んで京の屯所に戻ってしまう。
結果、近藤から切腹を申し付けられたが、近藤・土方を含む多くの隊士が彼を屯所から逃げるように諭すものの「私が切腹する事で、より隊の規律・結束が強まる。これが私の最後の仕事です」と覚悟を決める。
そして、屯所に駆けつけた明里に別れを告げ、沖田の介錯の元、切腹する。切腹の際も、その作法を沖田に「良く見ておきなさい」と、後の志士達の見本たらんとしていた。
彼が切腹した回は視聴者から多くの反響を呼び、年末にアンコール放送がされる程であった。

関連タグ

坂本龍馬 近藤勇

pixivに投稿された作品 pixivで「山南敬助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 921039

コメント