ピクシブ百科事典

島津義弘

しまづよしひろ

室町後期~安土桃山時代を生きた戦国武将。
目次[非表示]

島津義弘とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将戦国大名
家紋は「丸に十の字」。

プロフィール 

生没天文4年7月23日-元和5年7月21日
生没(西暦)1535年8月21日-1619年8月30日
父母島津貴久:父雪窓夫人:母
兄弟島津義久:長男島津歳久:三男島津家久:四男
北郷忠孝の娘:正室亀徳:継室実窓夫人:継室
主な子島津久保島津忠恒 島津忠清 


生涯

島津貴久の次男として生まれる。
兄は稀代の知将として知られる島津義久
はじめ忠平と称したが、後に将軍・足利義昭から偏諱を賜って義珍(よしたか)と改め、さらに義弘と改めた。その後出家し、維新(斎)となる。

父と共に大隅国西部の祁答院良重・入来院重嗣などの連合軍と岩剣城にて戦い、初陣を飾る。
その後大胆な采配と勇猛さにより活躍し、島津が九州の大勢力となるが、豊臣秀吉九州征伐を受けて降伏。

朝鮮出兵の『伝説』

前期(文禄の役)では、大遅参をやらかしてしまうが、後半(慶長の役)では島津家必殺の戦法 「釣り野伏せ」を駆使して7000の兵で20万の明・朝鮮の大軍を撃退し、海戦で大被害を出しながらも朝鮮水軍の名将・李舜臣を討ち死にさせて友軍の撤退を助けるなど大きな戦果を上げ、「鬼島津」という異名を中国大陸にまで轟かせた。

関ヶ原の『伝説』

天下分け目の関ヶ原では西軍に参加。
島津家内部の意見不統一もあって1000人(一説には3000)ほどしか兵を連れてこられなかったが、石田三成小西行長宇喜多秀家らとともに西軍の中核を務めた。

しかし肝心の関ヶ原本戦で小早川秀秋が裏切り、島津軍が戦闘に参加する前から戦況は敗色濃厚となってしまう。
ピンチになった島津軍は発想を逆転させ、敵軍の中央を突破して離脱するという起死回生の作戦を発動。(「島津の退き口」)
まず旗印などの自軍の目印となるものを捨て、手柄に目がくらんだ敵中を、時に戦い、時にすり抜けて伊勢方面へ逃れていった。
最後、離脱していくのが島津軍であることに気付いた井伊直政が追撃しようとするが、これを鉄砲で妨害し、なんとか撤退に成功した。
この撤退戦で当初1000いた兵(撤退開始時には300程度)は義弘を含めて80余りまで損耗した。

※歴史界隈ではこの話ばかりが有名だが、本当に厳しかったのはここからで、義弘たちは徳川軍の追撃と落ち武者狩りに怯えつつ、ロクに食事もできないまま徒歩で大阪まで移動し、そこから船で九州まで帰還した。

帰還した義弘は大胆にも、関ヶ原で戦った井伊直政を通じて家康と和睦した。

晩年は御家存続と若手の育成に徹し、85歳という当時としては長寿でこの世を去った。

関連タグ

九州勢 島津家 島津四兄弟 鬼島津
戦国武将 創作戦国
信長の野望 太閤立志伝

創作物での島津義弘 

歴戦の老将として描かれることが多い。  

  1. 戦国無双』シリーズ こちらを参照。
  2. 戦国BASARA』シリーズ 詳しくはこちらを参照。
  3. 采配のゆくえ』 詳しくはこちらを参照。
  4. 実況パワフルプロ野球』シリーズ 2011決定版に登場。圧倒的なスタミナと160km/hの重い豪速球を持つ先発投手であり、長打力も半端なく高い。計略「鬼島津」は味方全員の弾道とパワーを上げ、さらに特殊能力「パワーヒッター」と「プルヒッター」を追加するというとんでもないもの。全打席で清本クラスの長距離砲を相手取るような状態で正直ヒヤヒヤもの。

pixivに投稿された作品 pixivで「島津義弘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1041742

コメント