ピクシブ百科事典

立花宗茂

たちばなむねしげ

九州の戦国武将、立花誾千代の夫。また良い意味でリアルチートの一人。
目次[非表示]

概要

立花宗茂(たちばな むねしげ)は戦国時代戦国武将江戸時代初期の大名。大友氏の一族で筑後柳河初代藩主。
実父、養父共に名将と名高い武将を父に持つ、戦国時代のきってのサラブレット。
また本人もそんな父親たちに負けず劣らずの勇名をはせている。
また生涯何度も改名していた為に便宜上基本的には「宗茂」を使用するものとする。

生い立ち

大友家の重臣・高橋鎮種(紹運)の長男として生まれる。母親は斎藤鎮実の妹・宋雲院
男児の無かった戸次鑑連立花道雪)は立花氏の跡継ぎとして紹運の子の高橋統虎(むねとら、宗茂の初名)を養嗣子と迎えたいと何度も紹運に懇願した。
はじめは断っていた紹運であったが、ついにはその必死さに折れてしまい、宗茂は道雪の養子として迎えられる次第となった。また鑑連の娘、立花誾千代を妻とした。
その後幾度の戦において優秀な戦果を挙げていった。関ヶ原の戦いにおいては西軍に属し、獅子奮迅の活躍をしたが、結果的に西軍が敗北してしまい改易され浪人となった。
その後大坂の役において宗茂が大坂方に付くことを恐れた徳川家康は必死に説得し、徳川秀忠の配下とすることに成功した。大坂の役においても驚くほど的確な指示を行い、家康秀忠と比較し、宗茂の非凡さと同時に恐ろしさも覚えた。
その後見事、大名として返り咲き旧領の柳河藩に封ぜられ、晩年には島原の乱に参陣し、武神再来と諸大名は驚愕したという。

人物評

豊臣秀吉は九州征伐で、活躍した宗茂に対して「その忠義も武勇も九州随一である(原文:その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一。)」「九州の逸物」と高く評価したという。
またその後も秀吉は諸大名の前で「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」と高く評した。
慶長の役で、窮地に陥った加藤清正を寡兵で救出した際に、「日本軍第一の勇将」と絶賛された。また、白村江の戦い以来の千年振りとなる唐王朝との正面衝突、碧蹄館の戦いで先発軍の先鋒大将を務め、初戦勝となる立役者の一人となった。
文武両道の武将とされ、剣術と弓術で免許皆伝を持ち、茶道や連歌などに長けていたとされる。

登場作品における立花宗茂

戦国無双』シリーズ

宗茂



声優:東地宏樹
高橋紹運の子で、立花道雪の養子。「剛勇鎮西一」と称されるほど天賦の才を持っている。詳細はこちら

戦国BASARA』シリーズ

MUNESHIGE★


詳しくは⇒立花宗茂(戦国BASARA)

戦国武将姫MURAMASA

むねっしー


→金髪版(R-18注意)

最初はツリ目八重歯黒髪ロングぱっつんに黒レオタード&黒タイツ姿だが、立花道雪さながらに雷神を下して立花家督を継承した後は、髪が金髪になってへそ出しセーラー&縞パン&白サイハイ姿になる。
萌え要素の塊のような女の子である。
史実とは異なり、ゲーム内ではギンちゃんとの夫婦?仲は良い。
そもそも武将が全員女性と言う時点でぶっ飛んだ設定のゲームなのだが、祇園守蒔絵脇当で強化されるなど一般人が知らないような細かい所に運営のこだわりが垣間見える。
その体型から、プレイヤーからは「むねなしげ」やら「ないむねっしー」やらとあだ名されているが、これは実母(実父の書き誤りではない)の高橋紹運譲りの模様。巨乳立花道雪の養子となって薫陶を受けた後でもそこは変わらなかった。
性能は攻・防・知が高レベルで揃ったバランスタイプ。立花道雪大友宗麟立花ギン千代との組み合わせでゲーム内最強連携「稲妻奔る」や「導きの雪雷」が発動する。

かいこ

立花宗茂



父高橋紹運と似た顔立ちと、立花家の家紋、祇園守をイメージしたデザイン。通称王子。
数々のイケメンな言動により家臣や加藤清正、島津義弘などから男惚れされることが多い。
女心がまるで判らないため嫁の誾千代を怒らせることが多く、ツンデレもあいまって誾千代からはしばしばしばき倒される事が多いが、彼なりに一応彼女を大切に思いやっている。


関連タグ

一般
九州勢 戦国 戦国武将 立花道雪 千熊丸 高橋弥七郎 剛勇鎮西一

戦国無双
立花誾千代(立花ギン千代) 毛利元就

戦国BASARA
大友宗麟 ザビー

pixivに投稿された作品 pixivで「立花宗茂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2392306

コメント