ピクシブ百科事典

井伊直政

いいなおまさ

安土桃山時代に徳川家康へ仕えた武将。徳川四天王の一人で、武田家から赤備えを引き継いだ。佐和山藩(後に彦根藩へ改組)初代藩主。子孫の方が知名度が高い人物。
目次[非表示]

安土桃山時代戦国時代江戸時代(永禄4年2月19日(1561年3月4日)~慶長7年2月1日(1602年3月24日))に生きた戦国武将
徳川家康に仕えた徳川四天王や徳川三傑に数えられる名将の一人。

井伊家は江戸時代には譜代扱いになるが、ほかの四天王三人の家がより古い時期から安祥松平家(徳川家の先祖)に仕えていたのに対して、そもそも三河武士ではなく遠江出身で、元は今川家の家臣だった。また、先祖は南北朝時代には南朝側に付いていた古い家系である。

生涯

今川家家臣・井伊直親の長男として遠江国(静岡県西部)で生まれた。幼名は「虎松」。しかし、家臣といっても外様である井伊家は今川家との関係があまり良くなく、父が今川氏真から謀反の疑いをかけられ処刑された。断絶の危機にあった井伊家は信親の従兄妹(虎松のはとこ)の井伊直虎が女当主として井伊家を存続させ、虎松を養子に迎えて育てた。その後、母が再婚したため虎松は所領と家督相続権を失ってしまった。
天正3年(1575年)、徳川家康に見出されて小姓として仕え、「万千代」と名を改め、井伊姓を名乗った。天正10年(1582年)に武田攻めの頃に22歳で元服して、「直政」と名乗った。
本能寺の変が起こった際、堺から家康とともに伊賀越えに従い、無事に三河へ帰還した。北条家との外交交渉で手腕を発揮し、武田家から受け継いだ直政直属の精鋭部隊「赤備え」の大将となった。
天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは赤備えを率いて戦功を挙げ、勇猛な姿から天下にその名を馳せ、「井伊の赤鬼」と称され、豊臣秀吉も彼を評価した。
小田原攻めでも活躍し、徳川家の江戸転封では上野群馬)国高崎に居城を構えた。
関ヶ原の戦いでは東軍方として島津軍と戦い、島津豊久を追撃して討ち取った。しかし、戦いの最中に銃弾を受けた。
戦後には敗将の毛利輝元の講和や長宗我部盛親の謝罪の取次ぎをし、真田信之の懇意を受け入れて、進退もかけて真田昌幸信繁の助命に尽力した。
江戸幕府が開かれ、石田三成の旧領だった近江(滋賀)の領地が与えられ、佐和山藩、次に彦根藩の初代藩主となった。非常時に皇室を守るため勤皇の家柄(皇室は北朝の系統で、南北朝時代は敵対していたのだが野暮な事は言わない)の井伊家をに近い彦根に領地を配されたとされる。
慶長7年(1602年)2月1日に過労と古傷が原因で亡くなった。享年41歳。
この彦根藩井伊家の子孫の一人が幕末に活躍する井伊直弼である。

人物

家康への忠義は人一倍篤く、公私共に家康を支えた。家康も文武両方で手腕を持った彼を信頼する重臣の一人として評価していた。また、小姓の頃は家康の寵童だったとも伝えられる。
若い頃から美男子と言われ、豊臣家に人質として出された時は北政所(ねね)や侍女達からかなりの人気だったという。
直政の甲冑は真紅で、にはのような長く大きい角の前立てがあり、特徴的な甲冑の一つとして有名。
赤備えの軍律は厳しく、直政自身も家臣には非常に厳しく、少しの失敗も許さず、自ら先陣に立つほど戦いを好む激烈で短気な面があった。そのおかげで結構な重武装だったにもかかわらず戦の度に傷を負っていったため、軽装なのに傷一つ負わなかった本多忠勝と比較されたりもする(万能選手の井伊直政と、戦闘特化型の本多忠勝という才能的な意味での対比もあるかもしれない)。
三成の旧領の領民は三成を慕っていた為、直政は三成の統治のやり方を踏襲すると領民に伝え、三成を弔うことも黙認した。また敗将となった三成を処刑直前まで手厚く保護していた。

関連イラスト

直政くんとひこにゃん



創作作品における井伊直政

采配のゆくえ

采配 井伊直政
祈るぞよ


自分の正義=家康、それに対する者は悪と信じる若者。
血気盛んで戦場に颯爽と登場する。

戦国無双シリーズ

PC化おめでとうございます


CV:小西克幸
→井伊直政(戦国無双)を参照。

関連タグ

日本史 創作歴史 創作戦国 戦国時代 江戸時代 戦国武将 東軍
大河ドラマ 戦国☆パラダイス 采配のゆくえ 直政境界線上のホライゾン) ひこにゃん
徳川家康 豊臣秀吉 井伊直虎 本多忠勝 榊原康政 酒井忠次 島津豊久 石田三成
高崎市・・・高崎の都市名は彼と白庵によって名付けられた。

pixivに投稿された作品 pixivで「井伊直政」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 776149

コメント