ピクシブ百科事典

病ミさん

やみさん

病ミさんとは、特定の状況に陥った巴マミを指し示す言葉である。
目次[非表示]

魔法少女まどか☆マギカ第10話のネタバレあり!!






















※10話ネタバレ


ソウルジェム魔女を生むなら、みんな死ぬしかないじゃない!! あなたも、私も…」

概要

魔法少女まどか☆マギカ第10話の暁美ほむら時間ループの途中で久々に登場した我らがガンマスターにして至高の魔法少女巴マミ
活躍所もそれなりに多く、マミさんファンを歓喜させた。

そしてそれは、そんな歓喜の中で起こった。
後輩である美樹さやかの眼前での魔女化。
かけがえのない仲間である彼女を倒さなければならないと言う悲劇。
そして魔法少女と魔女の関係の真相への到達。
これらが原因となり、負の連鎖を断ち切るために仲間の殺害(ただしこれに関しては未遂の可能性を後述)と自害(これについても、この周回のマミがその場の全員を殺して即自害するつもりだったのか、その後にワルプルギスの夜に特攻して果てるなど何かを行ってから死ぬつもりだったかはアニメ中からは不明である)を企てしまったのは。

まず最初に、さやかの死を嘆く杏子の不意を付き射殺。
続けてほむらにもを向けるが、マミの行動を止めるため、親友の命を守る為に放った鹿目まどかによって逆に射殺されてしまう。
久々の登場にもかかわらず、あまりにも予想外の展開に、多くのマミさんファンが悲嘆にくれる事となる…

このエピソードは、これまでのマミさんの言動や思考、絶対的な信頼を置いていたキュゥべえに裏切られる形となった事により生まれた魔法少女達の絶望の大きさを考慮すれば、決してあり得ないと言い切れない行動である。

残酷であるが、同時に、正義を誇りとして闘ってきた彼女らしいとも決断とも言える(完全に心が折れていたならば、この時点で魔女化したとしてもおかしくないはずだからだ)
この世界でもさやかやまどかを魔法少女に勧誘したのは彼女であろう。
自分が勧誘した事が原因で、さやかをこの様な無残な結末へと至らしめた事にも責任を感じた上での行動かもしれない。

(後に発売された公式ガイドブックでは演じた水橋かおりによると、この周での仲間たちの仲はかなり険悪であり、必死で仲を取り持っている最中でのさやかの魔女化と言う事態を目の当たりにした為に、このような結論に達してしまったとの事)
(さらに後に発売されたKEY ANIMATION NOTE vol.5では、シリーズディレクターの宮本幸裕(劇場版総集編の監督でもある)によって、「時間を止められるほむらをまず拘束し、続いて攻撃力の高い杏子を射殺するという"冷静な判断"」というコメントがなされ、この時のマミさんが病んでいたのは顔だけで、その判断力は冷静だったようだ。)


また、この行動は「味方殺し」という見方もあるが、実はこの周回において杏子がマミさん達の仲間になったと確定できる描写はアニメ中に一切無い(この前の回までに視聴者に対する杏子の好感度が上昇していたため、たださやかの魔女化に一緒に居合わせたというだけで杏子がマミさんの仲間だったと錯覚されてしまったものと思われる)。もしそうだとしたら、マミさんの味方殺しは視聴者の誤解だったということになる。さらに、後に発表された『魔法少女まどか☆マギカ~The differnt story~』においてはマミさんとさやかのコンビと杏子は終止対立関係にあって杏子がマミさんやさやかの仲間になることがなく、この漫画によってアニメ十話において杏子がマミさんの仲間でなかった可能性はさらに大きく跳ね上がった。また、確実に仲間であるほむらに銃を向けた理由としても、『魔法少女まどか☆マギカ~The differnt story~』におけるマミさんのさやかに対する入れ込みようを鑑みれば(なんとさやかと一緒に居る為に正義の味方を辞めてしまう覚悟決めるほどである)、そのさやかをまどかが説得を試みている中、一方的に爆殺したほむらに対してマミさんが殺意を抱いたとしてもなんら不思議な事は無い。

もっとも、その場合でも対立していたとはいえ、前述の状況で同じ魔法少女の殺害を冷静に実行していた事になるわけで、自棄になって仲間と無理心中とどっちがマシだったかは解釈が分かれるところではある。


この事態を引き起こしたため、“この事態に幻滅し、ファン離れが起こってしまうのではないか?” との声もなくはなかったが、杞憂に終わったようである。

そも、何故その様な声が出たのだろうか?
正義感と責任感の強いお姉さんとして振舞う事で、本当は泣き虫である自分を隠すと言う、健気な心を持った女の子としてのマミさん&おっぱいをファンは愛しているのである。
今回の事態に悲痛を覚える事はあっても、「愚か者」などと馬鹿にする事などありはしない。
仮にあったとしても、即座にがやって来る。

ところで、10話のインパクトがあまりにも強すぎて精神的な弱みともとれる部分ばかりが強調されがちな彼女だが、そんな弱さを抱えた彼女がまどか達に出会うまでの間、逃げ出すことも無く、魔女になることもないままに(絶望が即魔女化に直結する魔法少女にあって、これは極めて異例である)ずっと一人で(一時期杏子と共闘していた期間もあったが)戦い続けてきたという事実は、強く記憶に留められなければならない。
また、巴マミは他の魔法少女と比べると心が弱いという考えが一部ではあるが、PSPにおいて五人全員が魔女になる状況が示された今、この考え方は根拠を失ったと言えるだろう。
そもそも、マミは魔女から人命を救う魔法少女の在り方、ほむらはまどかの無事、さやかは信じる正義と恭介への想い、杏子はさやかに託した自分の想いというように、絶望につながるほど大切なものは一人一人違うのだ(恭介が仁美と付き合うことになったとしても、まさかほむらが魔女化することは無いだろう)。
どの魔法少女も自分の願いに真剣に向き合い、それを貫き通そうとするほどに心が強く、しかし、ひとたびその願いを完全に否定されてしまえば、それまでの強さからは考えられないほど容易く絶望してしまう。
その彼女らを引き合いに出して、誰と誰を比べて誰の心が強いとか弱いなどと言うのは、もはや比べるだけ完全に無意味だろう。
また、『きらら☆マギカ vol.5』の雑誌インタビューにおいて、『魔法少女まどか☆マギカ~The different story~』の作者ハノカゲは、「事故で両親を失った上に魔法少女になってもずっと一人で戦い続けるという、普通なら心が折れてしまう状況を耐えているマミさんが弱い人間だとは思わない」と答えている。

一つの見方として、この事件で一番の被害者は、気にかけていたさやかが魔女になった挙句、それを救うこともできず落胆していた所に不意打ちでソウルジェムを砕かれた杏子とも取れるかもしれない(ただし、この時杏子がマミ達の仲間であったなら、の話であるが)。

しかし別の見方もある。このTVアニメ第十話が収録されたBD5巻の特典ドラマCDフェアウェル・ストーリーによると、マミは杏子と対立してでも魔法少女の使命を貫こうとした結果彼女とのコンビを解消してしまい、それが原因でさらに深い孤独を植え付けられ(この孤独感の詳細については後にThe_different_storyでふかく掘り下げられている)、それでもなお魔法少女の使命を貫き続けることとなる。いわばマミが他の誰よりも魔法少女の使命に拘るようになったのは杏子との決別が大きな要因として無視できないといえる。そう考えると、マミが魔法少女の使命を否定され、そして彼女にこれほどまでに魔法少女の使命に拘らせる原因を作った杏子が真っ先に射殺されたのは、どこか因果を感じさせる結末である。


関連イラスト

十話マミ素材


見ての通りテンプレである。こんなのが即効で用意される辺りに病ミさんの衝撃とネタ度が現れている。
口元を上下反転させてニヤつかせている作品もある。わけがわからないよ

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ ヤンデレ ヤンデル

外部リンク

死ぬしかないじゃないシリーズとは(ニコニコ大百科)-ニコニコ動画ではこのシーンを使ったMADが投稿されている

pixivに投稿された作品 pixivで「病ミさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1267838

コメント