ピクシブ百科事典

美樹さやか

みきさやか

『魔法少女まどか☆マギカ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

美樹さやかとは、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する人物である。
鹿目まどかのクラスメイト。いつも元気で活発な性格で、まどかとは大の仲良し。(公式サイトより)

CV:喜多村英梨
(左:変身前・制服/右:変身後)

こんなに緊張するなんて
さやか!



控えめな性格の幼馴染み鹿目まどかとは逆に、明るく元気で活発な性格。
まどか曰く「思い込みが激しくて喧嘩もよくしちゃうけど、優しくて勇気があって困っている子がいれば一生懸命……」。

入院中のバイオリニストの上条恭介という幼馴染みに想いを寄せており、しょっちゅうお見舞いに行っては、彼を少しでも元気づけようとクラシックのCDをプレゼントしている。

魔法少女の先輩である巴マミに対してはまどか同様強い憧れを抱いており、後に自らも「人を助ける為」に魔法少女になった為、暁美ほむらに対しては冷たい態度や行動を快く思っておらず毛嫌いしている。
一方で佐倉杏子に対しても、当初は弱肉強食を肯定する言動に激怒して対立していたが、後に杏子の過去を聞いた後は自己中心的な人間だと誤解した事を謝っている。

容姿

後ろ髪が斜めにカットされたショートとミディアムの中間のアシンメトリーな髪型であり、ワンポイントに金色の髪留めをしている。
5人の魔法少女の中では最も背が高い(魔法少女まどか☆マギカPRODUCTION NOTEによれば身長160㎝)が、仁美より低い。胸は5人の中でも特に大きめ。アンダーの差でマミより小さく見えるが、胸囲だけを見れば、マミと同じサイズとして設定されている。

魔法少女として

容姿

魔法少女時は、マントを着用した剣士のような凛々しい衣装で、本人から見て左側が長い斜めラインのスカートと肩出しスタイルが特徴である。
変身前の髪留めは変身後には外れてしまう。TV版では何もつけていないが、劇場版ではff(フォルテッシモ)の形の髪飾りが追加されている。→ffさやか
ソウルジェムの色は、シンボルマークは「C(楽譜において4分の4を表す拍子記号が由来と思われる)」、変身後の位置はお腹おへその辺り)。漫画版ではベルトのバックル部分に装着されている。

まど☆マギ



彼女の"願い事"

彼女が生み出したソウルジェムに込められた願いは「恭介の手を治すこと」。
また、魔女から人を救うことが魔法少女になった目的でもある。

恭介は医者に「(手は)今の医学では無理だ」と宣告され、自暴自棄になっていた。そんな彼を見ていられなかった彼女はこの願いを込めてキュゥべえと契約し彼の左手を治した。

戦闘スタイル

武器は
目にも止まらぬ速度で接近し斬撃・打撃を狙う、典型的な近接戦闘タイプ。
遠間では複数の剣を召喚し投擲攻撃に用いるなど、マミを倣ったスタイルで戦う。
主に一刀で構えるが、8話では使い魔の群れを相手に二刀流で攻撃するシーンも見られた。

さやかちゃん



蒼樹うめによるキャラクターデザイン原案のイラストではスパタのような両刃の西洋剣を握っていたが、アニメではナックルガードの付いた片刃のサーベルに変更された。刀身は完全な直刀ではなく僅かに湾曲している。
英語のファンサイトwikiでは「サーベルのような鍔のついたKATANA」という身も蓋もない解説をされている。
実際、場面によっては刃紋が確認できるので、さやかの剣はカタナであると言っても良い。
(刃紋は刃と峰で鉄の硬さが異なるために発生する模様であり、日本刀独自の構造である)

剣には安全装置とトリガーが付いており、4話の初戦闘では刀身を射出した。
7話の影の魔女との戦いで空中に展開した魔法陣を蹴り、空中での跳躍をしている。
8話の犬の魔女の手下との戦いでは2刀流で戦っているカットが存在する。
剣には本編未使用ギミックがあり、杏子の槍のように連結剣にしたり、射出し命中した後や連結剣を相手に巻き付けた後に刀身を爆破するという事が出来る。
失った刀身はグリップ内のマガジンを交換する事で再装填することが出来る。
鞘も設定されていたが、本編では未使用であり、劇場版で初めて使用された。

魔法少女まどか☆マギカポータブル等のゲームではスクワルタトーレスプラッシュスティンガーと言った技名が設定されていることも。

キュゥべえ曰く「癒しの願いによって魔法少女になった」ため、回復力に優れているとのこと。全治数カ月の傷を負っても一瞬で回復できる。

キャラクター

ネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい
----





まどかと魔女の空間に迷い込んでいたところをマミに救われ、キュゥべえに魔法少女になることを誘われる。
マミの死後、願いと契約の対価の齟齬を解消できないまま契約してしまう当初は契約してしまったことに何も悔いはなかったが、後に理想と現状の違いに悩まされることに。

魔法少女としての活動を開始すると魔法少女の抜けた穴を狙った杏子と遭遇する。「魔女使い魔を魔女に成長するまで逃がし、人間を食わせ放置する」という方針や、「恭介が欲しければ手足を潰してしまえ」というする自分勝手な杏子に反目し戦うが、殺されそうなところをほむらに戦闘を止められる。
そして、人を傷付けるなら魔女だけでなく、同じ魔法少女とでも戦うという考えを持ち始めたことからまどかとの間にすれ違いが生じ始める。

杏子の過去を聞き、ただ自己中心的な人間と誤解していた事を認めるが、「人のために祈った」という気持ちを嘘にしないためやはり他人のために戦い続けることを選ぶ。
だがタイミングの悪いことに次の日、親友である志筑仁美から恭介に対する想いを告白され「本当の気持ちと向き合えますか?」と問われ、魔法少女になり仮にも死んでいる自分は恭介に「抱きしめて、キスしてなんて言えない」と涙を流す。

ソウルジェムの真実が明かされたことにより、もはや自分自身が人間ではなくゾンビであることにショックを受けながらも、それでも杏子の「もう二度と他人のために魔法を使ったりしない」「あんたも開き直って好き勝手にやればいい」という誘いを断り、街を守るために魔女や使い魔と戦い続けることを止めることはなかった。
しかし「ゾンビである自分にはもう存在価値はない」という思いから、痛みを消し彼女特有の治癒能力で修復しながら敵を倒すという負担の高い戦術を取ることになる。そしてその志から、自分のためにグリーフシードを使うこともなかった。

見かねた暁美ほむらからグリーフシードを渡されるも、マミの死の件で「グリーフシードを独り占めするためにマミを見殺しにした」と勘違いしたこともあり(皮肉にもマミ自身の魔法で動けなかったのだが)、また、ほむら自身がまどかを契約させない事が主目的であり、その為ならさやかの排除も厭わないと考えてる事を見抜かれ、結局、使われず。
さやかは魔法の力を使い過ぎたことで、とうとうソウルジェムに溜まった穢れが頂点に達してしまうことになる。

その後彼女を探しに来た杏子に悔いを述べ、最後に「誰かの幸せを祈った分、他の誰かを呪わずにはいられない。私達魔法少女って、そう言う仕組みだったんだね」と絶望し、
人魚の魔女Oktavia_Von_Seckendorffと化した。
ただ在りし日の感動を夢見ながら手下達の演奏を聴くだけの存在となった彼女にまどかの声はもう届かず、
最期は手負いの杏子と共に消えていった
上記の会話の際には、「杏子の言った通りだった」という旨の発言をしている。死の間際となってしまったが、彼女が身を案じてくれていたことを、ようやく理解できたのかもしれない。

ほむらが体験してきた他の時間軸では、さやかは魔法少女になったりならなかったりしている。ほむらがまどかと約束を交わした時間軸で、ほむらから「キュゥべぇが何か企んでいる」という疑惑を伝えられても信用できず、打ち合わせも無しに目の前で突然爆発するほむらの戦闘スタイル(当時お手製爆弾のみ使用)が危険であることを告げていた。また、杏子と接触していたらしく彼女とも本編時間軸同様険悪な関係だったことが伺える。同時のこの時間軸でも魔女化している。
ちなみに公式ガイドによると3週目のワルプルギスの夜戦後、まどかが隠し持っていたグリーフシードは、この時の魔女化したさやかのモノであると判明している。

ちなみにこの3周目の関係性について、脚本の虚淵氏はさやかをモンハン双剣使いに例え

ついうっかり爆弾アイルーをオトモにしてしまった双剣使いであれば、さやかの心情とて無理からぬものと察してあげられる筈なのです…
と語っている。

…なお、成田良悟氏返して曰く
ハハハ、爆弾アイルーをお供にしているのに双剣でいくのが悪いのですよ。 私など二匹とも爆弾アイルーですがガンナーなので問題無しですよハハハ
…ですよねー?
なお、他の二名ガンナーである事は言うまでもない。

なお、最終話における改変後の世界でも、恭介への思慕の情に殉じる形で魔獣を止めるための犠牲となり、力を使い果たして円環の理の元に消滅している。
但し改変の時に、本来得られる筈だった未来を奪う事になるという事で、特別にそのまま世界が続いた場合の未来で行われた上条恭介のオーディションでの演奏をまどかの計らいで見せてもらっており、恋こそ実らなかった物のかつての感動を再びという念願を叶え、仁美と恭介の恋を祝福する形で消えていった。

作中時間において魔法少女になってから、命を落とすまでの僅か一週間を、まさに閃光のように駆け抜けた少女である。そのどこまでもひたむきで、がむしゃらなまでに一途に突き進んだ姿は、14歳という未成熟な年齢に最も近い魔法少女であると言えるかもしれない。

外伝作品

魔法少女おりこ☆マギカMagica_Quartet 漫画:ムラ黒江

美国織莉子を主人公とするスピンアウト作品。
第1巻ではまどかの台詞に仁美と共に出てくるのみで第2巻から登場。まどか共々キュゥべえや巴マミとの関わりがなく、魔法少女や魔女のことを知らない普通の少女として登場。その為ほむらとも一緒に下校する友人関係になっている。当然杏子とのライバル関係も存在しない。
後の織莉子とキリカによる見滝原中襲撃の際、仁美を連れて逃げ回り、まどかと合流し皆でほむらを助けに行くが、皮肉にもまどかの最期を見届ける事になる。

魔法少女かずみ☆マギカ

第10話「チチンプリン」にて、御崎海香かずみに魔女について説明する際のバック絵でOktavia_Von_Seckendorffが登場したが、「かずみ☆マギカ」は「まどか☆マギカ本編」と同じ世界観で展開されるので、読者に魔女のわかりやすいイメージとして使われたのだろう。結局魔女になってしまうということだが。

メモリーズオブユー

DVDまたはBD1巻付属のドラマCD
長期にわたる入院生活が原因で勉強が出来ないメガほむに(仁美の)ノートを貸そうとするさやかの姿も描かれ、友好的だった時間軸もあった事が初めて提示された。

魔法少女まどか☆マギカ[魔獣編]

序盤における主人公である。マミ、杏子とチームを組んでいる。
杏子との仲は本編と違い仲良く喧嘩するほど良好だったが恭介の件が原因で徐々に仲が悪化していく。その後はマミ達とは一緒に行動せず一人で魔獣を倒していたが大物魔獣が襲来したのが切っ掛けでチームに復帰する。その戦いの最中で杏子との仲が回復し、遂に杏子を友達と認める。そして穏やかな顔をしながら円環の理に導かれるのであった。
なお彼女は早期退場するものの退場後にも彼女に化けた魔獣が登場する(魔獣サヤカ)ので偽者も含めると出番はそれなりに多い。魔獣サヤカは性格こそ本物と違うもののさやかに化けているだけあって本物のさやかと同じ口調で話し、本物と同じ武器で攻撃し、戦闘能力も(描写を見る限りでは)本物に匹敵するのでさやか退場後も満足して見られるであろう。尤もこの魔獣サヤカはほむらと同じ時止めが使えるので実際は杏子ですら苦戦するほどの強敵だが。

魔法少女まどか☆マギカポータブル

まどかルート

本編同様に契約し絶望に至るが、まどかが契約したため元の人間に戻ったが、直後にほむらがループを開始したために、その後の描写は詳しく描かれていなかった。
また、病院の屋上で行った恭介によるバイオリンの演奏の後、数枚のCDをプレゼントとして渡したり、本編における8話冒頭でまどかを強く突き放したことに後悔していた描写が見られた。

マミルート

数ヵ月前、ショッピングモール内で突然まどかか居なくなり必死に探しようやく見つけ出た。
非常に心配していたようで、今晩にまどかから掛かってきた電話による通話からも其れが良く解る。
翌日、まどかと戯れ合い仁美に呆れられたところ、まどかがマミを見掛け際仁美と共に不思議がっていた。

後にまどかが魔女退治で忙しくなりまどかと疎遠になってしまい、その事で若干寂しがり、その事を街で会った詢子に話していた。

さやかルート

登校時にまどかとマミの仲の良さに不思議そうに感じ、幼馴染みを取られた気分と称していた。
ほむら転校時、さやかからすればまどかとは初対面であるにも関わらず、ほむらはまどかに馴れ馴れしく接し、更に自身とまどかに対する態度に差があった為、ほむらへの嫉妬心からか彼女を転校生と呼ぶ事が多かった。

下校時にまどか達3人に会い、彼女達が偶然会ったと言う返答に対し疑問に感じたり、まどかの足元にキュゥべえを目にするが皆に誤魔化される。
その後恭介の元にお見舞いに行きCDを渡してあげ、恭介にバイオリンの弾き方をレクチャーしてもらう。その後事故で元に戻らない左腕の事を嘆く恭介をさやかは心配した。しかしまどか達にはその感情を見せることは無かった。

夕方まどか達とファストフード店で有意義な時間を過ごし仁美が先に帰り、さやかがCD探しに行こうとするも最初は了承したまどかだったが、魔女退治の予定が入った為に直後に断られてしまう。

まどかに親友が出来たことやまどか達が隠し事をしていることで落ち込み学校を休んでしまい、心配したまどかやマミが電話を掛け、さやかはマミの電話に出てあげた。
夕方、病院に来てしまい恭介に悩みを打ち明けようと思い見舞いに行きCDを聴かせるも、彼は二度と動かない左手に自暴自棄になっておりCDプレイヤーを叩き割ってしまう。

その相談をまどかに打ち明けようと考えるも、まどかは魔法少女の訓練の予定が入ってしまった為に断られてしまう。
再び恭介に見舞いに行くが彼に拒絶され、キュゥべえに契約を持ち掛けられるも拒否し、その後もしつこく契約を迫られていたときに、恭介が飛び降り自殺を図ろうとしたのを止め、彼を助けるために契約することに。

翌日の夕方、恭介の身体の具合が良くなり安心し場の雰囲気も良い感じになるも直後キュゥべえから魔女の気配を察知し止む終えずその場を離れ魔女退治をすることに。

恭介が退院し彼から夜の公園に呼び出され、さやかの為にバイオリンを弾いてくれ、良い雰囲気になりキスする直前までいくも躊躇ってしまった為に特に発展は見られず、キュゥべえからも気になられていたが、特に気にする事は無かった。

魔法少女になった次の日、使い魔を狩っているときに杏子に遭遇。本編同様に戦い圧倒されたところにまどか達が駆け付け杏子は撤退。
その直後襲い掛かる使い魔達をまどか達と共と戦うも自分の非力さを実感し、戦いの後にマミに一緒に戦うよう誘われるがそれを断る。
翌日、マミにグリーフシード争奪故の縄張り争いや杏子に関することを踏まえ再度共闘するよう説得されるが、内心は単身で戦うことを決意していた。

その後仁美が恭介に告白する意を伝えられ、数日後下校時に仁美を見付け追い掛けようとするも杏子に遭遇し彼女の挑発に乗り場所を変え決闘するもマミの介入に止められ、直後魔女結界が発生し一時共闘することになる。
結界最深部でシャルロッテに苦戦し、捨て石となる覚悟だったマミに杏子と撤退するよう指示され拒否するも、マミは自身を庇い食い殺される。
杏子に連れられ脱出するも、マミを救えなかった無力さに痛感し自らのソウルジェムを消えてゆく魔女結界に放り投げ、自らの肉体は魂の脱け殻と化する。

肉体はホテルで保管され杏子により魔力で保存され、後の展開で彼女が魔女化するか非か決まる。

期間内にソウルジェムが見つけられなかった場合。
杏子の手で見つけ出すも彼女は疲労で寝てしまい、さやかは目を覚ますも杏子だと気づかずホテルから出ていき、身体に疲労感を感じ周囲の視線を疑問に感じながらもマンションに到着。
上条恭介が自宅前で待っており、さやかの為に作曲したCDをプレゼントするも彼女の変化した姿に気付き化け物と見なし恐怖を抱き逃げ出してしまう。
やがて自分の腐敗した姿に気付き、駆け付けたまどか達3人に恭介に嫌われたこと、そしてマミを死なせてしまったことやまどかやほむらに酷い態度を見せたことを告げ、自身のソウルジェムがグリーフシードに変貌し其を目にし絶望、魔女化。

期間内にソウルジェムが見つけられたが、さやかのソウルジェムが濁り切っていた場合。
杏子と共に魔女Isabelに挑むも結界内に恭介と仁美が居て正体がバレて化け物と見なされるのを恐れに戦うのをためらうが、杏子に叱咤され立ち直り、二人を助け杏子と共に魔女を倒す。
しかしさやかの魔法少女姿に恐怖を抱いた恭介は「大丈夫?怪我はない?」と心配してきた彼女を「さやかの姿をした化け物」と見なし罵倒、さやかは仁美にすがるが彼女も化け物と見なされてしまう。
さやかは心が折れ自暴自棄になり、そのまま使い魔や魔女の戦いに明け暮れ、最終的に本編同様の場所でまどか達3人の目の前で魔女化。

期間内にソウルジェムが見付かり、濁りも浅い場合。
展望台で杏子に会い、自身が失恋したことやマミを死なせたこと、友人達を傷付けたことで居場所が無くなった事を杏子に吐露、立ち去ろうとしたときに杏子が自分の過去を告げ、さやかを必要としていることを告げられる。
後に杏子と共に魔女に襲われた恭介と仁美を助け、二人が意識を失っている内に去っていった、また恭介の事も吹っ切れた様子。
その日の夜、公園でまどかとほむらと共に去ってゆく杏子を見送った。
その後はほむらとも和解した様子。
ワルプルギスの夜との戦いでは杏子に何も告げなかったが、これは自分達が敗北したときの「保険」の為。しかしあの別れが最後の会話になってしまいほむらを残しまどか共々戦死してしまう。

余談ではあるが、さやかルートの鬱展開は開発中はこれよりもさらにひどい鬱展開だったらしく、監修に入った虚淵氏さえも難色を示したほどで、上記の鬱展開でさえ虚淵氏が加減した展開である(虚淵氏曰く「今までこれほどさやかに優しくした事はなかった」とのこと)。
本来はどれほどの展開だったのだろうか...

杏子ルート

本編同様契約し魔女退治に行くも、同行を希望するまどかを連れていかず、一人使い魔を追いかけている最中に杏子と遭遇し、対立し戦うもほむらに止められる。

後に歩道橋で杏子に自分の為に戦うよう説得されるも拒否、再度決闘することになるも本編同様にまどかにソウルジェムを投げ落とされ、ほむらの手により戻され、改めてほむらからソウルジェムの秘密を聞かされる事になる。

ショックにより学校を休み、更に仁美から宣戦布告されて落ち込んでいたところに杏子に教会へ連れられ、杏子の過去を聞かされる。
話が終わり、杏子に一緒に戦うように勧められるも、自身は杏子が本心は他者の為に戦いたい事を看破し、彼女の分まで背負って戦う意を彼女に見せ、申し出を断って去っていった。

しかし恭介と仁美の人間関係の影響もあり、最終的に本編と同様の場所である駅のホームで杏子の前で「彼女の分の呪い」を背負って魔女化。
後に人魚の魔女は杏子達よりも先にほむらに手で絶たれる。

前述のまどかの件も含めて、誰にも迷惑をかけずに戦おうとするスタンスが強調されており、その結果、本編以上に頼れる者がいない状態となっている。
それ故か、「自分のことしか考えていない」ということにも自力で気付いており、結果としてそのことが、杏子へのアプローチの違いへと繋がっている。
総じて、原作よりも男らしく、自己犠牲的なキャタクターになっていると言えよう。

ほむらルート

ほむさやの項目も参照。
冒頭でほむらがキュゥべえを撃った場合、本編同様に傷ついたキュゥべえをまどかと共に見つけた後に、結界に迷いマミと出会い、魔法少女を知ることになる。このときほむらには遭遇していない。
マミの魔法少女体験コースにまどかと共に参加、廃ビルへ向かい魔女の口づけの影響で飛び降り自殺を図ろうとするOLを助けるマミを目にし、その後先回りして魔女を倒したほむらに会い、彼女がマミに2人を魔女退治に同行させない事を忠告する。
翌日、まどかと一緒に願い事について考えるも思いつかず、自分達が恵まれすぎてバカになっていると思うと、ほむらが現れ、さやかの考えを立派だと称しキュゥベエに対する警戒を忠告され、更にマミがほむらをグリーフシードを独占目的で来たことを彼女に問い詰めたことを目の当たりにする。
夕方恭介のお見舞いに来た所ほむらと仁美に会い、ほむらを魔女関係で恭介を巻き込むのかと警戒する。
やがて本編同様に恭介の状況が悪化し、たまたま病院で会ったほむらに魔法少女の事を話そうと考えるも止めて去っていく。
後に本編同様にお菓子の魔女結界最深部にキュゥべえと共にグリーフシードを見張る。
ほむらがマミを強引に止めようとした場合マミは目の前で魔女に殺され、本編同様に魔法少女になる事を止めキュゥべえと別れることに。
逆にほむらがマミを先に行かせた場合、マミは助かり彼女から仲間を必要とする切っ掛けとなった過去を聞かされる。

これにより本編同様に魔法少女としての戦いの危険性を肌身感じ、魔法少女になるのを考えるのを止め、キュゥべえと別れることに。

冒頭でキュゥべえを捕まえた場合、普段通りまどかと共にCDショップでCDを探していた。
翌日の夕方、まどかに怪談話をしていたところ、キュゥべえのテレパシーをまどかと共に感じ廃ビルへ向かいそこで魔女の口づけの影響で飛び降り自殺を図ったOLを目にするも、直後ほむらの手で助かり、彼女の指示でこの場を去ることに。
翌日の昼にまどかと昨日の事を話しているとキュゥべえに会い、キュゥべえから魔女と魔法少女の事を告げ契約を持ちかけられたときにほむらが現れ、契約しないように忠告される。

番外編

最初、まどかとマミと共に魔女退治の後にほむらが現れ、教訓を叩き込まれることになる。
このルートでは、半ば強引だがほむらの思いつきにより、恭介を賭けて仁美と決闘することになる。
窮地に立たされても魔法には頼らず、結果その姿勢に仁美が負けを認めたことによって、晴れて恭介と結ばれるようになった。
後のお見舞い時に、ひょんなことから恭介に正体を明かすことになり、それも好意的に受け入れられるのだが、その後のさやかの浮かれっぷりは果てしなくウザい。

また、学校をサボり気分爽快で使い魔や魔女退治の最中に杏子に会い、彼女も魔女≠悪を倒す正義の味方だと思いすんなりと譲ってあげたりした。(しかも彼女をちゃん付けで呼んでいた)
その縁があってか杏子に教会へ連れられ、教壇の大量のグリーフシードを見せてくれて、彼女が魔法少女の縄張り争いに関することを話し、その後グリーフシードを持ってきてあげることを約束し、お互い友情を固めた。

その後、ワルプルギスの夜戦において魔法少女との結束を新たに戦闘に臨むが劣勢を喫し、この方法では駄目と悟ったほむらによってまたしても時間遡行されることとなった。

叛逆の物語での立ち位置

ネタバレ注意
























水の底



円環の理に導かれた後、その一部となっている(本人は「まどかの鞄持ち」と表現している)。円環の理に導かれた魔女たちは、生前の魔法少女としての記憶や人格を保ったまま魔女としての力を使うことも可能である。さやかの場合、作中では水を介してOktavia_Von_Seckendorffを召喚・使役していた。
魔女化しかけた暁美ほむらが、インキュベーターの実験の影響で上手く円環の理に回収されなくなった事態を受けて、同胞である百江なぎさと共にアルティメットまどかの補佐にあたるべく現世に戻る。その際、他の円環の理の魔女たちからも使い魔を借り受け、引き連れている。

まどかと記憶を共有しているのか、過去の世界におけるループを認識しており、ほむらの心情や苦悩をようやく理解できるようになり、歩み寄りの姿勢を取っている。また、死の間際に気持ちの整理をつけていた記憶も引き継がれており、恭介や仁美、杏子とも自然に打ち解けている。恭介と上手くいっていない仁美のことを苦笑い混じりに気遣うなど、直情的で不安定な面はなりを潜め、精神的に大きく成長した描写が目立っていた。また、自分を案じてくれた杏子を置き去りにする形で死別してしまったことについて、どこかで心残りを感じていたようである。
「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット」内では、明るく振る舞いつつも飄々として一歩引いたムードメイカー、といったポジション。戦闘では、杏子と(望まれつつもテレビ版ではついに実現しなかった)接近戦担当同士のコンビネーションを見せる場面が多い。
変身シーンはブレイクダンスをモチーフとしているようだ。

中盤、魔女の結界の存在に気付いたほむらがマミと交戦し、拘束されていたところを救出。それを契機にほむらへ記憶回復のヒントを渡すが、不審な存在であると誤解され、攻撃を受け撤退した。
この時のさやかは、魔女に同情的な言動を見せつつ、「理想的な世界にいられるのなら、それも悪くないんじゃないか」と語るなど、ほむらが安らかに逝けることを望んでいたような節が見られる。これは、誰かのために祈った無償の愛と錯覚していたものが、そうとは呼べない代物であると気づいたときの悲しさや虚無感を知っていたが故の、「気持ちはわかるよ」と言ういたわりの姿勢である。

ほむらが魔女化した際には、他の魔法少女と共に戦線に参加。まどかに自身の本当の力の使い方を教えると、それまでインキュベーターに隠していた正体をなぎさと共に明かし、ほむらを救済するために戦った。
この戦闘の最中、「さやかはすでに死んでいて、生きているさやかと一緒に戦っているのは夢だ」と思い出し悲しむ杏子に、「夢というほど悲しいものではない(再会し、お互いの気持ちを確かめ合っているのは本当である)」と慰めている。上記の感情を吐露し、お互いを理解し合った2人は、今度こそ本当に友情で結ばれることとなった。

一連の戦闘を終えて結界から脱出し、さやか達はほむらを導こうとした。しかしここでほむらが、円環の理の一部を強奪・世界の再改変を実行し、まどかを強引に現世に引き戻してしまう。さやかもなぎさと共にこれに巻き込まれ、同様に現世に引き戻されてしまう。
まどかを傷つけ、ほむらの救済に協力した魔女を含む全ての魔法少女の希望であった円環の理を引き裂いたほむらの行為にさやかは激昂し、ただ1人対峙した。しかし、「魔」なる者となったほむらによる記憶改竄のために、さやかは円環の理としての記憶を失ってしまう(魔女の力をどの程度失ったのかは不明だが、劇中では記憶を失うと同時に、召喚したOktavia Von Seckendorffが消失した)。それでも、ほむらが何かしらの大罪を犯したということ、そして「魔獣を全滅させた時には魔法少女と敵対し、世界を滅ぼしてもいいかもしれない」と発言したことは憶えており、「あんたが悪魔だってことだけは忘れない」と宣言してほむらを見送った。

その一方、現世に引き戻されたということは、再び人間(魔法少女)として生きていけることを意味しており、事実上の蘇生を果たしたことになる。なぎさとは違い、魔法少女の能力は失っていない模様。

ほむらと別れた直後、その場を通りかかった恭介と仁美に声をかけられた時には、「もう一度仁美と恭介に『おはよう』が言えるのは幸せ」と嬉し涙を流していた。

テレビ版では悲劇的な扱いがされていたさやかであったが、本作では文字通り八面六臂の大活躍を果たしており、5人の魔法少女中、最も救われたキャラであるとも言える。
おまけに今後ラスボスとして扱われるであろうほむらとの間には、唯一その正体を知る「宿敵」として、更なる関係の掘り下げが期待される幕引きとなっている。
解釈の中には、暁美ほむらがに叛逆した悪魔(海外では堕天使ルシファーに掛けてホムシファーとも)ならば、神の補佐役の美樹さやか(と百江なぎさ)は天使の立ち位置になる、とするものもある(悪魔は「神への叛逆者」、天使は「神の僕・眷属」の意味)。
悪魔ルシファーと対決した天使ミカエルのシンボルが「鞘から抜かれた剣」であることを考えると、剣を武器とする美樹さやかはホムシファーの「宿敵」として適任と言える。→さやほむほむさや

ちなみに上記の魔女結界の中では、なぎさ共々その真相を知りながら、敢えて口裏を合わせていたことになる。
現実とはかけ離れた言動を繰り返し、珍妙な変身ポーズや必殺技を披露する仲間達の姿を前にしていたわけだが、どのような心境だったのであろうか。元々ノリの良い性格であるから、けっこう楽しんでいたのかも知れない。

さやかちゃん株が上がった


……実際、本人の変身ダンスが一番珍妙だったというのがもっぱらの評判でもある。

また、ほむらにヒントを与えた場面でもほのめかしていたが、ほむらが結界の中に望んだ風景が「五人の魔法少女が力を合わせて街を守る」ものであったことにも、何かしら感じ入るところがあったのだろう。
かつての時間軸ではほむらとすれ違いばかりだったさやかが、記憶を保持したことで結果的にほむらの唯一の理解者になったことは感慨深くもあり、皮肉でもある。「宿敵」と書いて「とも」と読む。

ファンからの扱い

本編で杏子と深く関わることから、二次創作では杏子との関わり合いがほとんどで特に杏子の側からツンデレなアプローチをされていることが多い。→杏さや
外伝漫画の魔法少女おりこ☆マギカでの出番前から、杏子絡みの幼女キャラ千歳ゆまとの絡みネタが飛び出すという事例も確認されている。→ゆま杏さや
その一方で彼女の不遇さが目立ち、自分を犠牲にしてまで救った恭介を手に入れる事は叶わず友人の仁美に奪われ、ソウルジェムは投げられ、荒れた果てに魔女化し、葬式が行われる。不遇な目に遭っている作品には安定のさやかタグが付けられたりしている。
逆に彼女が幸せに描かれたイラストにはさやかちゃんも救い隊が付けられる。
また10話や漫画版2巻での描写もあってか、暁美ほむらとは基本的に気持ちがすれ違う対立関係に描かれることが多い。ただし上記の通り、叛逆の物語の後は、対立関係という構図は同じであっても、その理由には大きな変化が見られる。→さやほむほむさや

他の主要人物に比べ、これといって定着した愛称があまり見られない。敢えて挙げるとすれば、「さやさや」「さやかあちゃん(漫画版の誤植から)」「戦慄のブルー」などがある他、コアなファンからは「青」と呼ばれることも。
本編でまどかが一貫して「さやかちゃん」と呼んでいたこと、さやか自身も自ら「魔法少女さやかちゃん」と名乗っていたことから、「さやかちゃん」という呼び方自体が彼女への愛称になりつつある。

魔法少女たちの中でも、特に年頃の年齢相応の少女らしい性格のため根強い人気があり、女ならではの良い部分悪い部分を描ききった繊細な心理描写に共感する人も多いのか特に女性ファンから人気がある。薄幸な人物であるがその不幸さを癒す、または回避するような動画・静画が多く作られていることから彼女への支持が窺える。
実際に最終話アフレコリポートや終了後のインタビューによると、本作の女性キャストのほぼ全員がさやか支持であると確認できる(残る一名も、仁美役なので仁美の弁護に回らざる得なかっただけで、基本的には好かれているようで有る)。

ギャグ創作においては、この「年齢相応の活発な少女」という立ち位置から、さよなら絶望先生日塔奈美のように、スイーツ(笑)扱いで俗物ぶりを発揮したり、その薄幸さやタイミングの悪さ故に常にヒドイ目に遭わされたり一人で空回りするキャラ付けが多め。「○○だと思った?さやかちゃんでした。」という台詞の付いたイラストは比較的有名かも知れない。

また、さやかファンの実力や愛情はまどか☆マギカファンの中でも屈指であり、こうした作品でよく作られる公式絵の改造イラストも、さやかファンの手にかかれば、もはや元絵を使うことなく公式絵と区別の付かないレベルの完成度に到達している。

ちなみにそんなさやかファン達は、『使い魔』と呼ばれるのがもっぱらであり、当人達も好んでそう称している。

備考

雑誌のインタビューによると、さやかの魔法少女としての才能は「まどかと比べて」低いだけで実際は杏子と同じパワー・スピード型。防御に関しては杏子以上であり、力の差は単純に技術の差だったらしい。
叛逆の物語においては、ループの記憶を得たことによって経験値を得たのか、そうした本来の伸びしろを裏付けるような活躍をしている。

8話のホスト達の処遇について、新房監督はインタビューで「絶対そんなことはしないだろう」と述べ、さやかはホストを殺していないとしている。
「人殺しが幸せになるためには、何らかの改心や過程が必要である」というのが、新房監督の考えであり、そうした過程の描かれなかった叛逆の物語は、「殺していない」という体で制作されているとのこと。
虚淵氏はインタビューで「自分としては特に決めていなくて、お客さんの妄想に任せるという形にしていました」と述べ、「確かコミカライズ版だと、血まみれの剣を引きずったりしていましたよね。
「ああ、やっちゃったんだ」と、明らかに思わせる描写だったので、そのあたりはオフィシャルでも二分されています(笑)。
自分としてはどちらの解釈でもいいと思ってるので、明確な答えは用意していないんですけど、さやかが彼らの会話を聞いて、激しく傷ついたのは確かです」と説明している。

ちなみに漫画版での描写について作者のハノカゲ氏は「8話でさやかが血のついた剣をずるずる引き摺る場面…はじつは後の9話が演出面でアニメと異なる分岐ルートになっているというフラグ だったり  ちなみにホストの生死は作者的には「おまかせ」」と語っている。

新房監督はお気に入りのキャラクターであるとインタビューで語っており、収録を進めるうちにお気に入りとなった結果、8話アフレコ時に虚淵氏に「どうにかしてさやかを生き返らせられないかな」と言ったらしい。
しかし当然ながら流石にキャラやキャラ背景も完全に固まったこの時点で出来る改変には限度があり、結局最終話でさやかに与えられるハッピーエンドの形はああいった形に終わったらしい。

虚淵氏はBLACK PASTでの宇野常寛氏との対談において「キャラクター自体を物語として見ちゃうんでしょうね。一つの人生という形でね。そうなると、やっぱりキャラクターにとってのエンディングって死なので、そこに向かうまでの過程をいかに盛り上げるかが重要だと思うんですよ。そうなると、どこかでキャラクターというのは死ななければならないし、それを見据えるからこそ輝く存在なんだろうという気がします」と語っている。

初回版BD特典ブックレットや雑誌インタヴューにより「上条恭介には異性と認識されていなかっただけなので、チャンスが無いわけでもない」「実は属性」という事が明らかとなり、さやかファンの熱はさらなる高まりを見せている。
また、さやか役の声優の喜多村英梨はPSP版最後の収録を終えた際「恭介とくっつくのが本当の幸せとは限らないですよね」と話している。

余談

牧村美樹弓さやかが名前の由来と思われる。
新房昭之監督が永井豪氏のファンのため、可能性は高い。

「青に関連した学生」「片思い相手でもある幼なじみのために人智を超えた戦いに身を投じ、蝕まれていく」「幼なじみへの恋愛は失恋に終わる」
神無月の巫女』の大神ソウマと似たところがある。

関連イラスト

泡沫
溺れる


ただでさえ、さやかわいいさやかちゃんが
♥


人魚の魔女
青い子にキュンキュンきました


美樹さやか
人魚の涙



関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女まどか☆マギカポータブル
鹿目まどか 巴マミ キュゥべえ 暁美ほむら 佐倉杏子 百江なぎさ 上条恭介 ホスト二人組(ショウさん)
Oktavia_Von_Seckendorff and_I'm_home メロゥ
スクワルタトーレ スプラッシュスティンガー ショートカット ボーイッシュ

イラストタグ
奇跡も、魔法も、あるんだよ 後悔なんて、あるわけない もう何も痛くない あたしって、ほんとバカ さやかちゃんも救い隊 激しく哀しい愛を込めて ffさやか チアさやか
さやぱい さやかの唄 たんぽぽさやか めんどくさやか 192cmさやか 安定のさやか どうあがいても絶望 どうあがいてもさやか さやかわいい さやかっこいい さやかあちゃん 女神さやか/アルティメットさやか 残念さやかちゃん 変態さやかさん さやかホイホイあたしって、ほんと昭和 さやカバ
うさやか ロリさやか ショタさやか
美樹セラレータ さやさや

漫画・小説タグ
魔法少女さやか☆マギカ 魔法少女さやか☆マギカ~ハートフルストーリー~ The terminal of "The ring of MOEBIUS"
杏子とさやかの幸せを願し者のDayBreak 恭さやに定評のあるC3000

「癒しの願い」繋がり
千歳ゆま 飛鳥ユウリ
 

カップリングタグ

二人組

↓表記/相手→佐倉杏子鹿目まどか巴マミ暁美ほむら
自分が攻めさや杏さやまどさやマミさやほむ(青ほむ)
自分が受け杏さや(紅騎士と蒼髪姫)まどさやマミさや(蒼髪姫と黄金色の騎士)ほむさや
↓表記/相手→百江なぎさ上条恭介志筑仁美
自分が攻めさやなぎさや仁
自分が受けなぎさや恭さや(さやかちゃんも救い隊)仁さや
三人組
退場組/あの世へ誘う信号機 平和組 円環組 ゆま杏さや

原画繋がり
沙英(青髪繋がり)

他の語原

Sayaka Miki
美树さやか(中国語入力システムを利用した場合の表記)

外部リンク

美樹さやかとは(ミキサヤカとは)-ニコニコ大百科
美樹さやかとは(ミキサヤカとは)-ニコニコ大百科モバイル
美樹さやか-Wikipedia
美樹さやか - Enpedia

pixivに投稿された作品 pixivで「美樹さやか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180320231

コメント