ピクシブ百科事典

魔法少女おりこ☆マギカ

まほうしょうじょおりこまぎか

『魔法少女まどか☆マギカ』の書き下ろし外伝コミックス。全2巻。[別編]が全1巻。作者は『ムラ黒江』。まんがタイムきらら☆マギカで『[新約]魔法少女おりこ☆マギカ〜sadness prayer〜』が連載中。
目次[非表示]

2011年5月に第1巻が発売された

ストーリー

孤高の戦いにあけくれる佐倉杏子、正義を胸に見滝原市を守る巴マミ
静かに鹿目まどかに寄り添う暁美ほむら
交わることのないはずのそれぞれの魔法少女としての戦いが、
『魔法少女狩り』という事件を中心に一本の物語を紡ぎ出す。

それは、彼女たちの運命を変えてしまうような事件――。
それは、新たなる魔法少女物語の始まり――。

(まんがタイムきららWeb、第1巻あらすじより)

作品解説

今更 おりこ完結
だから一緒にいこう



本編ではサブキャラクター扱いであった杏子やマミに焦点が当てられ、10話の中にあった別の時間軸を舞台に、オリジナルキャラクターも交えた物語が描かれている。
本編と同様(あるいはそれ以上)に悲劇的かつダークなストーリーが展開されている。
描写も1巻の数ページ目で内臓が露出した死体があったり、杏子がダルマにされたり、
2巻で先生が使い魔に食い殺されるなど、本編以上にグロテスクなシーンも多いが、耐性がない人でも読むことには支障は出ないだろう。
近年になり外伝作品が執筆され、主人公2人のキャラクターが掘り下げられたこと、映画「叛逆の物語」の描写と近似した部分が少なくないことから(外伝の連載は続いているが)二年経って再び評価された作品でもある。
まんがタイムきらら☆マギカvol.9では「『まどか☆マギカ』のスピンオフ作品として絶大な人気を誇る」と紹介された。

完結の翌年から刊行された、まんがタイムきらら☆マギカにて、不定期の連載がスタート。
こちらは本編時間軸の補完や、別時間軸を舞台にした物語など、番外編的な位置づけとなっている。

登場人物

コミックスオリジナルキャラクター

千歳ゆま
この話のキーパーソンであり事実上の主人公。1巻の表紙に描かれている緑髪の幼女
両親を魔女に惨殺されたところを杏子に保護される。
強い杏子への憧れと一人になりたくないという想いから魔法少女(ネコミミ幼女)になる。
別編「symmetry diamond」では魔法少女にならず、杏子とも出会っていないが、彼女の存在が織莉子に影響を与えることになる。

美国織莉子
白い魔法少女。「誰にも倒せない」何者かへの対抗策としてゆまの存在を見つけ出す。
何も知らないゆまをキュゥべえに契約できる少女がいると差し出し、杏子の死を予言、
再びひとりぼっちになる恐怖感を煽ることで魔法少女の契約を促した、この話の元凶といえる存在。
しかし、訪れる災厄を回避するために彼女が取った行動は、一概に否定できるものではないかもしれない。
まどかとは別の意味で「魔法少女ものらしくない主役」。作者曰く「ラスボスみたいな主人公」。
番外編では本編と違った雰囲気になっている。

呉キリカ
魔法少女狩りの犯人。黒い魔法少女。織莉子の手足。
どこか人格が壊れており、狂気の言葉と共に巴マミに襲いかかる。
番外編「noisy citrine」は彼女の視点から描かれており、彼女が織莉子と出会う直前のストーリーが展開されている。
狂っているような言動も番外編では……?

間宮えりか
番外編「noisy citrine」に登場。キリカの幼馴染の少女。

優木沙々
別編「symmetry diamond」に登場。見滝原の縄張りを狙う魔法少女で、織莉子やキリカを抹殺するために行動を開始する。

浅古小巻
織莉子と同じ中学校に通う女子生徒。別編「symmetry diamond」ではモブキャラクターとして登場するのみだったが、新約「sadness prayer」では魔法少女として織莉子の前に現れる。

人見リナ
新約「sadness prayer」に登場。風見野の魔法少女で常に正しくあろうとするリームリーダー。沙々の非道な行いが許せずに彼女を追って見滝原までやってきた。

朱音麻衣
新約「sadness prayer」に登場。非常に好戦的な魔法少女。

佐木京
新約「sadness prayer」に登場。アニメのヒロインに憧れて魔法少女になった。

美緒
新約「sadness prayer」に登場。沙々に殺された双葉(連載時は若葉だが彼女とは関係ない)の仇をとろうと単身戦いを挑むも乱入したキリカに殺される。作者のツイッターによると隠密の魔法が使えるとのこと。

本編登場キャラクター

本編での詳細はリンク先を参照の事

佐倉杏子
特に居場所を定めず魔女を狩っている魔法少女。
ひょんな事からゆまを拾ってしまったことをきっかけに「白い魔法少女」を巡る一連の事件に巻き込まれる。
過去、家族を失った経緯からゆまに対しては姉のように接している。
第1話・第2話のメインキャラクターであり、1巻の時点では「事実上の主役」と言っていい活躍を見せる。
あと、本編より色々と増量している

巴マミ
見滝原をテリトリーとする魔法少女。第3話・第4話のメインキャラクターである。
キュゥべえから「魔法少女狩り」の噂を聞いた彼女はその犯人とされる「黒い魔法少女」の調査を始めるのだが…。
本作においては、杏子とは旧知の仲であると描写された。お互いに情報を交換するなど関係も悪くない様子。
マスケットの弾を炸裂のタイミングが調整できる炸裂弾に変更するなど単純な弾による銃撃以外のことも出来るようだ。
なお作中ではCharlotteを登場時に単独撃破しているもう何も恐くない
この作品においてはまどか達と特に交流している所が描かれていないため(Charlotte戦にまどか達は居合わせていなかった)「本編でCharlotteに負けたのはまどかと親しくなったせいで心に隙ができてしまったからではないか」などという厳しい意見も。
もっとも、PSP版のシステムを信用するなら、魔女の強さは時期によって変動するもの(ゲーム中では3人がかりですら苦戦する時間軸もあった)であるため、本編とおりこ☆マギカでは、強さに差がある可能性がある可能性も否定できない。

暁美ほむら
見滝原をテリトリーとするもう一人の魔法少女。第5話~最終話のメインキャラクターである。
マミからの「魔法少女狩り」に関する警告を「知ったことでは無い」と一蹴し、「自分達に接触するな」と恫喝めいた言葉で彼女を遠ざけた。その仲は「魔法少女まどか☆マギカ」本編と同じく悪い。ただし後の美国織莉子呉キリカの学校襲撃の際は共闘していることから、本編よりはマシかもしれない。
キュゥべえと契約してしまった後のまどかさやかの末路を知っているとはいえ、いささか敵意が過ぎるところがある。
しかし戦いに慣れていない千歳ゆまを援護するなどの側面も見せている。
また、本編では明確には触れられず、「叛逆の物語」まで明確にされることがなかった「まどかを守るためにまどか以外を見捨てざるをえないことへのジレンマ」について、「叛逆の物語」以前にこの点に触れていた作品は本作以外に存在しなかったことは特記しておくべき点だろう。
そしてこの時間軸のほむらは「まどかの側にいることでまどかを護る」というアプローチを取っているようで、まどか・さやか・仁美と一緒に下校するほど交友関係は良好となっている。
ちなみに「もう誰にも頼らない」以降でもまどかと普通に友達であった時間軸もあったという提示した初のメディア媒体であることは忘れてはならない。またさやか・仁美ともドラマCD「メモリーズオブユー」で仲が良かった時間軸もあったが、今回さやかはほむらを援護する為に助けに向かおうとしていたりする。
終盤、織莉子とキリカに対抗し、マミや杏子、ゆまと合流し共闘するが当初はあくまでも一人で戦おうとしていた。しかし杏子等は団結し勝利に導いたために、改めて信頼を寄せようとした。
しかし今回の時間軸では、まどかが死亡するというある意味最悪のラストを迎えることになる。物語の上げて落とすの性質は健在といったところだろうか。結局ほむらは女神まどかでなければ救われるまで走り続けるしかないのかもしれない。例えどんな罪を背負おうとも。
あと、増量率は杏子よりでかい

鹿目まどか
ほむらのクラスメート。「マギカ」シリーズにおける全ての中心軸。
この物語における、その結末は……

キュゥべえ
素質のある少女達の前に現れ、魔法少女へ導く謎の存在
表情はアニメのほうと同じ仕様であり、その胡散臭さも健在。
また、本作では飛行(と言うより浮遊)能力を持つことも明かされた。

美樹さやか
第一巻では志筑仁美共々まどかのセリフにのみ登場。
第二巻では結界に呑まれた学校にて、仁美を庇いながら奮闘する。
今作では魔法少女になっておらず、出番は少な目。

早乙女和子
第二巻64ページと65ページにのみ登場。
結界に呑まれた学校の、犠牲者その1という程度の役割であった。

魔女

本編同様、魔法少女が倒すべき対象・敵キャラクター。
1巻の巻末に「まじょ☆ずかん」が掲載されており、簡単なプロフィールと生前の姿らしきものを知ることができる。
なお、本編であった独自のルーン文字(通称まどか文字)ではなく、普通のカタカナ表記である。
結界内の文字も独自のルーン文字ではなく、ローマ文字となっている。

画像名前プロフィール初登場話
ローザシャーン玩具の魔女。第1話
趣の魔女 シズル
シズルの魔女。第2話
nQimaBe
バージニアの魔女。第3話
nQimaBe
ステーシーの魔女。第3話
約束
不明(Margot ?)不明。第5話

各話リスト

本編

話数サブタイトル発言者
第1話魔法少女になろうなんて考えるな佐倉杏子
第2話泣いてなんかないよ佐倉杏子
第3話愛は無限に有限なんだ呉キリカ
第4話絶対に許さない美国織莉子
第5話そのために私はここにいる暁美ほむら
第6話いつかはいまじゃないよ千歳ゆま
最終話私の世界を守るため美国織莉子


新編

話数サブタイトル発言者
第1話(タイトルなし)(発言者なし)
第2話あの少女には出会えない美国織莉子
第3話ただのやつあたりだよ呉キリカ
第4話そのために今のわたしは在るのだ美国織莉子
第5話魔法少女ってのもやってやるわ浅古小巻
第6話一回くらいは頑張ってあげようかな行方晶
第7話罪の重さに潰れてしまわないように美国織莉子
第8話生まれ変わったような気分なんだ呉キリカ
第9話わたしは繰り返す、この終末を美国織莉子



関連作品

  • 魔法少女おりこ☆マギカ[別編]

キリカの過去が描かれた「noisy citrine」、織莉子の内面を描いた「symmetry diamond」の2作からなる。単行本には、これらの後日談を描いた読み切り「the last agate」が掲載されている。
本編とは別時間軸が舞台となっており、後述する[新約]とは異なる描写も見られる。

  • [新約]魔法少女おりこ☆マギカ
本編を補完する「sadness prayer」が連載されている。

関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 魔法少女まどか☆マギカの派生作品一覧
魔法少女かずみ☆マギカ 魔法少女すずね☆マギカ 魔法少女たると☆マギカ

杏ゆま ゆま杏さや ゆま杏マミ おりキリ
私達に接触しないで

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法少女おりこ☆マギカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3612234

コメント