ピクシブ百科事典

速水公平

はやみこうへい

『仮面ライダーフォーゼ』の登場人物。初登場は第13話。
目次[非表示]

「宇宙に夢を、星に願いを」 
演:天野浩成

概要

赤いスポーツカーをさっそうと乗りこなす、天ノ川学園高校の校長先生。若くて二枚目で人柄もよく、物理学の博士号まで所持している。

疑惑

初登場の際のセリフや立ち振るまいがホロスコープスの1人であるスコーピオン・ゾディアーツとそっくりであり(勘の鋭い友子も警戒していた)、「もしやアイツが」と視聴者に疑惑を持たれたが、同話で別人がスコーピオンのスイッチャーだと判明してため、疑惑は否定された。しかし・・・。

正体(以下ネタバレ注意)






ホロスコープスの一人、天秤座の使徒リブラ・ゾディアーツスイッチャー。その本性は、常に自分の手柄の事しか頭に無く、絶対的な力を示す我望理事長に忠誠を誓う一方で、自分より格下と見た者には常に上から目線で接する二面性の激しい態度や、役に立たない者は切り捨て、優秀でも自分の立場を脅かす者は排除するという冷酷かつ器の小さい性格といった典型的な中間管理職とも呼べるべき度量の狭い人間である。

表面上の人柄との差が激しい為か自分以外のホロスコープスたちとは基本的に折り合いは悪く(五藤東次郎杉浦雄太は除く)、特に鬼島夏児立神吼との関係は最悪。元教え子の園田紗理奈にもあまり好かれてはいなかった。
フォーゼに敗れたことで理事長にスイッチを没収されダークネビュラへと送られたスコーピオンに代わって、生徒たちの育成を行う。

Libra Zodiarts



その軌跡

采配は全て自分の手の内に収まっていないと気が済まないらしく、学園に不満や恨みを抱く生徒に次々とスイッチを配っていたスコーピオンとは違い、ホロスコープスに覚醒する素質のある生徒たちにスイッチを手渡し、自らの手で教育を施していた。しかし、フォーゼメテオに阻まれ失敗が続き、徐々に立場が危うくなる。

第21話では、フォーゼとの戦闘でスイッチを紛失するという大失態を犯し、不本意な形で新メンバー鬼島夏児ことキャンサー・ゾディアーツが誕生することになった。
「対等の立場だから命令口調を止めて貰いたい」と不遜な態度を取る鬼島に対し強い憤りを覚え、理事長に一人だけ評価される姿には「軽い、私の扱いが非常に軽い・・・」と嫉妬を隠さなかった。

あたしの鋏はよく切れる鋏


28話ではメテオストームに敗れた鬼島を罠に嵌め、ダークネビュラへと追放させた。速水自身は当時まだ『超新星』の自力覚醒に至っておらず、鬼島の追放には対抗意識や妬みもあったものと思われる。使命そっちのけの王様気取りで昴星高校を恐怖支配するアリエス・ゾディアーツにも不快感を示していた。

京都ではザ・ホールを消滅させる任務に従事。任務は完遂したもののフォーゼに敗れ、理事長にダークネビュラへと送られかける。しかしその際に『超新星』に覚醒。スイッチャー適性を見抜く魔眼『ラプラスの瞳』を獲得し、処分を免れた。翌話では、さっそく『ラプラスの瞳』を使い、滞っていたホロスコープスの覚醒に成功。慢心した態度もより増していた。
一方、コアスイッチの存在やヴァルゴの素性などの重要機密を、物語開始以前からの幹部たちの中では唯一知らされていなかったことも明らかになった。その件もあり、レオ・ゾディアーツ(立神吼)に理事長への疑問を呈したところ、彼の強い怒りを買う。変身したにもかかわらず生身の立神に一方的に制圧され、「もうよせ、私が悪かった」と命乞いをしてしまった。



天・秤・散・華

以降、順調に次々とホロスコープスを発見し、ついに残るはピスケス・ゾディアーツのみとなる。しかし理事長が必要としているのはホロスコープスに覚醒したスイッチだけであり、ピスケスを発見すれば自分は用済みになると直感。
そして第45話ではついに離反(サブタイトルもそのままずばり『天・秤・離・反』)。ライダー部に接触し、サジタリウス・ゾディアーツの正体や最終目的など、自身が知る限りの情報を提供。「私は我が身を守るためならなんだってする!」と、かっこいいのか情けないよかよく分からない強い決意で、最後のホロスコープスとなる生徒の保護に奔走する。その際、一度は命乞いまでしてしまったレオ・ゾディアーツに対し生身のまま飛び掛り生徒を守ろうとするなど、男を見せた。

・・・かと思いきや46話で、それらはすべて最後のホロスコープスを覚醒させるための小芝居であったことが判明。実に2話連続の裏切りである。最終的に、ダークネビュラの出現により一時的に攻撃力がなくなった理事長を超銀河フィニッシュからかばい、 爆死した。→リブラショック


我望様、見て頂けましたか?私の存在の重さを



中の人ネタ

彼を演じる天野浩成氏は、仮面ライダー剣においてカリスマ的人気を誇る仮面ライダーギャレンとその変身者である「橘さん(ダディ)」こと、橘朔也を演じていた。そのため、第13話の予告で彼が初登場し、公式サイトで演者が天野浩成と明言された際には多くの平成ライダーシリーズファンが彼の登場を驚き喜んだ。

これ食ってもいいかな?
はーやみさーんは、ゆ・か・い、だっな~♪



なお、ネット版では「ギャレン=速水」ネタは鉄板であり、校長が出るたびに毎回登場する。
『スーパーヒーロー大変』では校長がギャレンの変身ポーズをとり(変身はせず)、『みんなで授業キター!』ではフォーゼがギャレンを校長と間違えて大混乱していた。

余談

元々はそれほど長生きする予定のキャラではなかったようだが、彼の死を惜しんだ脚本家の三条陸の進言により、30話近くに渡って登場するキャラとなっている。
ちなみに、当の三条氏は天秤座。「自分の星座だったからでは?」とは、塚田英明プロデューサーの言である。

また、彼が超新星で獲得した異能の名前はフランスの物理学者ピエール=シモン・ラプラスと、彼が提唱した学説『ラプラスの悪魔』に由来する。

関連タグ

仮面ライダーフォーゼ 天ノ川学園高校 我望光明 園田紗理奈
ゾディアーツ リブラショック
橘朔也/仮面ライダーギャレン(中の人繋がり) 継承されるダディの遺伝子

pixivに投稿された作品 pixivで「速水公平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 468403

コメント