ピクシブ百科事典

高機動型ゲルググ

こうきどうがたげるぐぐ

MSV(モビルスーツバリエーション)に登場するジオン公国の量産型宇宙戦用MS。

概要

先行量産型のYMS-14先行量産型ゲルググやMS-14Aゲルググの背面パネルに高機動バックパック(B型バックパック)を装備した機体。
一年戦争時のジオン系量産機、そしてゲルググのバリエーション機としては最も高性能な部類に入る機体と思われる。

ジェネレーター出力を機動力へ回す為にあえてゲルググの特徴であるビーム・ライフルを装備せず(配備が間に合わなかったとする説もある)、代わりにロケット・ランチャーやジャイアント・バズを装備した機体も存在する。
主にエースパイロットやベテラン兵が愛用し、特にエースパイロット部隊であるキマイラ隊にはこれ以外に11機分のB型バックパックが支給され、C型バックパックと併用して使用された。

主なパイロットはジョニー・ライデンエリク・ブランケユーマ・ライトニングヘルベルト・フォン・カスペンヴィンセント・グライスナーガルド・クレイズなど。

なお、キマイラ隊が運用した機体の中でジョニー・ライデン専用機は先行量産型ゲルググにB型パックを装備したもので、高機動型ゲルググの第1号機にあたる。
また、同隊のユーマ・ライトニング機はMS-14C-1Aと同型の高機動ランドセルと脚部の増設コンフォーマルタンクを装備する他、独自の形状の頭部を有する。
この他キマイラ隊が運用した機体の内3機はア・バオア・クー戦に於いて脚部装甲を排除し、稼働時間の短縮と引き換えに更なる機動性の向上を行った改修が施された仕様を運用しており、ヴィンセント機はライデンの計らいによってこれらと同様の改修が施された上でマルコシアス隊に配備された機体である。
また、カスペン機はバックパックの仕様が一部簡略化された簡易型であるとされる。

一年戦争後に於いても複数勢力によって運用された例が確認されており、水天の涙作戦の折にエリクが運用した機体はデラーズ・フリートより譲渡された機体である。
また、サイド4を拠点とする残党組織「ファラク」が本機を複数運用している。同組織の機体は白地に蛇の鱗を模した意匠を全身に纏っており、部隊章も相俟って「白蛇」の仇名で呼ばれている(このうち1機は、とある宇宙海賊との戦いで右腕を破壊され、ズゴックEの右腕を代替として装着したアシンメトリーな形状となっている)。
なお、ユーマ機は戦後も運用するにあたり「裏ワザ」を用いて横領した連邦の部材を使用して修理・補修が行われており、加えてユーマのリクエストによってアナハイム・エレクトロニクス社が宇宙世紀0090年代の技術でライデン機を再建造している。

関連項目

MSV MSV-R
ゲルググ
ゲルググキャノン

pixivに投稿された作品 pixivで「高機動型ゲルググ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14820

コメント